教室について

研究・業績 2011年

2011年の目標

次代へ挑戦 / Challenge to Future

学会発表 国際学会 【招請講演,シンポジウム】

  1. Ishizuka O, Imamura T, Nishizawa O. Cold stress and OAB. Workshop on LUTS Supplemental Issue, 2011/7/16-17, Tokyo
  2. Nishizawa O. Trial of α-blocker and anticholinegics for BPH with OAB patiets. 2011 Urology Seminar, Jeil Pharmaceutical Co, 2011/12/16, Souel
  3. Nishizawa O. New insight of lower urinary tract medicine 8th Meetong of Gyeonggi branch of KUA, Souel National University Bundang Hospital, 2011/12/17, Souel

学会発表 国際学会 【一般演題】

  1. Kato H, Tanabe T, Yokoyama H, Kobayashi S, Mizusawa H, Nishizawa O. Surgical reconstruction for traumatic and iatrogenic posterior urethral disruption. 6th PPCS, 2011/9/24, Taipei
  2. Ichino M, Igawa Y, Ishizuka O, Nishizawa O. Lower urinary tract dysfunction of spinal lipoma- periodical monitoring and cooperation between the departments. ICS2011, 2011/8/29-9/2, Glasgow
  3. Imamura T, Ishizuka O, Kurizaki Y, Ishikawa M, Noguchi A, Zhang L, Ichino M, Kato H, Nishizawa O. Implantation of autologous bone marrow-derived cells recovers urethral sphincter in rabbits. The 41th Annual Meeting of the International Continence Society(Modulated poster), 2011/8/29-9/2, Glasgow
  4. Ishizuka O, Nishizawa O, Tanabe T, Ichino M, Ogawa T, Imamura T, Kurizaki Y. Analysis of the pressure-flow study in weak detrusor patients with benign prostatic hypertrophy: How do we manage? 31st congress of Societe Internationale d’Urologie, 2011/10/16-20, Berlin
  5. Ishizuka O, Kamigaito T, Inoue H, Yokoyama H, Kurizaki Y, Kiyokawa H, Nishizawa S, Nishizawa O. Analysis of 146 cases of laparoscopic adrenarectomies. 29th World Congress of Endourology and SWL, 2011/12/2, Kyoto
  6. Ishizuka O, Kamigaito T, Inoue H, Yokoyama H, Kurizaki Y, Kiyokawa H, Nishizawa S, Nishizawa O. Analysis of 146 cases of laparoscopic adrenarectomies. 8th Annual Meeting of the East Asian Society of Endourology, 2011/11/29, Kyoto
  7. Kamigaito T, Ishizuka O, Inoue H, Yokoyama H, Nishizawa O. Open conversion of laparoscopic adrenalectomy in Shinshu university hospital. 29th World Congress of Endourology and SWL, 2011/12/2, Kyoto
  8. Kamigaito T, Ishizuka O, Inoue H, Yokoyama H, Nishizawa O: Open conversion of laparoscopic adrenalectomy in Shinshu university hospital. 8th Annual Meeting of the East Asian Society of Endourology, 2011/11/29, Kyoto
  9. Kurizaki Y, Ishizuka O, Imamura T, Nishizawa O, Andersson KE. Beta3-adrenoceptor have the role for bladder sensation? : Analysis of the relationship between β3-adrenoceptor mRNA expression in bladder mucasa and urodynamic finding or detrusor overactivity. AUA 2011, 2011/5/18, Washington DC
  10. Yokoyama H, Saito T, Oguchi T, Inoue H, Ishizuka O, Nishizawa O. A case of laparoscopic right adrenalectomy with left sided inferior vena cava. 29th World Congress of Endourology and SWL, 2011/11/30, Kyoto

