教室について

研究・業績 2008年

2008年の目標

エビデンスの創出

学会発表 国際学会 【一般演題】

  1. Ichino M, Igawa Y, Ogawa T, Seki S, Ishizuka O, Nishizawa O. Lower urinary tract dysfunction in neurologically normal children with VUR and its relation with spontaneous resolution of VUR. 23rd Annual Meeting of European Association of Urology, Milan, 2008/3/26-29
  2. Ichino M, Igawa Y, Ogawa T, Seki S, Ishizuka O, Nishizawa O. Lower urinary tract dysfunction in patients with familial amyloidotic polyneuropathy. haracteristics and therapeutic effects of liver transplantation. The 38th Annual Meeting of Internal Continence Society, Cairo, 2008/10/20-24
  3. Igawa Y, Takeda H, Aizawa N, Hoyano Y, Akahane M, Nishizawa O. Involvement of cyclic-AMP-independent mechanisms in beta3-adrenoceptor-mediated relaxation in human detrusor.The 23rd Annual Meeting of European Association of Urology, Milan, 2008/3/26-29
  4. Igawa Y, Aizawa N, Iijima K, Wyndaele JJ, Andersson K-E, Nishizawa O. Effects of intravesical capsaicin, resiniferatoxin and ATP on primary bladder afferent activity of the rat. The 38th Annual Meeting of Internal Continence Society, Cairo, 2008/10/20-24
  5. Nakayama T, Ishizuka O, Imamura T, Chen Z, Aizawa N, Ogawa T, Tanabe T, Nishizawa O. THC-002 reduces the presence of a1 adrenoceptors in the prostates with saline loaded spontaneously hypertensive rats. The 3rd Pan-Pacific Continence Society Meeting. Kaohsiung, Taiwan, 2008/9/26-27
  6. Yokoyama H, Saitoh C, Miyazato M, Nishizawa O, Chancellor MB, Goins WF, Goss JR, Glorioso JC, Yoshimura N. Effects of different enkephalin treatments on bladder pain. American urological association annual meeting, Florida, 2008/5/17-5/22
  7. Yokoyama H, Miyazato M, Chancellor MB, Goins WF, Goss JR, Glorioso JC, Yoshimura N. Gene transfer therapy of bladder pain and overactivity using replication ?defective herpes simplex virus vectors expressing preproenkephalin. Society for neuroscience annual meeting, Washington, 2008/11/15-11/19

