地域医療人育成センターのプロジェクトの活動内容の紹介と報告。
  地域医療人育成センターホームへ 地域医療人育成センター概要 プロジェクトの活動内容 講演会・イベントのお知らせ 夏季セミナーの内容
 
プロジェクトの活動報告
・ 子育て体験・乳児発達観察実習
・ 生命の誕生の喜び・体験実習
・ 産科
・ 小児科
・ 麻酔科
・ 救急
・ 女性医師・キャリア支援
・ Uターン・Iターン
・ 遠隔合同カンファレンス
 
センター事務局
〒390-8621
長野県松本市旭3-1-1
信州大学医学部内
TEL.0263-37-2282
・
・交通アクセス(信州大学旭キャンパス内)
 
産科
 
信州大学では3年生後期に学生が選択した講座で教員による個別指導を受け、4週間終日研究を行う自主研究演習を実施しています。この自主研究演習は、将来の医学研究者を育成することを目的とするとともに、論理的思考に基づいた診療を行う臨床医を育てるための教育の一環として実施されているものです。上記の継続的体験実習を行った学生のうち、自主研究演習で成績が優秀だった学生を海外に派遣し、自己形成的動機付けを強固にするとともに学生の自主性を啓発し、積極的な人材の育成に寄与することを目指します。この事業は財団法人信州医学振興会の援助を得て行われます。

また、信州大学卒後臨床研修プログラムでは最初の3ヶ月間に将来進もうとする診療科で研修をします。小児科・産科・麻酔科・救急に研修コーディネーターを配置し、基本手技の習得を促進し、やりがいと喜びを伝えます。
実施内容
2008年度 ・2006〜2007年度
2008年04月 [自主研究演習] 実習修了後。
[卒後臨床研修] 卒後臨床研修医に専任の医師を選定し、病棟で一緒に患者の診療に当たることで、産科臨床現場を実感していただいている。分娩管理法修得のための分娩の立ち会いの機会を増やしたり、外科的手技の修得のため指導した手技を実際に行わせている。
[学会・研修会参加] 日本産婦人科総会に参加。
2008年05月 [臨床実習] 3名の実習終了。分娩管理を実習。婦人科は入院から手術、退院までの一連の入院経過を担当医師の指導のもと体験した。
[卒後臨床研修] 産科は指導医のもと、分娩管理を学ぶ。婦人科では手術の第一助手として参加している。
2008年06月 [臨床実習] 3名が実習開始。前グループ同様の実習を施行。
[卒後臨床研修] 先月と同様。
[学会・研修会参加] 日本産婦人科学会関東地方部会に参加。
2008年08月 [臨床実習] 実習終了。
2008年09月 [臨床実習] 卒業試験終了(6年生)。
2008年10月 [自主研究演習] 論文演習開始。
2008年11月 [臨床実習] 実習終了。
2008年12月 [臨床実習] 実習終了。
2009年01月 [臨床実習] 実習終了。
2009年02月 [臨床実習] 実習終了。
 
   
ホーム > プロジェクトの活動報告 > 産科

このページの先頭に戻る