学会発表 国内学会 【教育講演,特別講演,シンポジウム等】

  1. 西沢 理,石塚 修,栗崎功己,今村哲也. 下部尿路症状の基礎と臨床.第99回日本泌尿器科学会総会 特別講演,2011/4/21,名古屋市
  2. 西沢 理. 過活動膀胱の新たな展開.福岡市泌尿器科医会総会 教育講演,2011/5/24,福岡市
  3. 西沢 理. 前立腺肥大症の新たな展開.第34回青森県泌尿器科研究会,2011/6/4,青森市
  4. 西沢 理. BPH/LUTSの診断・治療の明日.第76回日本泌尿器科学会東部総会 教育講演9,2011/10/15,横浜市
  5. 西沢 理. 女性骨盤底医学のすすめ.日本医師会・日本泌尿器科学会共催企画 女子医学生,研修医をサポートする会 女性泌尿器科医をめざせ,2011/11/17,京都市
  6. 西沢 理. 下部尿路医学の新たな展開.第61回日本泌尿器科学会中部総会 ランチョンセミナー,2011/11/18,京都市
  7. 石塚 修,山西友典,本間之夫. 保存的治療と薬物療法について.第99回日本泌尿器科学会総会 シンポジウム7「前立腺肥大症診療ガイドライン ―作成の経緯と今後の展望―」,2011/4/23,名古屋市
  8. 加藤晴朗. 尿道損傷の外科的治療.第99回日本泌尿器科学会総会 卒後教育講演,2011/4/24,名古屋市
  9. 加藤晴朗. 肉眼で見える前立腺全摘の解剖.第4回ミニマム創内視鏡外科学会 ビデオシンポジウム,2011/12/17,東京
  10. 今村哲也,石塚 修,西沢 理. 骨髄由来細胞移植による膀胱再生の試み.第99回日本泌尿器科学会総会 シンポジウム10「下部尿路と再生医療」,2011/4/24,名古屋市
  11. 今村哲也,石塚 修,野口 渉,張 雷,西沢 理. 冷えストレスによる下部尿路障害の治療と予防を目指して.第18回日本排尿機能学会総会 パネルデイスカッション「病態モデルの有用性と限界」,2011/9/17,福井市