学会発表 国内学会 【教育講演,特別講演,シンポジウム等】

  1. 井川靖彦. 乳幼児における下部尿路機能の発達.第1回北海道泌尿器科セミナー,札幌市,2008/01/12
  2. 井川靖彦. 神経因性下部尿路機能障害―神経生理学から臨床へ.第9回Urology Forum,東京都,2008/01/26
  3. 井川靖彦. 過活動膀胱治療の最前線.第9回Urology Forum,東京都,2008/01/26
  4. 井川靖彦. 神経因性膀胱の治療.第96回日本泌尿器科学会総会. 卒後・生涯教育プログラム,横浜市,2008/04/24-27
  5. 井川靖彦. 下部尿路機能の神経調節機構の解明と下部尿路機能障害治療薬開発への応用.神澤医学研究振興財団第10回講演会 神澤医学賞受賞講演,東京都,2008/05/30
  6. 井川靖彦. 骨盤内悪性腫瘍根治術後の神経因性膀胱の診断と治療.がん診療拠点病院強化事業がん医療従事者研修.がんに対する外科手術後のQOLへの取り組み.筑波大学付属病院総合がん診療センター,つくば市,2008/09/05
  7. 井川靖彦. Male LUTSの病態生理.第15回日本排尿機能学会. イブニングセミナー「多因子の関与とその発症メカニズム」,東京都,2008/9/12
  8. 井川靖彦. 男性下部尿路症状診療ガイドライン.第73回日本泌尿器科学会東部総会. 教育セミナー,東京都,2008/09/18-20
  9. 井川靖彦. 広範子宮全摘出術後の下部尿路機能障害の病態診断と治療.北信地区産婦人科医会学術講演会,長野市,2008/09/22
  10. 井川靖彦. 乳幼児のウロダイナミックス. 発達に伴う変化. 第14回釧根地区泌尿器科研究会,釧路市,2008/10/31
  11. 井川靖彦. 過活動膀胱の薬物療法. 現状と今後の展望.日本医師会生涯教育講座学術講演会,函館市,2008/11/14
  12. 石塚 修. LHRHアゴニストのテストステロン抑制効果の検討.第2回信州前立腺癌内分泌療法研究会, 松本市,2008/3/29
  13. 石塚 修. 2007日本泌尿器科学会助成金報告.第96回日本泌尿器科学会総会,横浜市,2008/4/24-27
  14. 石塚 修,井川靖彦,市野みどり,小川輝之,平形志朗,西沢 理. 新αブロッカーをどう理解し使いわけるか. 第96回日本泌尿器科学会総会 ワークショップ4「新薬総括. 新薬を理解しどう使い分けるか」, 横浜市,2008/4/24-27
  15. 石塚 修,今村哲也,陳 忠,中山 剛,相澤直樹,栗崎功己,小川輝之,市野みどり,井川靖彦,西沢 理. 下部尿路障害におけるハルンケアおよび牛車腎気丸の役割に関する基礎的検討.第15回日本排尿機能学会 イブニングセミナー2,東京都,2008/9/11
  16. 石塚 修. 夜間頻尿について考える ―冷えと頻尿についての基礎研究を中心として―.第10回新潟県高齢者泌尿器科研究会 日本医師会生涯教育講座, 新潟市,2008/10/27
  17. 石塚 修. 腎移植の実際.第23回長野県院内コーデイネーター会議(提供施設関連研修会), 松本市,2008/11/7
  18. 加藤晴朗. 小径腎腫瘍の診断と治療. 第96回日本泌尿器科学会総会 ケーススタディ,横浜市,2008/4/26
  19. 加藤晴朗. 持続勃起症. 第96回日本泌尿器科学会総会 卒後・生涯教育,横浜市,2008/4/27
  20. 杵渕芳明. 精巣腫瘍・脳転移例.第96回日本泌尿器科学会総会 ケーススタディ,横浜市,2008/04/24-27
  21. 西沢 理. OABの治療の再検討.第96回日本泌尿器科学会総会 基調講演,横浜市,2008/4/25
  22. 西沢 理. 過活動膀胱の現状と展望.福岡泌尿器地方会,福岡市,2008/7/5
  23. 西沢 理. E&E時代のBPH薬物治療の意義について.第22回日本Endourology・ESWL学会 ランチョンセミナー,大阪市,2008/11/13
  24. 西沢 理. 前立腺肥大症の診断・治療におけるIPSSの使用実態.第58回日本泌尿器科学会中部総会 ランチョンセミナー,大津市,2008/11/16
  25. 西沢 理. 過活動膀胱で困っていませんか.第61回日本薬理学会西南部会 市民公開講座,米子市,2008/11/30
  26. 西沢 理. 信州大学医学部附属病院での感染制御室の活動を振り返って.感染制御に関する研修会,秋田市,2008/12/12(主催. 秋田大学医学部附属病院感染制御室)

