お知らせ

妊娠・授乳中の薬の使用に関する相談について

■妊娠と薬外来(当院初診、あるいは当院受診歴のある方)


妊娠と薬外来について

厚生労働省の事業として、2005年10月より国立成育医療研究センター内に「妊娠と薬情報センター」が設置され、妊娠中の薬剤使用による影響について相談及び情報集積を行っています。当院は、2010年5月より、「妊娠と薬情報センター拠点病院」の一つとして指定され、「妊娠と薬外来」を開設しました。妊娠中の方およびこれから妊娠を希望されている方に、妊娠中の薬剤使用の影響について、専門の医師・薬剤師が相談に応じます。


相談内容について

・持病でお薬を飲んでいるが、妊娠しても赤ちゃんに影響はないか。
・妊娠していることを知らずに、お薬を飲んでしまった。
など、妊娠中の方や、妊娠を希望されている方のお薬のご相談を受け付けています。


相談までの流れ

※ 当院でのご相談の前に、「妊娠と薬情報センター」へのお申し込みが必要となります。
詳しくは、「妊娠と薬情報センター」のホームページをご確認ください。


① 「妊娠と薬情報センター」のホームページより問診票をダウンロードして必要事項を記入してください。問診票の「7.相談方法のご希望」では、「妊娠と薬外来での相談希望」を選択し、ご希望の拠点病院欄に「信州大学医学部附属病院」とご記入ください。


② 問診表をご自身で記入し、必要書類を妊娠と薬情報センターへ郵送してください。

【必要書類】
問診票、返信用封筒、相談依頼書(任意)
(返信用封筒にはご自身のご住所・お名前を記入の上、82円切手を貼付してください)
【郵送先】
〒157-8535
東京都世田谷区大蔵2-10-1
国立成育医療研究センター内妊娠と薬情報センター


③ 申し込みから1週間程度で妊娠と薬情報センターから「相談方法のお知らせ」が送られてきます。


④ 「相談方法のお知らせ」に従い、電話にて当院の「妊娠と薬外来」の受診予約をしてください。


⑤ 相談日当日は、外来診療棟1階受付3番窓口(当院初診の方)、あるいは受付5番窓口(当院受診歴のある方)にお越しください。

相談された薬剤について国内外の信頼できるデータや資料をもとに作成された回答書が妊娠と薬情報センターから、当院の妊娠と薬外来に送られてきます。
この回答書をもとに妊娠と薬専門医師・薬剤師からお薬について相談させていただきます。


外来日および費用

[外来日] 月曜日 木曜日(祝日は除く)
[時間] 9:00~16:00(完全予約制)
[費用] 10,800円(自由診療、税込み)


お問い合わせ

相談方法や問診票の記入方法など、ご不明な点は下記へお問い合わせください。
国立成育医療研究センター内「妊娠と薬情報センター」
TEL:03-5494-7845
受付時間:月曜日~金曜日(祝日を除く)10:00~12:00、13:00~16:00


■当院外来に通院中の方


主治医または外来スタッフへ妊娠中、授乳中の薬剤使用に関する相談希望である旨をお伝えください。妊娠、授乳と薬に関する専門の薬剤師が相談に応じます。

■当院に入院中の方


当院では、全病棟に病棟担当薬剤師を配置しています。妊娠中、授乳中の薬剤使用に関するご質問は病棟担当薬剤師にご相談ください。また、ご希望に応じて、妊娠、授乳と薬に関する専門の薬剤師が相談に応じます。

< 前の記事 一覧に戻る

ページトップへ戻る