学会発表 国内学会 【一般演題】

  1. 石塚 修. 前立腺癌に対するLHRHアゴニスト3ヵ月と1ヵ月のテストステロン抑制効果比較.第4回信州泌尿器手術ビデオデイスカッション,2011/1/29,松本市
  2. 石塚 修,西沢 理,西澤秀治,佐藤智哉,和食正久,清河英雄,井上善博,小林晋也,水沢弘哉,中川龍男,古畑誠之,山口建二,上野 学. 未治療前立腺癌に対するLHRHアゴニスト3ヵ月製剤と1ヵ月製剤のテストステロン抑制効果の比較検討.第99回日本泌尿器科学会総会,2011/4/23,名古屋市
  3. 石塚 修,井上博夫,上垣内崇行,杵渕芳明,岩田研司,三沢一道,清河英雄,小宮山斎,西澤秀治,西沢 理. 腹腔鏡下副腎摘出術127例の検討.第99回日本泌尿器科学会総会,2011/4/24,名古屋市
  4. 石塚 修,上垣内崇行,井上博夫,横山 仁,栗崎功己,杵渕芳明,清河英雄,西澤秀治,西沢 理. 腹腔鏡下副腎摘出術146例の検討.第25回日本泌尿器内視鏡学会総会,2011/11/30,京都市
  5. 市野みどり,井川靖彦,関 聡,石塚 修,西沢 理. 広汎子宮全摘後の下部尿路機能障害-CICを必要とした例の特徴と経過.第99回日本泌尿器科学会総会,2011/4/23,名古屋市
  6. 市野みどり,井川靖彦,常陰明乃,石塚 修,西沢 理. 脊髄脂肪腫による下部尿路機能障害 ―早期発見とフィードバック.第18回日本排尿機能学会総会,2011/9/17,福井市
  7. 市野みどり,井川靖彦. 脊髄脂肪腫による下部尿路機能障害 ―早期発見とフィードバック.第20回日本小児泌尿器科学会,2011/7/7/14,秋田市
  8. 市野みどり. After-contractionについて考察する.UDSフォーラム
  9. 今村哲也,石塚 修,栗崎功己,石川雅邦,野口 渉,張 雷,西沢 理. ウサギ自己骨髄由来細胞移植による機能的な尿道組織再生への試み.第10回日本再生医療学会総会,2011/3/1,東京
  10. 今村哲也,石塚 修,栗崎功己,石川雅邦,野口 渉,張 雷,西沢 理. 塩分負荷による自然発症高血圧ラット膀胱組織でのα1交感神経受容体発現変化についての検討.第99回日本泌尿器科学会総会,2011/4/23,名古屋市
  11. 今村哲也,石塚 修,栗崎功己,石川雅邦,野口 渉,張 雷,西沢 理. 放射線照射によるラット膀胱機能障害モデルを用いた骨髄細胞移植による膀胱再生の試み.第8回泌尿器科再建再生研究会,2011/6/11,京都市【第8回泌尿器再建再生研究会賞】
  12. 今村哲也,石塚 修,栗崎功己,野口 渉,張  雷,西沢 理. ラット放射線照射傷害膀胱モデルを用いた骨髄由来細胞移植による膀胱再生の試み.第4回排尿障害モデル動物研究会,2011/11/25,静岡市
  13. 加藤晴朗,塩沢世志子,西村チエ子. 砕石位による尿道形成術後のコンパートメント症候群の1例.第33回日本手術医学会総会,2011/10/7,鹿児島市
  14. 上垣内崇行,石塚 修,井上博夫,横山 仁,鈴木尚徳,西沢 理. 信州大学における腹腔鏡下副腎摘除術の検討.第28回信州内分泌談話会,2011/2/26,松本市
  15. 上垣内崇行,石塚 修,井上博夫,横山 仁,西沢 理. 信州大学医学部附属病院泌尿器科における開放手術に移行した腹腔鏡下副腎手術症例の検討.第25回日本泌尿器内視鏡学会総会,2011/11/30,京都市
