教室について

研究・業績 2005年

2005年の目標

インフォームド・コンセントの推進

学会発表 国際学会 【教育講演】

  1. Igawa Y. Neurophysiology. ICS Course 4, Neurourology Advanced Course. 35th annual meeting of Internal Continence Society, Montreal, 2005/8/28-9/2

学会発表 国際学会 【一般演題】

  1. Alloussi S, Igawa Y, Saito H, Lee K, Choo M, Murtz G, Madersbacher H. Bladder outlet obstruction and symptomatic overactive bladder ? contraindication for antimuscarinics? A study review on propiverine. The 35th annual meeting of Internal Continence Society, Montreal, 2005/8/28-9/2
  2. Igawa Y, Ichino M, Seki S, Nishizawa O. Video-urodynamic evaluation of negative prognostic factors for spontaneous resolution of primary vesico-ureteral reflux in male infants. Korean-Japan Urological Congress, Korea, 2005/10/21
  3. Igawa Y, Takeda H, Seki S, Hoyano Y, Akahane M, Nishizawa O. Cyclic-AMP-independent relaxation induced by β-adrenergic activation in human detrusor. The 35th annual meeting of Internal Continence Society, Montreal, 2005/8/28-9/2
  4. Iijima K, Igawa Y, Nikaido T, Imamura T, Seki S, Moriizumi T, Nishizawa O. Bladder augmentation using amniotic membrane. The 2nd Japan-Korea Joint Meeting on Lower Urinary Tract Dysfunction, Seoul, 2005/10/21
  5. Ichino M, Igawa Y, Seki S, Nishizawa O. Video-urodynamic patterns in neurologically normal infants.Asia Pacific Association of Pediatric Urologists, Kyoto, 2005/9/29-30
  6. Nishizawa O. Drug treatment of Overactive bladder, The 5th Urological Research Forum, Okinawa, 2005/1/29
  7. Ogawa T, Masuda H, Seki S, Igawa Y, Nishizawa O, Chancellor MB, de Groat WC, Yoshimura N. The role of dopaminergic mechanisms in the control of urethral function in rats. 2005 AUA Annual Meeting, San Antonio, 2005/5/21-28
  8. Ogawa T, Yoshimura N, Pflug BR, Nelson JB, Seki S, Igawa Y, Nishizawa O, Chancellor MB, Chermansky JC. Therapautic effects of endothelin-A receptor antagonist on bladder overactivity in rats with spinal cord injury. The 51th Annual Conference of American Paraplegia society, Las Vegas, 2005/9/6
  9. Ogawa T, Pradeep T, de Miguele F, Chancellor MB, Yoshimura N. Effects of IP751, Ajulemic Acid on bladder overactivity induced by bladder irritation in the rat. The 35th Annual Meeting of the ICS, Montreal, 2005/8/31

学会発表 国際学会 【講演】

  1. Nishizawa O. Drug treatment of Overactive bladder, 第六人民医院泌尿科交流会,上海,2005/3/8
  2. Nishizawa O. Drug treatment of Overactive bladder, 上海泌尿外科専門家学術交流会,上海,2005/3/9
  3. Nishizawa O. Drug treatment of Overactive bladder, 杭州泌尿外科学術交流会,杭州,2005/3/11