学会発表 国内学会 【一般演題】

  1. 相澤直樹,井川靖彦,西沢 理. ラット膀胱求心性神経活動におけるATP/PTX3受容体の機能的解析.第96回日本泌尿器科学会総会,横浜市,2008/4/2
  2. 井川靖彦,市野みどり,小川輝之,加藤晴朗,石塚 修,西沢 理. 広汎子宮全摘除後の下部尿路障害の病態とその推移.第96回日本泌尿器科学会総会,横浜市,2008/04/24-27
  3. 石塚 修. LHRHアゴニストのテストステロン抑制効果の検討.中間報告.第2回信州前立腺癌内分泌療法研究会,松本市,2008/3/29
  4. 石塚 修,小川輝之,西沢 理,皆川倫範. 泌尿器科外来における超音波検査の現況.第20回日本超音波医学会関東甲信越地方会, 東京都,2008/10/25
  5. 石塚 修,山西友典,後藤百万,菅谷公男,舛森直哉,吉田正貴,西沢 理. 前立腺肥大症と過活動膀胱を合併した患者の過活動膀胱症状に対する牛車腎気丸の効果の検討.第15回日本排尿機能学会,東京都,2008/9/11-13
  6. 市野みどり,井川靖彦,関 聡,小川輝之,石塚 修,西沢 理. 頻尿・尿失禁を訴える小児の下部尿路機能の検討.第96回日本泌尿器科学会総会,横浜市,2008/04/24-27
  7. 市野みどり,井川靖彦,小川輝之,関 聡,石塚 修,西沢 理. 家族性アミロイドポリニューロパチー患者の下部尿路機能障害と肝移植の治療効果.第15回日本排尿機能学会,東京都,2008/9/11-13
  8. 井上博夫,石塚 修,杵渕芳明,三澤一道,小川輝之,西沢 理. 信州大学泌尿器科にて副腎腫瘍に対する腹腔鏡下副腎摘除術を行った症例の検討. 第25回信州内分泌談話会, 松本市,2008/3/1
  9. 今村哲也,山本徳則,石塚 修,小川輝之,井川靖彦,後藤百万,西沢 理. 骨髄細胞移植による膀胱平滑筋再生を可能にする生体微少環境についての検討.第5回泌尿器科再建再生研究会,仙台市,2008/6/28
  10. 小川輝之,井川靖彦,市野みどり,田中深雪,皆川倫範,石塚 修,西沢 理. 二分脊椎症の排尿管理における超音波検査の有用性について.日本超音波医学会第20回関東甲信越地方会学術集会,東京都,2008/10/25
  11. 加藤晴朗,新垣義孝. 後部尿道断裂の外科的治療. 第22回日本外傷学会,宜野湾市,2008/5/29
  12. 上垣内崇行,岡根谷利一,上野 学,中藤 亮. 長野市民病院における前立腺癌の長期成績.第73回東部泌尿器科学会,東京都,2008/9/18-20
  13. 杵渕芳明,相澤直樹,今村哲也,三村裕次,石塚 修,井川靖彦,西沢 理. ラット腹圧性尿失禁モデルにおける自己骨髄細胞移植による尿道括約筋再生の検討.第5回泌尿器科再建再生研究会,仙台市,2008/6/28
  14. 杵渕芳明,石川雅邦,井上博夫,加藤晴朗,石塚 修,井川靖彦,西沢 理. 腎細胞がんと併発した軟部組織腫瘍の検討.第73回日本泌尿器科学会東部総会,東京都,2008/9/18-20
  15. 杵渕芳明,井上博夫,川上雅子,加藤晴朗,石塚 修,井川靖彦,西沢 理. 腎細胞癌に同時併発した後腹膜腫瘍の検討.第46回日本癌治療学会総会, 名古屋市,2008/10/30-11/1
  16. 杵渕芳明,石塚 修,川上雅子,井上博夫,加藤晴朗,井川靖彦,西沢 理. 腎細胞がんに同時併発した後腹膜腫瘍の検討. 第46回癌治療学会総会,名古屋市,2008/11/1
  17. 陳 忠,石塚 修,今村哲也,相澤直樹,井川靖彦,西沢 理. 冷えにより誘発された膀胱過活動におけるα1交感神経系の役割.第96回日本泌尿器科学会総会,横浜市,2008/04/24-27
  18. 陳 忠,石塚 修,今村哲也,相澤直樹,井川靖彦,西沢 理. 急激な冷えストレスにより誘発された頻尿に対するα1交感神経遮断薬の抑制効果の基礎的検討.第73回日本泌尿器科学会東部総会,東京都,2008/9/18-20
  19. 中山 剛,石塚 修,今村哲也,陳 忠,小川輝之,田辺智明,西沢 理. 自然発祥高血圧ラット前立腺における生薬エキスHのαアドレナリン受容体発現抑制効果についての検討.第15回日本排尿機能学会, 東京都,2008/9/11-13
  20. 古川哲平,大平哲史,長田亮介,芦田 敬,金井 誠,塩沢丹里,鈴木 悟,石塚 修,馬場 淳. 妊娠中に診断されたCushing症候群の1例. 第25回信州内分泌談話会, 松本市,2008/3/1
  21. 皆川倫範,加藤晴朗,杵渕芳明,石塚 修,井川靖彦,西沢 理. Page kidneyの一例.第22回日本外傷学会,宜野湾市,2008/5/29-30
  22. 皆川倫範,小川輝之,村田 靖,石塚 修,西沢 理. 超音波検査を用いた膀胱内凝血除去術の工夫.第20回日本超音波医学会関東甲信越地方会, 東京都,2008/10/25