  16. 栗崎功己,石塚 修,今村哲也,市野みどり,西沢 理,カールエリック・アンダーソン. 下部尿路症状を有する男性の尿流動態検査所見と膀胱上皮におけるβ3アドレナリン受容体mRNA発現との関連性に関する検討.第18回日本排尿機能学会総会,2011/9/17,福井市
  17. 齊藤徹一,石塚 修,今村哲也,栗崎功己,野口 渉,市野みどり,張 雷,山岸貴裕,西沢 理. 冷えによる下部尿路症状と身体所見の関連性および漢方製剤の有用性についての検討.第18回日本排尿機能学会総会,2011/9/17,福井市
  18. 齊藤徹一,石塚 修,井上博夫,上垣内崇行,横山 仁,田辺智明,西沢 理. 信州大学泌尿器科における褐色細胞腫摘除術の開放手術と腹腔鏡下手術の臨床的検討.第76回日本泌尿器科学会東部総会,2011/10/20-22, 横浜市
  19. 鈴木尚徳,石塚 修,横山 仁,石川雅邦,上垣内崇行,田辺智明,井上博夫,市野みどり,下島雄治,栗崎功己,西沢 理. 腎癌分子標的薬治療における副作用・有害事象についての検討.第99回日本泌尿器科学会総会,2011/4/24,名古屋市
  20. 鈴木尚徳,石塚 修,田辺智明,山岸 梓,石川雅邦,横山 仁,上垣内崇行,西沢 理. 腎癌分子標的薬治療における副作用・有害事象についての検討.第2回信州泌尿器科分子標的薬治療研究会,2011/5/20,松本市
  21. 鈴木尚徳. 当研究会における転移性腎癌に対する薬物治療.第3回信州泌尿器科分子標的薬治療研究会,2011/11/4,松本市
  22. 高橋寧史,原田 真,竹前宏昭,神應太朗,戸田 滋,紺谷佳代子,大久保健太郎,橋本幸始,上條祐司,樋口 誠,田辺智明,加藤晴朗,石塚 修,西沢 理. 生体腎移植後に進行大腸癌を認めた1例.第44回日本臨床腎移植学会,2011/1/27,宝塚市
  23. 田辺智明,石塚 修,市野みどり,小川輝之,横山 仁,鈴木尚徳,下島雄治,栗崎功己,今村哲也,西沢 理. 前立腺肥大症に対する術前尿流動態検査の検討.第99回日本泌尿器科学会総会,2011/4/23,名古屋市
  24. 常陰明乃,齊藤徹一,山岸 梓,鈴木尚徳,田辺智明,石川雅邦,市野みどり,加藤晴朗,石塚 修,西沢 理. TOT手術後尿失禁例に対するTOT再手術の経験.第76回日本泌尿器科学会東部総会,2011/10/20-22,横浜市
  25. 野口 渉,今村哲也,石塚 修,栗崎功己,張 雷,西沢 理. 卵巣摘出ラットにおける冷えストレス誘発排尿筋過活動に対するα1アドレナリン受容体の役割についての検討.第18回日本排尿機能学会総会,2011/9/17,福井市
  26. 山岸 梓,石塚 修,田辺智明,鈴木尚徳,上垣内崇行,西沢 理. カテコールアミン心筋症を呈した副腎外褐色細胞腫の1例.第76回日本泌尿器科学会東部総会,2011/10/20-22,横浜市
  27. 横山 仁,加藤晴朗,小宮山斎,米山威久,小林晋也,西沢 理. 前立腺全摘除術時に郭清した骨盤リンパ節における転移陽性部位の検討.第99回日本泌尿器科学会総会,2011/4/23,名古屋市
  28. 横山 仁,齊藤徹一,小口智彦,井上博夫,石塚 修,西沢 理. 左側下大静脈を伴った右原発性アルドステロン症に対する腹腔鏡下右副腎摘除術の1例. 第25回日本泌尿器内視鏡学会総会,2011/11/30,京都市