学会発表 国内学会 【教育講演,特別講演,シンポジウム等】

  1. 井川靖彦. 神経因性膀胱に対する下部尿路機能再建術.南近畿排尿障害懇話会,大阪市,2005/2/10
  2. 井川靖彦. 神経因性排尿筋過活動(Neurogenic detrusor overactivity)に対する治療.第93回日本泌尿器科学会総会 教育セミナー,東京都,2005/4/14
  3. 井川靖彦. 前立腺肥大症と過活動膀胱症候群.老年泌尿器科学会教育セミナー,盛岡市,2005/5/7
  4. 井川靖彦. 神経因性尿失禁に対する外科療法.第2回みなと泌尿器カンファレンス,東京都,2005/5/12
  5. 井川靖彦. 排尿の仕組み.長野県医療的ケア研修会,豊科町,2005/5
  6. 井川靖彦. 高齢男性の過活動膀胱症候群. 病態解析と治療の最前線.北海道大学泌尿器科研究会,札幌市,2005/10/29
  7. 井川靖彦. 二分脊椎症に伴う排尿障害の診断と治療. 特に診療ガイドラインおよび外科療法について.第3回山形排尿障害セミナー,山形市,2005/11/30
  8. 石塚 修. 夜間頻尿の治療戦略. 第93回日本泌尿器科学会総会教育セミナー, 東京都,2005/4/16
  9. 加藤晴朗,清河英雄. 腎摘除に必要な手術解剖.第3回ミニマム創内視鏡下泌尿器科手術研究会,東京都,2005/12/10
  10. 関  聡,井川靖彦,市野みどり,石塚 修,西沢 理. 夜尿症の有無とVCUGおよびウロダイナミクス所見の関連性に関する検討. 第16回日本夜尿症学会 VCUG所見コンセンサスミーテイング, 東京都,2005/6/10
  11. 関  聡,井川靖彦,市野みどり,石塚 修,西沢 理. 腸管利用膀胱拡大術の長期成績.神経因性膀胱治療の最前線.第12回日本排尿機能学会, 松本市,2005/10/7
  12. 西沢 理 磁気刺激装置による頻尿・尿失禁の治療 第70回日本泌尿器科学会東部総会 イブニングセミナー.花巻市, 2005/9/29