学会発表 国内学会 【講演】

  1. 井川靖彦. LUTS/OABの病態生理についての一考察.札幌市,2008/08/23
  2. 井川靖彦. 過活動膀胱の薬物療法. 現状と今後の展望.日本医師会生涯教育講座学術講演会,函館市,2008/11/14
  3. 石塚 修. 臓器提供について. 波田総合病院院内勉強会, 松本市,2008/2/27(主催. 波田総合病院)
  4. 石塚 修. 増えている前立腺がんのお話 ~どうやって治療するの?~. 市民公開講座 よくわかる泌尿器の病気のお話, 安曇野市,2008/4/6
  5. 石塚 修. 夜間頻尿と不眠. 第24回上田地域福寿クラブ連合会定期大会 信州大学出前講座, 上田市,2008/6/5(主催. 上田地域福寿クラブ連合会)
  6. 石塚 修. 排尿障害に対する漢方治療の西洋医学的研究. 第4回群馬和漢診療フォーラム(日本医師会生涯教育講座), 前橋市,2008/9/25(共催. 群馬和漢診療フォーラム,後援. 群馬県医師会,群馬大学医師会,群馬県病院薬剤師会)
  7. 石塚 修. 一般医家のための最近の前立腺疾患の診断と治療. 小樽市医師会学術講演会(日本医師会生涯教育講座), 小樽市,2008/9/26(後援. 小樽市医師会・北海道医師会)
  8. 石塚 修. 冷えと夜間頻尿について. 宮城県ハルナール発売15周年記念学術講演会(日本医師会生涯教育講座), 仙台市,2008/10/18
  9. 石塚 修. 冷えと頻尿について科学する. 秋田県泌尿器科集談会, 秋田市,2008/12/13(主催. 秋田県泌尿器科集談会)
  10. 加藤晴朗. 図脳論. 北見医工連携研究会,北見市,2008/9/2
  11. 加藤晴朗. 図脳論. 膀胱癌治療カンファレンス,東京都,2008/9/27
  12. 加藤晴朗. 図脳論. 山梨手術手技研究会,甲府市,2008/10/2
  13. 加藤晴朗. 腎部分切除術. 第2回信州若手スキルアップ研究会,松本市,2008/11/
  14. 杵渕 芳明,西沢 理. 前立腺肥大症と尿失禁.第55回信毎健康フォーラム.松本市,2008/8/23
  15. 栗崎功己. 泌尿器系ストーマの造設を要する疾患と術式. 尿路変向術の種類とその適応.第9回甲信ストーマリハビリテーション講習会,松本市,2008/6/26