学会発表 国内学会 【講演】

  1. 石塚 修. 最近の排尿障害治療における諸話題について ―新規過活動膀胱治療薬ベタニス錠を交えて.ベタニス新発売記念講演会.共催. 鹿児島市泌尿器科医会,鹿児島県泌尿器科医会,2011/11/18,鹿児島市
  2. 石塚 修. 信州大学における腎癌治療について.第48回北信泌尿器科医会 特別講演,2011/4/15,長野市
  3. 石塚 修. 一般医家のための排尿障害治療について.上伊那医師会学術講演会 特別講演,2011/6/22,伊那市
  4. 石塚 修. 最新情報 基礎のOverview.第5回下部尿路機能先端教育セミナー 教育講演4,2011/7/18,大阪市
  5. 石塚 修. 泌尿器科腹腔鏡手技.第2回信州泌尿器腹腔鏡教育プログラム 特別講演,2011/7/30,神戸市
  6. 石塚 修. 薬剤師のための排尿障害治療に関する話題.第18回長野県医療薬学セミナー 特別講演,2011/9/8,松本市
  7. 石塚 修. 信州大学におけるアフェニトールの使用経験.Novartis Oncology Live 特別講演 第2回中部エリアRCC症例カンファ,2011/9/20,名古屋市
  8. 石塚 修. 泌尿器科におけるダビンチ支援手術について.学術講演会「泌尿器科疾患治療の進歩 ~泌尿器科医の視点・麻酔科医の視点~」 教育講演3,2011/11/11,松本市
  9. 石塚 修. 新前立腺肥大症診療ガイドラインについて ―5α還元酵素阻害薬の位置づけ―」 日医生涯教育講座学術講演会 長野県医学会 北信ブロック会,2011/12/7,長野市
  10. 石塚 修. CRPCに対する化学療法の役割. Shinshu Urology Meeting,20011/12/16,長野市
  11. 加藤晴朗. 尿道損傷の外科的治療.富山県泌尿器科木曜会,2011/3/7,富山市
  12. 加藤晴朗. 新膀胱全摘.名古屋若手泌尿器科会,2011/5/21,名古屋市
  13. 加藤晴朗. 新膀胱全摘.Ryoumou Operation Meeting of Urology,2011/6/16,熊谷市
  14. 加藤晴朗. 外科医の心構え.沖縄県立中部病院,2011/9/12,うるま市
  15. 加藤晴朗. 腫瘍塞栓を伴う腎癌の手術.腎癌研究会,2011/10/1,松本市
  16. 加藤晴朗. 外科医の心構え.新潟上越労災病院,2011/11/10,上越市
  17. 栗崎功己. 長野県における過活動膀胱治療に関する意識調査.学術講演会 ~中高年の排尿・蓄尿症状を考える~, 2011/6/24,松本市
  18. 栗崎功己. 高齢者の排尿障害 ―前立腺肥大症,尿失禁,過活動膀胱― 日本医師会生涯教育講座 第259回木曽医師会臨床懇話会,2011/8/23,木曽福島町
  19. 栗崎功己. 前立腺肥大症に対する薬物療法.ユリーフ発売5周年学術講演会,2011/9/13,松本市
  20. 市野みどり. 排尿管理の基礎知識.第33回信州排泄ケア研究会, 2011/9/10, 松本市