学会発表 国内学会 【一般演題】

  1. 飯島和芳,井川靖彦,二階堂敏雄,杵渕芳明,関 聡,森泉哲次,西沢 理. 羊膜を使用した膀胱拡大術. ラットでの形態学的,機能的検討.第93回日本泌尿器科学会総会,東京都,2005/4/14【第93回日本泌尿器科学会総会賞受賞】
  2. 飯島和芳,井川靖彦,今村哲也,二階堂敏雄,関 聡,森泉哲次,西沢 理. 羊膜を使用した膀胱拡大術.第14回日本小児泌尿器科学会総会,福岡市,2005/7/8
  3. 井川靖彦,関 聡,入江恭子,市野みどり,加藤晴朗. 子宮内膀胱羊水腔シャント術が膀胱機能保持に有効と思われた尿道閉鎖症を合併したPrune Belly症候群の1例.日本小児泌尿器科学会,福岡市,2005/7/8
  4. 井川靖彦,関 聡,市野みどり,飯島和芳,石塚 修,西沢 理. 広汎子宮全摘除後の下部尿路機能障害の経時的変化.第93回日本泌尿器科学会,東京都,2005/4/15
  5. 石塚 修,田辺智明,中山 剛,市野みどり,関 聡,井川靖彦,西沢 理. 下部尿路閉塞ラットの排尿に対する経口生薬エキスHの効果の検討.第93回日本泌尿器科学会,東京都,2005/4/15
  6. 石塚 修,張 暁陽,田辺智明,中山 剛,市野みどり,関 聡,井川靖彦,西沢 理. 牛車腎気丸の薬理作用. 信州泌尿器漢方学術講演会,松本市,2005/6/11
  7. 石塚 修,西沢 理,井川靖彦,加藤晴朗,関 聡,小林晋也,川上雅子,杵渕芳明,井上博夫. 泌尿器科におけるクリニカルクラークシップの工夫.第37回医学教育学会,東京都,2005/7/29
  8. 石塚 修,杵渕芳明,川上雅子,田辺智明,中山 剛,西沢 理,高山文吉,曽根修輔. 前立腺特異抗原値が10 ng/ml未満の症例に対する前立腺MRIスクリーニングによる前立腺生検の必要性の検討.第43回癌治療学会,名古屋市,2005/10/25
  9. 市野みどり,井川靖彦,関 聡,入江恭子,加藤晴朗. 乳幼男児原発性VURの自然改善因子の検討-Video-urodynamic studyによる解析.日本小児泌尿器科学会,福岡市,2005/7/9
  10. 市野みどり,井川靖彦,関 聡,石塚 修,西沢 理. 乳幼児原発性VURの自然改善因子のVideo-urodynamic study(V―UDS)による解析.第12回日本排尿機能学会,松本市,2005/10/6【第12回日本排尿機能学会賞受賞】
  11. 市野みどり,石塚 修,関 聡,井川靖彦,三澤和佳奈,西沢 理. 尿失禁患者に対する塩酸プロピベリンの治療効果についてのQOL質問表による検討.第12回日本排尿機能学会,松本市,2005/10/6
  12. 今村哲也,杵渕芳明,相澤直樹,関 聡,川上雅子,井川靖彦,石塚 修,西沢 理. マウス凍結障害膀胱組織を用いた骨髄細胞筋内移植法の効果.第8回日本組織工学会,東京都,2005/9/1
  13. 入江恭子,川上雅子,小林晋也,石塚 修,西沢 理. 根治的前立腺全摘除術113例の臨床的検討.第93回日本泌尿器科学会,東京都,2005/4/14
  14. 小川輝之,増田 均,関 聡,井川靖彦,西沢 理,Chancellor MB,de Groat WC,吉村直樹. ラットの尿道機能に対するドーパミン系作動薬の影響について,第12回日本排尿機能学会,松本市,2005/10/7
  15. 小川輝之,加茂 泉,Chermansky CJ,Nelson JB,Pflug BR,関 聡,井川靖彦,西沢 理,Chancellor MB,de Groat WC,吉村直樹. ラットの排尿反射におけるエンドセリン受容体の効果について. 第12回日本排尿機能学会,松本市,2005/10/6
  16. 加藤晴朗,西沢 理. Yang-Monti法による禁制回腸パウチの作成.第93回日本泌尿器科学会総会,東京都,2005/4/13
  17. 加藤晴朗,小林晋也,飯島和芳,西沢 理. 骨盤骨折に伴う尿道断裂に対する尿道形成術.第93回日本泌尿器科学会総会,東京都,2005/4/13
  18. 加藤晴朗,古屋聖児. ミュラー管遺残物の臨床的および組織学的検討.第93回日本泌尿器科学会総会,東京都,2005/4/14
  19. 加藤晴朗,新垣義孝,小林晋也,飯島和芳,西沢 理. 骨盤骨折に伴う尿道断裂に対する尿道形成術.第19回日本外傷学会,横浜市,2005/5/26
  20. 加藤晴朗,小林晋也,飯島和芳,西沢 理. 外傷性後部尿道断裂に対する尿道形成術の経験.第19回日本外傷学会,横浜市,2005/5/27
  21. 加藤晴朗,小林晋也,中山 剛,入江恭子,西沢 理. Serous-Lined Tunnel法による回腸新膀胱の作成.第70回日本泌尿器科学会東部総会,花巻市,2005/9/30
  22. 川上雅子,加藤晴朗,西沢 理. Etiology of priapism in Japan.第93回泌尿器科学会総会,東京都,2005/4/16
  23. 杵渕芳明,田辺智明,川上雅子,加藤晴朗,石塚 修,井川靖彦,西沢 理,小口和浩. 精巣腫瘍におけるFDG-PETの有用性の検討.第43回癌治療学会,名古屋市,2005/10/26
  24. 杵渕芳明,今村哲也,井上博夫,西沢 理,崔 麗,城倉浩平,佐々木克典. コラーゲン膜を用いたES細胞からの上皮・間質組織誘導の試み.第4回日本再生医療学会, 大阪市,2005/3/2
  25. 杵渕芳明,野口 渉,入江恭子,中山 剛,加藤晴朗,西沢 理. 血清CEA,ProGRPが高値を示した,再燃前立腺癌の1例.第70回日本泌尿器科学会東部総会,花巻市,2005/9/30
  26. 杵渕芳明,田辺智明,川上雅子,加藤晴朗,石塚 修,井川靖彦,西沢 理,小口和浩. 精巣腫瘍におけるFDG-PETの有用性の検討.第9回信州泌尿器科腫瘍研究会,松本市,2005/11/19
  27. 斎藤信人,古屋聖児,古屋亮児,小倉 啓,加藤晴朗,高橋 聡. 成人男性骨盤内正中嚢法の分類.第19回日本EE学会総会,東京都,2005/11/9-11
  28. 三村裕次,永井 崇,井上博夫,石塚 修,西沢 理. 腹腔鏡下に両側性腺摘出した精巣性女性化症候群の1例. 第70回日本泌尿器科学会東部総会,花巻市,2005/9/28

