医局員募集

後期臨床研修医募集

信州大学医学部泌尿器科の特色
~意外にMajor? 信大泌尿器科は排尿障害研究の総本山~

泌尿器科とは尿路系における良性、悪性疾患と、男性生殖器及びそれに関わる疾患を扱う診療科です。診断から治療まで、内科的および外科的な手段で診療を行います。

即ち、自分で病気を発見し、内科的または外科的に治療し、経過観察も継続できる診療科です。1つの診療科でこのように患者さんと関わることが出来る科は、他にはなかなかありません。

具体的には、

腫瘍をやりたい人

尿路、生殖器には様々な腫瘍があります。治療も手術のほか、内分泌療法、放射線療法、抗癌剤治療、免疫療法など多岐にわたります。手術方法も従来の開放手術のほか、小切開創手術、鏡視下手術など新しい術式を取り入れています。女性腹圧性尿失禁に対する手術(TOT手術など)も積極的に行っています。

内視鏡に興味がある人

泌尿器科は腹腔鏡手術や経尿道的手術などEndourologyも盛んです。独立した学会もあります。

Plastic surgeryに興味がある人

先天性腎盂尿管移行部狭窄に対する腎盂形成術、腸管を使った尿路再建、難治性の尿道損傷に対する手術、尿道下裂にたいする小児の尿道形成術など再建分野もたくさんあります。

生理学、薬理学など基礎医学に興味がある人

排尿生理は未知の分野がまだまだあります。研究テーマには事欠きません。この分野では、信州大学から世界に発信している研究もいくつかあります。


他にも尿路結石、尿路感染症、男性不妊、女性泌尿器科、腎臓内科と協力して行っている腎移植・・・。
また、平成24年12月からda Vinci Surgical Systemによる手術が開始され、週1-2回のペースで手術を行っています。
泌尿器科は実は結構メジャーな内容を多く抱えた診療科です。泌尿器科に進めばその中にやりたいことがきっと見つかるはずです。

専門研修の魅力と泌尿器科内情

泌尿器科専門医の将来性とメリット

泌尿器科学は尿路系における良性、悪性疾患と、男性の生殖器及びそれにかかわる疾患を扱う外科学の重要な分野です。現在の高齢化社会において、中高齢の男性及び女性の排尿に関わる問題は生活の質の向上という面で社会的にもかなり関心がもたれています。あわせて、尿路系の悪性腫瘍も高齢化に伴い増加傾向にあり、各病院でも症例数も増えています。

信州大学・長野県での専門医としての意義とメリット

関連病院として、県内の県立、市立、組合立、厚生連、赤十字病院などに医師を派遣しており、技術的にも大学病院と変わらない質の医療を行えるように、専門医になるまでの研修を大切に行っています。長野県の泌尿器科医師の技術レベルは全国的にも高く、県内どこでも差のない医療を提供できています。

泌尿器科内情(2014年4月現在)

長野県を除く出身地
教授:石塚 修 宮崎県出身
講師:皆川倫範 神奈川県出身
助教:平形志朗 静岡県出身
助教:永井 崇 秋田県出身
助教:石川雅邦 愛知県出身
助教:道面尚久 東京都出身

大学および関連病院で働く教室員の出身大学は信州大学以外に東北大、愛媛大、秋田大、佐賀大、島根大学、広島大学、自治医大、新潟大、三重大、岩手医大、関西医大、日大など、多くの他大 学出身者がいます。

関連病院と派遣スタッフ数

長野県に約20と他県に数施設が関連病院があります。長野県内の泌尿器科医数は、現状ではかなり少ないと言えます。泌尿器科は外科系の診療科ですので、当然手術が治療法の柱の1つになっています。

しかし、1名しかスタッフのいない施設では、緊急手術はおろか、予定手術でさえ余裕をもって計画することが困難な場合があり、患者さんの不利益となります。また、施設によっては指導的立場のスタッフがその施設での病院長、副院長などを兼任しているため、実際に現場で働くスタッフは数字以上に少ないという現状があり、大学からの応援でなんとか診療がなりたっています。これは明らかに慢性的な泌尿器科医不足に起因しています。

関連病院(2015年4月現在の派遣人数)

安曇野赤十字病院(2)、飯田市立病院(2)、伊那中央病院(2)、 岡谷市民病院(1)、小諸厚生総合病院(1)、北アルプス医療センターあづみ病院(2)、佐久総合病院(本院:1、医療センター:2)、 篠ノ井総合病院(4)、市立大町総合病院(2)、信州上田医療センター(2)、諏訪赤十字病院(2)、聖隷沼津病院(2)、虎の門病院(1)、 長野県立木曽病院(1)、長野県立こども病院(1)、長野市民病院(5)、長野赤十字病院(1)、長野松代総合病院(3)、 富士見高原病院(1)、北信総合病院(2)、まつもと医療センター松本病院(2)、松本市立病院(1)、丸の内病院(1)、 山梨県立中央病院(3)、沖縄県立八重山病院(1)

泌尿器科専門医:初期研修2年の後、泌尿器科研修4年終了時
泌尿器科指導医:泌尿器科専門医取得後5年目終了時

その他、所属学会(日本透析医学会、日本超音波医学会、日本小児泌尿器科学会など)の認定医を取得することも可能です。

専門医取得・学位取得への道

専門医、大学院等 専門研修プログラム 臨床研修
初期研修に専念 初期研修
1・2年目
選択にて泌尿器科研修
【※ 必修ではない】
日本泌尿器科学会登録 (研修開始宣言)
大学院入学【時期は相談】
後期研修
1年目
泌尿器科入局(大学病院勤務)
学会発表、論文発表
大学院卒業、博士号取得
後期研修
2・3・4年目
関連病院 または大学病院
日本泌尿器科学会専門医試験 後期研修
5年目
関連病院 または大学病院
日本泌尿器科学会専門医 泌尿器科専門医 関連病院医長待遇 または大学教員
日本泌尿器科学会指導医申請
指導医取得
泌尿器科専門医
5年目
泌尿器科指導医として後輩、学生指導

国内留学・海外留学

これまでに留学実績のある施設

  • ルンド大学(スウェーデン)
  • コペンハーゲン大学(デンマーク)
  • アントワープ大学(ベルギー)
  • マギル大学(カナダ)
  • バージニア大学(米国)
  • ピッツバーグ大学(米国)
  • メイヨ・クリニック(米国)

他の専門研修プログラム在籍者の受け入れ

詳しくは、卒後臨床研修センターのホームページをご覧下さい。

将来の就職先、開業サポートなど

長野県内に約20病院の関連病院があります。就職する年齢は、最低でも泌尿器科専門医を持っていることが必要ですが、望ましいのは指導医をもっていることで、卒後11年目以降が一般的です。

ここ数年、何人かの医局員が長野県内で開業しています。また、関連病院に勤務後、家庭の事情で実家のある他県の病院へ移った医局員もいます。

いずれの場合も、信州大学泌尿器科学教室同門会員のままです。

お問い合わせ先

信州大学医学部泌尿器科教室

電話:0263-37-2661
担当者:永井 崇
メールアドレス:ttnagai