論文 著書 【欧文】

  1. Imamura T. Differentiation of hepatocytes from mice embryonic stem cells in three-dimensional culture system imitationg in vivo environment.Embryonic Stem Cells - Recent Advances in Pluripotent Stem Cell-Based Regenerative Medicine (Edited By: Craig Atwood). pp291-300, Published by InTech, Croatia, 2011

論文 著書 【邦文】

  1. 石塚 修. 失禁型,禁制型尿路変更術.泌尿器科診療ガイド. 勝岡洋治編,金芳堂,京都,2011, pp279-280
  2. 石塚 修,井川靖彦. 下部尿路機能ポケットマニュアル2011. 西沢 理監修, メデイカルレビュー社, 大阪, 2011
  3. 加藤晴朗. イラストレイテッド泌尿器科手術 第2集.医学書院, 東京,2011
  4. 鈴木尚徳,西沢 理,加藤晴朗,石塚 修. 腎癌 心臓腫瘍学. 天野 純総編集,中山 淳,池田宇一編, 南山堂,東京, 2011, pp301-307
  5. 西沢 理,鈴木尚徳,加藤晴朗. 持続勃起症の治療.新Urologic Surgery シリーズ.外傷の手術と救急処理,メジカルビュー社,東京,2011, pp138-143
  6. 西沢 理. 尿失禁 ガイドライン.外来診療2011.日経メディカル,東京,2011, pp358-361
  7. 西沢 理. 前立腺肥大症.病気と薬 パーフェクトBOOK2011. 南山堂,東京,2011, pp1690-1693
  8. 西沢 理. 過活動膀胱.病気と薬 パーフェクトBOOK2011. 南山堂,東京,2011, pp1696-1699
  9. 西沢 理. 頻尿.今日の治療指針 2011年版. 医学書院, 東京,2011, pp1001-1002
  10. 本間之夫,石塚 修,大園誠一郎,賀本敏行,河内明宏,後藤百万,関 成人,永井 敦,舛森直哉,山西友典,横山 修. 前立腺肥大症診療ガイドライン. 日本泌尿器科学会編, リッチヒルメデイカル, 東京, 2011