学会発表 国内学会 【講演】

  1. 石塚 修. 高齢者の排尿障害に対する健康管理. 桐生市医師会学術講演会(日本医師会生涯教育講座)(日本医師会産業医研修会),主催:桐生市医師会,桐生市,2005/1/26
  2. 石塚 修. 夜間頻尿を科学する. 長岡市医師会学術講演会,主催:長岡市医師会,長岡市,2005/9/16
  3. 石塚 修. 「おしっこ」と「睡眠」.上伊那医療セミナー. 主催:上伊那医師会,伊那市,2005/11/19

論文 著書 【欧文】

  1. Igawa Y. Neurophysiology. ICS Course 4, Neurourology Advanced Course. Ed. Wyndaele JJ, 2005, pp1-12
  2. Wyndaele JJ, Castro D, Madersbacher H, Chartier-Kastler E, Igawa Y, Kovindha A, Radziszezwski P, Stone A, Wiesel P. Neurogenic Urinary and Faecal Incontinence. In Incontinence. Eds: Abrams P, Cardozo L, Khoury S and Wein A, 2005, pp59-1162

論文 著書 【邦文】

  1. 井川靖彦,柿崎秀宏,後藤百万,百瀬 均,横山 修,関 成人,近藤厚生. 二分脊椎症の伴う下部尿路機能障害の診療ガイドライン.過活動膀胱診療ガイドライン.日本排尿機能学会編, 日本泌尿器科学会推薦,2005, pp67-79
  2. 井川靖彦. アトロピン抵抗性膀胱収縮と排尿障害.排尿障害のマネージメントQ&A,2005
  3. 井川靖彦. 尿失禁の原因と治療法.わたくしたちの健康読本.長野県医師会広報委員会編, 長野県医師会発行,2005
  4. 小川輝之,石塚 修,西沢 理. 排尿障害治療薬.新薬展望2006 医薬ジャーナル(増刊),2005, pp334-339
  5. 柿崎秀宏, 井川靖彦,後藤百万,武田正之,長谷川友紀,小柳知彦. 慢性期脊髄損傷における排尿障害の診療ガイドライン.過活動膀胱診療ガイドライン. 日本排尿機能学会編, 日本泌尿器科学会推薦, 2005, pp57-65
  6. 西沢 理. 失禁・排尿障害・泌尿器科疾患.現代老年精神医療.武田雅俊編集.永井書店, 2005, pp414-7
  7. 西沢 理. 排尿障害.症状から診る内科疾患.渡辺純夫,澤田賢一編集.メディカルレビュー社,2005, pp270-2
  8. 西沢 理. 43.尿路・泌尿器用薬.ポケット版治療薬UP-TO-DATE 2005.矢崎義雄監修,松澤佑次,永井良三,奥村勝彦編, メディカルレビュー社, 2005, pp435-7
  9. 西沢 理. 尿失禁 今日の治療指針2005, 2005, pp806-7
  10. 西沢 理,井川靖彦,石塚 修. 神経因性膀胱 脊椎・脊髄疾患 末梢神経・自律神経疾患 脳神経外科学大系 11.山浦 晶編, 中山書店,2005, pp194-200
  11. 吉田正貴,井川靖彦,小原健司,関 成人. 薬物療法.過活動膀胱診療ガイドライン.日本排尿機能学会編, 日本泌尿器科学会推薦,2005, pp33-45

