信州大学HOME

業績録
  1. ホーム
  2. 業績録
  3. 2011年 業績録

業績録

2011年 業績録

[5]

1.      Suzuki S, Shigematsu S, Inaba H, Takei M, Takeda T, Komatsu M. Pituitary resistance to thyroid hormones: pathophysiology and therapeutic options. Endocrine. 40: 366-371, 2011.


2.      Ishii H, Sato Y, Takei M, Nishio S, Komatsu M. Glucose-incretin interaction revisited. Endocr J. 58: 519-525, 2011.

 

3.      Mori J, Sato Y, Ishii H, Komatsu M. Bariatric surgery on type 2 diabetes mellitus patients in Japan. Shinshu Med J. 59: 273-279, 2011.

 

4.      鈴木悟. 甲状腺ホルモン代謝:最新の進歩 細胞質結合蛋白 ホルモン作用とその機能多様性. 日本甲状腺学会雑誌. 2: 30-33, 2011.

 

5.      鈴木悟. 甲状腺ホルモン輸送:甲状腺から標的核受容体への旅路. 信州医学雑誌. 59: 403-410, 2011.

 

6.      佐藤吉彦. 糖尿病の新たな展開‐インクレチン関連薬の登場‐. 信州医学雑誌. 59: 185-187, 2011.

 

7.      山崎雅則, 駒津光久. 高齢者におけるGLP-1受容体作動薬の使い方. Geriatric Medicine. 49: 879-882, 2011.

 

8.      石井宏明, 駒津光久. 経口糖尿病薬治療薬 薬剤の特性と治療における意義“SU薬の意義と有用性”. 糖尿病診療マスター. 9: 495-499, 2011.

 

9.      佐藤吉彦. 膵β細胞のstimulus-secretion coupling: インスリン分泌実験から. Islet Equality. 3: 14-14, 2011.

 

10.   駒津光久. 2型糖尿病のインスリン治療 インスリン治療がしばしば難渋するケース 高齢者や認知症患者. 最新インスリン療法: 180-184, 2011.

 

 

11.   駒津光久. グリニドとSU. 血管糖尿病2011: 214-218, 2011.

前の業績録を見る < 一覧に戻る > 次の業績録を見る