論文 原著 【欧文】

  1. Aizawa N, Igawa Y, Andersson KE, Iijima K, Nishizawa O, Wyndaele JJ. Effects of intravesical instillation of ATP on rat bladder primary afferent activity and its relationship with capsaicin-sensitivity. Neurourol Urodyn. 2011; 30(1): 163-8
  2. Aizawa N, Iijima K, Rosenbaum JS, Downs TR, Igawa Y, Andersson KE, Wyndaele JJ. Comparison of the effects of oestrogen deficiency and old age on primary bladder afferent activity and voiding behaviour in the ageing female rat. BJU Int. 2011; 108(2b): E10-16
  3. Aizawa N, Igawa Y, Nishizawa O, Wyndaele JJ. Effects of nitric oxide on the primary bladder afferent activities of the rat with and without intravesical acrolein treatment. Eur Urol. 2011; 59: 264-71
  4. Fukui J, Ohotsuka K, Asagai Y. Improved symptoms and lifestyle more than 20 years after untethering surgery for primary tethered cord syndrome. Neurourol Urodyn. 2011; 30(7): 1333-7
  5. Gotoh M, Homma Y, Yokoyama O, Nishizawa O. Responsiveness and minimal clinically important change in overactive bladder symptom score. Urology. 2011; 78(4): 768-73
  6. Gotoh, M, Yokoyama, O, Nishizawa, O. Propiverine hydrochloride in Japanese patients with overactive bladder: A randomized, double-blind, placebo-controlled trial. Int J Urol. 2011; 18: 365-73
  7. Homma Y, Gotoh M, Yokoyama O, Masumori N, Kawauchi A, Yamanishi T, Ishizuka O, Seki N, Kamoto T, Nagai A, Ozono S. JUA clinical guidelines for benign prostatic hyperplasia. Int J Urol. 2011; 18(11):e1-e33
  8. Homma Y, Kakizaki H, Yamaguchi O, Yamanishi T, Nishizawa O, Yokoyama O, Takeda M, Seki N, Yoshida M. Assessment of overactive bladder symptoms: comparison of 3-day bladder diary and the overactive bladder symptoms score. Urology. 2011; 77(1): 60-4
  9. Imamura T, Ishizuka O, Kinebuchi Y, Kurizaki Y, Nakayama T, Ishikawa M, Nishizawa O. Implantation of autologous bone-marrow-derived cells reconstructs functional urethral sphincters in rabbits. Tissue Eng Part A. 2011; 17: 1069-81
  10. Ishikawa, M, Imamura T, Ishizuka O, Kurizaki Y, Noguchi W, Zhang L, Nishizawa O. A galenical of traditional chinese herbal mixture (THC-002) reduces expression of tachykinin peptides within urethras of spontaneously hypertensive rats. Neurourol Urodyn. 2011; 31(1): 201-6
  11. Ishizuka O, Nishizawa O, Takeda M, Nomura T, Kagawa S. Early efficacy of an alpha 1 adrenoceptor antagonist, naftopidil, againt lower urinary tract symptoms suggestive of benign prostatic hyperplasia. LUTS. 2011; 3: 79-85
  12. Kawai Y, Ajima K, Nagai T, Kaidoh M, Ohhashi T. Real-time imaging of the lymphatic channels and sentinel lymph nodes of the stomach using contrast-enhanced ultrasonography with Sonazoid in a porcine model. Cancer Sci. 2011; 102(11): 2073-81
  13. Kurizaki Y, Ishizuka O, Imamura T, Ichino M, Ogawa T, Igawa Y, Nishizawa O, Andersson KE. Relation between expression of alpha(1)-adrenoceptor mRNAs in bladder mucosa and urodynamic findings in men with lower urinary tract symptoms. Scand J Urol Nephrol. 2011; 45(1): 15-9
  14. Michel MC, Ochodnicky P, Homma Y, Igawa Y. beta-adrenoceptor agonist effects in experimental models of bladder dysfunction.Pharmacol Ther.2011; 131: 40-9
  15. Nishizawa O, Yamaguchi O, Takeda M, Yokoyama O. A randomized controlled trial to treat BPH with OAB using an alpha-blocker combined with anticholinergics. LUTS. 2011; 3: 29–35
  16. Ogawa T, Hattori R, Yamamoto T, Gotoh M. Safe use of ultrasonically activated devices based on current studies. Expert Rev Med Devices. 2011; 8(3): 319-24
  17. Shimojo H, Kobayashi M, Kamigaito T, Shimojo Y, Fukuda M, Nakayama J. Reduced glycosylation of α-dystroglycans on carcinoma cells contributes to formation of highly infiltrative histological patterns in prostate cancer. Prostat. 2011; 71(11): 1151-7
  18. Takeda M, Homma Y, Araki I, Kakizaki H, Yamanishi T, Yokota T, Gotoh M, Igawa Y, Seki N, Takei M, Yoshida M, Sugaya K, Nishizawa O. Predictive factors for the effect of the alpha1-D/A adrenoceptor antagonist naftopidil on subjective and objective criteria in patients with neurogenic lower urinary tract dysfunction. BJU Int. 2011; 108(1): 100-7
  19. Tanabe T, Ishizuka O, Ichino M, Ogawa T, Imamura T, Kurizaki Y, Iijima K, Nishizawa O. Analysis of the pressure-flow study in weak detrusor patients with benign prostatic hypertrophy. LUTS. 2011; 3: 109-12
  20. Yamaguchi O, Kakizaki H, Homma Y, Takeda M, Nishizawa O, Gotoh M, Yokoyama O, Seki N, Yoshida M. ASSIST Study Group.. Solifenacin as add-on therapy for overactive bladder symptoms in men treated for lower urinary tract symptoms--ASSIST, randomized controlled study. Urology. 2011; 78(1): 126-33
  21. Yokoyama H, Kayo H, Kobayashi S, Tanabe T, Ogawa T, Nishizawa O. Reconstruction of obliterated vesicourethral junction: use of the bulbar urethra as a continent valve. LUTS. 2011; 3: 55-8
  22. Yokoyama O, Yamaguchi O, Kakizaki H, Itoh N, Yokota T, Okada H, Ishizuka O, Ozono S, Gotoh M, Sugiyama T, Seki N, Yoshida M, Yamada S. Efficacy of solifenacin on nocturia in Japanese patients with overactive bladder: impact on sleep evaluated by bladder diary. J Urol. 2011; 186(1): 170-4