論文 原著 【欧文】

  1. Elhilali MM, Khaled SM, Kashiwabara T, Elzayat E, Corcos J. Sacral neuromodulation: long-term experience of one center. Urology. 2005; 65(6): 1114-7
  2. Elzayat E, Khaled S, Kashiwabara T, Elhilali M, Corcos J. Effect of the potassium channel opener WAY-133537 on the overactive bladder of spinalized rats. Neurourol Urodyn. 2005; 25(7): 808-14
  3. Furuya S, Kato H. A clinical entity of cystic dilation of the utricle associated with hemospermia. J Urol. 2005; 174: 1039-42
  4. Ishizuka O, Tanabe T, Nakayama T, Kawakami M, Kinebuchi Y, Nishizawa O. Prostate-specific antigen, Gleason sum and clinical T stage for predicting the need for radionuclide bone scan for prostate cancer patients in Japan. Int J Urol. 2005; 12: 728-32
  5. Ishizuka O, Mimura Y, Oguchi T, Kawakami M, Nishizawa O. Importance of transition zone prostate biopsies in patients with gray-zone PSA levels undergoing the ultrasound-guided systematic ten-biopsy regimen for the first time. Urol Int. 2005; 74: 23-6
  6. Kato H. Re: The nature of urethral injury in case of pelvic fracture in case of pelvic fracture urethral trauma. (Letters to the Editor) J Urol. 2005; 173: 324
  7. Kato H, Hayama M, Furuya S, Kobayashi S, Islam AM, Nishizawa O. Anatomical and histological studies of so-called Mullerian duct cyst. Int J Urol. 2005; 12: 465-8
  8. Kato H. Re: Rectosigmoidal bladder utilizing intussuscepted ileal segment: a surgical technique for urinary diversion and experience in 30 patients. (Letters to the Editors) Int J Urol. 2005;12:783
  9. Kato H, Igawa Y, Furuya S, Nishizawa O. Mullerian duct remnant involving Wolffian system: a case report and literature review. Acta Urol Jpn. 2005; 51(5): 339-42
  10. Kato H, Kobayashi S, Islam AM, Nishizawa O. Female para-urethral adenocarcinoma: histological and immunohistochemical study. Int J Urol. 2005; 12, 117-9
  11. Kinebuchi Y, Noguchi W, Igawa Y, Nishizawa O. Recurrent retroperitoneal malignant nerve sheath tumor associated with neurofibromatosis type 1 responding to carboplatin and etoposide combined chemotherapy. Int J Clin Oncol. 2005; 10(5): 353-6
  12. Seki S, Erickson KA, Seki M, Nishizawa O, Igawa Y, Ogawa T, de Groat WC, Chancellor MB, Yoshimura N. Elimination of rat spinal neurons expressing neurokinin 1 receptors reduces bladder overactivity and spinal c-fos expression induced by bladder irritation. Am J Physiol Renal Physiol. 2005; 288: F466-73

論文 原著 【邦文】

  1. 井川靖彦, 柿崎秀宏, 後藤百万, 百瀬 均, 横山 修, 関 成人, 近藤厚生. 二分脊椎症に伴う下部尿路機能障害の診療ガイドライン. 日本脊髄障害医学会雑誌. 2005, 18(1):230-1
  2. 石塚 修, 関 聡, 井川靖彦, 西沢 理. ラットにおける酢酸誘発膀胱過活動における牛車腎気丸の抑制作用の検討. 日本脊髄障害医学会雑誌. 2005, 18(1):168-9
  3. 市野みどり, 井川靖彦, 関 聡, 永井 崇, 石塚 修, 西沢 理. 二分脊椎乳児の尿路管理における早期video-urodynamic study (V-UDS)の有用性の検討. 日本脊髄障害医学会雑誌. 2005, 18(1):234-5
  4. 加藤晴朗, 井川靖彦, 西沢 理. Yang-Monti法を用いた自己導尿型尿路変向術. 臨床泌尿器科. 2005, 59(8): 571-81