論文 著書 【邦文】

  1. 井川靖彦,西沢 理. Male LUTSにおけるBOOの診断法と臨床的意義.New Concepts of BPH/LUTS.山口 脩,西沢 理,塚本泰司,武田正之編,リッチヒルメディカル,東京,2008,pp61-6
  2. 井川靖彦,石塚 修. 下部尿路機能ポケットマニュアル2007.西沢 理監修,メデイカルレビュー社,大阪,2008
  3. 石塚 修,西沢 理. BPHとLUTSの諸症状の発生メカニズム. New Concepts of BPH/LUTS.山口 脩,西沢 理,塚本泰司,武田正之編,リッチヒルメデイカル,東京,2008
  4. 関  聡,井川靖彦. 前立腺肥大症の薬物治療のEBM.ファーマナビゲーター 下部尿路機能障害編.柿崎秀宏,吉田正貴編,メディカルレビュー社,2008,pp130-4
  5. 西沢 理. 排尿機能障害.最新泌尿器科診療指針.編集:村井 勝,塚本泰司,小川 修,永井書店,2008,pp89-103
  6. 本間之夫,荒木勇雄,井川靖彦,大園誠一郎,後藤百万,山西友典,横山 修,吉田正貴. 男性下部尿路症状ガイドライン.日本排尿機能学会男性下部尿路症状ガイドライン作成委員会編,ブラックウェルパブリッシング,東京,2008

論文 原著 【欧文】

  1. Aizawa N, Ishizuka O, Ogawa T, Mizusawa H, Igawa Y, Nishizawa O, Andersson KE. Effects of natriuretic peptides on intracavernous pressure and blood pressure in conscious rats. J Sex Med. 2008; 5(10): 2312-7
  2. Furuya R, Furuya S, Kato H, Saitoh N, Takahash S, Tsukamoto T. New classification of midline cysts of the prostate in adults via a TRUS-guided opacification and dye-injection study. BJU Int. 2008; 102(4): 475-8
  3. Ichino M, Igawa Y, Seki S, Iijima K, Ishizuka O, Nishizawa O. The nature of high-pressure voiding in small boys and its relation with the influence of a transurethral catheter. Neurourol Urodyn. 2008; 27(4): 319-23
  4. Igawa Y, Wyndaele JJ, Nishizawa O. Catheterization: possible complications and their prevention and treatment. Int J Urol. 2008; 15(6): 481-5
  5. Imamura T, Ishizuka O, Aizawa N, Zhong C, Ogawa T, Nakayama T, Tanabe T, Nishizawa O. Cold environmental stress induces detrusor overactivity via resiniferatoxin-sensitive nerves in conscious rats. Neurourol Urodyn. 2008; 27(4): 348-52
  6. Imamura T, Ishizuka O, Aizawa N, Zhong C, Ogawa T, Nakayama T, Tanabe T, Nishizawa O. Gosha-jinki-gan reduces transmitter proteins and sensory receptors associated with C fiber activation induced by acetic acid in rat urinary bladder. Neurourol Urodyn. 2008; 27(8): 832-7
  7. Imamura T, Kinebuchi Y, Ishizuka O, Seki S, Igawa Y, Nishizawa O. Implanted mouse bone marrow-derived cells reconstruct layered smooth muscle structures in injured urinary bladders Cell Transplant. 2008; 17: 267-78
  8. Kawai Y, Hosaka K, Kaidoh M, Minami T, Kodama T, Ohhashi T. Heterogeneity in immunohistochemical, genomic and biological properties of human lymphatic endothelial cells between initial and collecting lymph vessels.Lymphat Res Biol. 2008; 6(1): 15-27
  9. Kinebuchi Y, Ishikawa M, Ishizuka O, Nisizawa O, Hongo K. Leptomenigeal Metastasis in a Patient with an Extragonadal Germ Cell Tumor.Clinical Medicine Oncology. 2008; 2: 371-4
  10. Kinebuchi Y, Johkura K, Sasaki K, Imamura T, Mimura Y, Nishizawa O. Direct induction of layered tissues from mouse embryonic stem cells: potential for differentiation into urinary tract tissue Cell. Tissue Res. 2008; 331: 605-15
  11. Maezawa K, Miyazato K, Matsunaga T, Momose Y, Imamura T, Johkura K, Sasaki K, Ohmori S. Expression of Cytochrome P450 and Transcription Factors during In Vitro Differentiation of Mouse Embryonic Stem Cells into Hepatocytes.Drug Metab Pharmacokinet. 2008; 23(3): 188-95
  12. Minagawa T, Okaneya T, Kamigaito M, Nishizawa S, Ogawa T, Kawakami M, Nakayama T, Imamura T, Kato H, Nishizawa O. Leiomyosarcoma of the urinary bladder in a patient with bilateral retinoblastoma. Int J Urol. 2008; 15: 548-50
  13. Nagai T, Ikomi F, Suzuki S, Ohhashi T. In situ lymph dynamic characterization through lymph nodes in rabbit hind leg: special reference to nodal inflammation. J Physiol Sci. 2008; 58(2): 123-32
  14. Ogawa T, Sasatomi K, Hiragata S, Seki S, Nishizawa O, Chermansky CJ, Pflug BR, Nelson JB, Chancellor MB, Yoshimura,N. Therapeutic effects of endothelin-A receptor antagonist on bladder overactivity in rats with chronic spinal cord injury. Urology. 2008; 71(2): 341-5
  15. Uehara Y, Hamano H, Kawakami M, Koyama M, Kawa S, Sano K, Honda T, Oki K, Ota H. Autoimmune panreatitis-associated prostatitis: Distinct clinicopathological entity. Pathol Int. 2008; 58: 118-25

