eALPSの掲載方法を説明します
eALPS利用方法の紹介
 別のページで開きます ACSUの入口
 別のページで開きます eALPS でできること
(e-Learningセンター)
 別のページで開きます eALPS よくある質問
(e-Learningセンター)
 
〒390-8621
長野県松本市旭3-1-1
信州大学医学部
電話: 0263-37-2282
内線: 5121
・
 
【おしらせ】
eALPSの利用には「業務アカウント」(業務システム利用証に記載)が必要です。
業務システム利用証は、各講座、部門の担当者にお問い合わせください。
業務シスム利用証の再発行は、全学広報室(2209)へお問い合わせください。
eALPSでよくある質問
別のページで開きます よくある質問(医学部版)

皆さんから寄せられた、質問についてお答えします。
eALPS超簡単マニュアル
1) 別のページで開きます ACSUにログイン − 担当授業を選択 (PDF)

まず、ACSUの業務アカウントのIDでログインします。
2) 別のページで開きます 担当授業の編集 − 資料の掲載 (PDF)

授業コースに、スライドなどのテキストを掲載することができます。
3) 別のページで開きます 学生に連絡をとる − クイックメール (PDF)

授業登録している学生にメールで連絡することができます。
4) 別のページで開きます 学生に情報を一斉に送信する − ニュースフォーラム(PDF)

登録しているすべての学生に、休講などの情報を一斉に送信できます。
5) 別のページで開きます 授業コース内容のバックアップとリストア(PDF)

授業コースの内容を、別の年度の授業コースにコピーすることができます。
6) 別のページで開きます レポート(課題)を提出させる(PDF)

学生にe-ALPSを使ってレポートを提出させることができます。
7) 新しいお知らせです 別のページで開きます 小テストを実施する -投票機能を用いて- (PDF)

簡単なテストを行うことができます。
8) 新しいお知らせです 別のページで開きます トピック(記入欄)の数を16以上に増やすことができます。


なお、トピック下にある十字のアイコンをドラッグ(左ボタンを押したまマウスを移動)して、別の項目と一緒にすることができます。

例では、トピック3のコメント「神経感染症から眺めた神経病理」を、トピック2へ移動しています。
結果、同一のトピック内に2つのコメントを表示できます。
この他、資料、小テストなども移動できます。




9) 新しいお知らせです 別のページで開きます 学生が資料を開いたかどうか確認したい

この機能は現在、使用できません。
学生が資料を閲覧した状況を確認できます。
10) 新しいお知らせです 別のページで開きます 授業の担当呼称を変更する(ロールのリネーム)

授業の担当呼称(教師、TAなど)を別の名称に変更できます。
さらに詳しいマニュアルについては、下記のサイトを参考にしてください。

信州大学 e-Learningセンター
http://www.shinshu-u.ac.jp/institution/e-L/
( 信州大学 e-Learningセンター )
 
ICT担当 /中島 真 詳細はこちらまで

医学部ICT担当 /
中島 真(なかじま まこと)
e-learning の導入・活用
遠隔Web会議システムを用いた
カンファランス・セミナー
内線: 5121(代表)
 
   
ホーム > 地域医療人育成センター eALPS利用方法の紹介

このページの先頭に戻る