論文 総説 【欧文】

  1. Homma Y, Gotoh M, Yokoyama O, Masumori N, Kawauchi A, Yamanishi T, Ishizuka O, Seki N, Kamoto T, Nagai A, Ozono S. Outline of JUA clinical guidelines for benign prostatic hyperplasia. Int J Urol. 2011; 18(11): 741-56
  2. Nishizawa O. IJU this issue. Int J Urol. 2011; 18(10): 683

論文 総説 【邦文】

  1. 飯島和芳, 石塚 修, 西沢 理. 求心性神経泌尿器科学 新たな概念の提案. 臨床泌尿器科. 2011, 65(7):439-45
  2. 井川靖彦. 【排尿障害-最新診療動向】 下部尿路症状の評価法. 医学のあゆみ. 2011, 238(4):297-304
  3. 井川靖彦. 指導的助手からみた泌尿器科手術のポイント 腎盂形成術(開腹術). 臨床泌尿器科. 2011, 65(7):457-62
  4. 井川靖彦, 本間之夫. 【尿のトラブル110番 頻尿・出にくい・漏れる・血尿? 患者さんのQOLを守るのはあなたです!】 男性下部尿路症状(Male LUTS)の診かた Male LUTSとは何か? 治療. 2011, 93(6):1413-7
  5. 井川靖彦. メタボリックシンドロームと泌尿器疾患 メタボリックシンドロームと下部尿路症状(LUTS). 泌尿器外科. 2011, 24(臨増):447-8
  6. 井川靖彦. 排尿障害のリハビリテーションの進歩 神経因性膀胱の診断と治療の進歩. The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2011, 48(2):87-94
  7. 石塚 修. 韓国のロボット手術. 松本市医師会報. 2011, 512:17-8
  8. 石塚 修, 西沢 理. 排尿障害の薬物療法. 難病と在宅ケア. 2011, 16(11):32-5
  9. 石塚 修, 西沢 理. 前立腺肥大症の基礎知識. 泌尿器ケア. 2011, 16(8):782-6
  10. 石塚 修, 山西友典, 本間之夫. 薬物療法. 特集:前立腺肥大症診療ガイドライン-その概要と位置づけ. 泌尿器外科. 2011, 24(7):1111-4
  11. 石塚 修, 山西友典. 前立腺肥大症における排尿障害(下部尿路障害). 医学のあゆみ. 2011, 238(4):335-9
  12. 石塚 修, 今村哲也, 野口 渉, 栗崎功己, 市野みどり, 西沢 理. 冷えと頻尿. 特集:頻尿・切迫性尿失禁. 臨床泌尿器科. 2011, 65(10):755-61
  13. 石塚 修, 栗崎功己, 市野みどり, 西沢 理. 疾患レビュー 過活動膀胱. スズケンメデイカル. 2011, 14(5):4-6
  14. 石塚 修, 栗崎功己, 市野みどり, 西沢 理. 疾患サマリー 過活動膀胱. スズケンファーマ. 2011, 14(5):6
  15. 石塚 修, 山西友典, 本間之夫. 新ガイドラインに基づく前立腺肥大症に対する薬物療法. . 日本医事新報. 2011, 4560:71-4
  16. 石塚 修, 西沢 理. 教育講演 前立腺肥大症治療update 1. 薬物治療の新戦略. 泌尿器外科24(臨増). 2011, 395
  17. 市野みどり. 診療テクニック/過活動膀胱の診断 尿流動態検査. スズケンメディカル. 2011, 14(5): 7-10
  18. 今村哲也, 石塚 修, 西沢 理. 骨髄由来細胞移植による膀胱再生. 排尿障害プラクテイス . 2011, 18(4):338-46
  19. 加藤晴朗. 尿道損傷の外科的治療. 日本泌尿器科学会2011年卒後教育テキスト. 2011
  20. 加藤晴朗. 尿道の手術. こんなときどうする!? 泌尿器科手術のトラブル対処法. 110瘢痕組織が厚く吻合できそうにない. 臨床泌尿器科増刊号. 2011, 65(4):296−7
  21. 加藤晴朗. 尿道の手術. こんなときどうする!? 泌尿器科手術のトラブル対処法. 111尿道膣瘻の修復術で尿道粘膜の縫合線を覆う組織がない. 臨床泌尿器科増刊号. 2011, 65(4):298
  22. 加藤晴朗. 連載コラム:図脳を極める. Corre Pon Urology. 2011, 1-4
  23. 栗崎功己. 臨床医のためのクリニカルスタディ「過活動膀胱」 ケーススタディ/イミダフェナシンを用いた過活動膀胱の症例. スズケンメディカル. 2011, 14(5):1-3
  24. 栗崎功己. 過活動膀胱 Let’s!服薬コミュニケーション CASE イミダフェナシンを用いた過活動膀胱の症例. Suzuken Pharma. 2011, 14(5): 1-2
  25. 鈴木尚徳, 西沢 理. 【日常診療でよくみる症状・病態—診断の指針・治療の方針−】Ⅺ. 腎臓および泌尿器系の異常 1. 尿失禁–小児・女性・高齢者. 綜合臨床. 2011, 60(増刊):1192-5
  26. 鈴木基文, 井川靖彦, 本間之夫. 【尿のトラブル110番 頻尿・出にくい・漏れる・血尿? 患者さんのQOLを守るのはあなたです!】 尿失禁を科学する! 多業種で取り組むおむつ外し. 治療. 2011, 93(6):1410-11
  27. 西沢 理, 齊藤徹一. 私はこう治療する 過活動膀胱. 診断と治療. 2011, 99(12):2131-5
  28. 西澤秀治, 石塚 修. “腹部診療に欠かせない緊急腹部エコー検査のポイント”腎・尿路疾患. レジデント. 2011, 4(12):77-84
  29. 山西友典, 西沢 理. LUTSとUDS. 泌尿器外科. 2011, 24(7):1197-8
  30. 横山 修, 後藤百万, 西沢 理. 通常量で効果不十分なOAB患者に対するプロピベリン塩酸塩の高用量(20mg×2回/日)の有効性と安全性の確認. 泌尿器外科. 2011, 24(6):1023-10

受賞

  • 栗崎功己
    平成22年度信州大学医学部医学科顕彰 学術奨励賞「2010年アメリカ泌尿器科学会ベストポスター賞」
  • 小口智彦
    2011年日本排尿機能学会 河邉賞「Interleukin-4 Gene Therapy Using Herpes Simplex Virus Vectors for Bladder Pain and Overactivity」
  • 今村哲也
    第8回泌尿器科再建再生研究会 研究会賞「放射線照射によるラット膀胱機能障害モデルを用いた骨髄細胞移植による膀胱再生の試み」