論文 原著 【邦文】

  1. 市野みどり, 井川靖彦, 加藤晴朗, 関 聡. 乳男児の排尿時最大排尿筋圧に対する尿道カテーテルの影響. 日本小児泌尿器科学会雑誌. 2008, 16(2):188-91
  2. 加藤晴朗, 小林晋也, 井川靖彦, 西沢 理, 清河英雄. 回腸新膀胱作成におけるSEROUS-LINED TUNNEL法による尿管吻合術. Audio-Visual Journal of JUA. 2008
  3. 多田 剛, 櫻井晃洋, 井川靖彦. 准教授・講師層で自主的に行った医学教育ミニ・ワークショップの成果. 医学教育. 2008, 39(2):109-13
  4. 皆川倫範, 加藤晴朗, 川上雅子, 石塚 修, 井川靖彦, 西沢 理. CEAがマーカーとして有用であった原発性女子尿道癌. 臨床泌尿器科. 2008, 62:523-6

論文 総説 【欧文】

  1. Imamura T, Kinebuchi Y, Ishizuka O, Seki S, Igawa Y, Nishizawa O. Three-dimensional culture systems for differentiation of mice embryonic stem cells into hepatocyte-like cells. J Organ Dysfunction. 2008; 4(1): 57-64
  2. Nishizawa O, Ishizuka O, Okamura K, Gotoh M, Hasegawa T, Hirao Y. Guidelines for management of urinary incontinence. Int J Urol. 2008; 15(10): 857-74

論文 総説 【邦文】

  1. 石塚 修, 西沢 理. 廃用症候群のリハビリテーションの実学. 泌尿器科的問題に対する対応. Jpn J Rehabili Med リハビリテーション医学. 2008, 45(7):422-6
  2. 石塚 修, 西沢 理. 今さら聞けない泌尿器科の疑問・質問 大特集:泌尿器科検査についての疑問・質問. 泌尿器ケア. 2008, 13:264-68
  3. 石塚 修. 前立腺癌小線源治療について. 松本市医師会報. 2008, 481:13-4
  4. 石塚 修. 尿意切迫感, 頻尿および尿失禁の最新薬物治療:過活動膀胱と新薬. Medicament News. 2008, 1945:1-3
  5. 石塚 修. 最近の腎癌についての話題. 松本市医師会報. 2008, 482:22-3
  6. 石塚 修, 西沢 理. 【今さら聞けない泌尿器科の疑問・質問大特集】 泌尿器科検査についての疑問・質問. 泌尿器ケア. 2008, 13(3):264-8
  7. 市野みどり, 井川靖彦, 石塚 修, 西沢 理. 【プライマリケアにおける下部尿路機能障害へのアプローチ】 下部尿路機能障害の診断. . Progress in Medicine. 2008, 28(6):1357-60
  8. 市野みどり, 井川靖彦, 小川輝之, 石塚 修, 西沢 理. 【新時代の糖尿病学 病因・診断・治療研究の進歩】 糖尿病に起因する合併症 慢性合併症 糖尿病性下部尿路機能障害の概念・特徴・診断・治療. 日本臨床. 2008, 66(増刊9 新時代の糖尿病学(4)):436-40
  9. 小泉孔二, 水沢弘哉, 小口智彦, 道面尚久, 加藤晴朗. 副腎腫瘍との鑑別が困難であった成人腎芽腫の1例. 泌尿器科紀要. 2008, 54(9):603-6
  10. 加藤晴朗. 【ミニマム創内視鏡下手術の保険収載】 開放手術からミニマム創手術へ. 泌尿器外科. 2008, 21(9):1267-73
  11. 川上雅子, 飯島和芳, 野口 渉, 西沢 理. 小腸出血に対するアルゴンプラズマ凝固法が原因と思われる膀胱粘膜下腫瘍. 臨床泌尿器科. 2008, 62(7):517-20
  12. 杵渕芳明, 石塚 修, 西沢 理. 治療の最前線 腎細胞癌の分子標的治療. 信州医誌. 2008, 56 (6): 403-4
  13. 西沢 理, 山口 脩, 吉田正貴. 【過活動膀胱を再考する】 過活動膀胱診療ガイドライン・ダイジェスト版について. 泌尿器外科. 2008, 21(4):581-7
  14. 西沢 理, 山本哲平, 鈴木 中. 治療法紹介 薬物療法 過活動膀胱 イミダフェナシン. 排尿障害プラクティス. 2008, 16(3):251-5
  15. 西沢 理. 国際前立腺会議からの報告 LUTS:Etiology and Patient Assessment(下部尿路症状:病因, 患者評価, 治療効果の予測). 排尿障害プラクティス. 2008, 16(3):245-50
  16. 西沢 理, 武田正之. 夜間頻尿. 泌尿器外科. 2008, 21(7):971-3
  17. 西沢 理. 【過活動膀胱 その現状と診療のポイント】 OAB診療のアルゴリズム 「過活動膀胱診療ガイドライン改訂ダイジェスト版」に基づく実践的指針. Astellas Square:明日の医療を考える. 2008, 4(6):10-1
  18. 皆川倫範, 井川靖彦. 小児尿道脱の1例. 日本小児泌尿器科学会雑誌. 2008, 16(2):237-8
  19. 吉田正貴, 井川靖彦. 過活動膀胱と尿路上皮. 泌尿器外科. 2008, 21(7):983-4

論文 症例報告 【欧文】

  1. Kinebuchi Y, Ishikawa M, Ishizuka O, Nishizawa O, Hongo K. Leptomeningeal metastasis in a patient with an extragonadal germ cell tumor. Clinical Medicine Oncology 2:371-4, 2008

論文 症例報告 【邦文】

  1. 川上雅子,飯島和芳,野口 渉,西沢 理. 小腸出血に対するアルゴンプラズマ凝固法が原因と思われる膀胱粘膜下腫瘍.臨床泌尿器科 62(7):517-20,2008