論文 総説 【邦文】

  1. 井川靖彦, 柿崎秀宏, 後藤百万, 百瀬 均, 横山 修, 関 成人, 近藤厚生. 二分脊椎症に伴う下部尿路機能障害の診療ガイドライン作成委員会. 二分脊椎症に伴う下部尿路機能障害の診療ガイドライン. 日本排尿機能学会誌. 2005, 16(2):260-9
  2. 井川靖彦. 【排尿障害に関する診療ガイドライン】二分脊椎症における排尿障害の診療ガイドライン. 排尿障害プラクティス. 2005, 13(2):126-34
  3. 井川靖彦, 市野みどり, 関 聡, 西沢 理. 【泌尿器科疾患 最新の治療方針とトピックス】下部尿路疾患 神経因性膀胱における尿失禁の管理と外科的治療. 小児科診療. 2005, 68(9): 96-105
  4. 井川靖彦, 加藤晴朗, 西沢 理. 手術手技 尿路変向・膀胱拡大術 S状結腸利用膀胱拡大術. 臨床泌尿器科. 2005, 59(13):1009-17
  5. 石塚 修. 前立腺癌検診への取り組み. 長野医報. 2005, 21:308
  6. 石塚 修. 松本市前立腺癌検診. 松本市医師会報. 2005, 440:11-2
  7. 石塚 修. 要介護高齢者の排泄ケア. ―排尿障害の非薬物療法. 介護施設入所者の失禁を減らすのにPrompted voidingは有効. Gpnet. 2005, 52(1):20-1
  8. 石塚 修. 要介護高齢者の排泄ケア ―排尿障害の非薬物療法. 切迫性, 腹圧性の尿失禁には膀胱訓練は有効, 認知症に伴う尿失禁には今後の検討が必要. Gpnet. 2005, 52(1):22-3
  9. 石塚 修. 前立腺肥大症の薬物療法の継続性について. 日本医事新報. 2005, 4223:95-6
  10. 石塚 修, 田辺智明, 中山 剛, 今村哲也, 市野みどり, 関 聡, 井川靖彦, 西沢 理. いま夜間頻尿を科学する. 日常診療に役立つ夜間頻尿の診断・治療のアルゴリズム. Urology View. 2005, 3(5):32-5
  11. 石塚 修. 泌尿器科学と排泄学. 松本市医師会報. 2005, 450:14-5
  12. 市野みどり, 井川靖彦, 西沢 理. 排尿障害の病態とウロダイナミックス. 治療学. 2005, 39(11): 27-30
  13. 大島伸一, 西沢 理. EBMに基づく尿失禁診療ガイドライン ―特に女性尿失禁診療ガイドラインを中心に― . 成人病と生活習慣. 2005, 35(12):1379-82
  14. 小川輝之, 井川靖彦, 関 聡, 西沢 理. 【頻尿・尿失禁 高齢社会と排尿障害を考える】頻尿・尿失禁 排尿障害をきたす疾患 薬物と排尿障害. カレントセラピー. 2005, 24(1):61-5
  15. 柿崎秀宏, 井川靖彦, 後藤百万, 武田正之, 長谷川友紀, 小柳知彦, 荒木勇雄, 石塚 修, 加藤久美子, 木元康介, 佐藤智哉, 柴田 隆, 田中 博, 前澤浩明, 吉川羊子. 慢性期脊髄損傷における排尿障害の診療ガイドライン作成委員会. 慢性期脊髄損傷における排尿障害の診療ガイドライン. 日本排尿機能学会誌. 2005, 16(2):253-59
  16. 加藤晴朗. 失敗学のすすめ. 信州医誌53. 2005, ブックシェルフ:40
  17. 関 聡, 井川靖彦. 【実践! 泌尿器ケアBASIC】泌尿器疾患・症状の基礎知識 主要疾患の基礎知識 尿失禁. 泌尿器ケア. 2005, 夏季増刊:150-5
  18. 関 聡, 井川靖彦. 【実践! 泌尿器ケアBASIC】泌尿器疾患・症状の基礎知識 主要疾患の基礎知識 神経因性膀胱. 泌尿器ケア. 2005, 夏季増刊:139-49
  19. 関 聡. 前立腺がん患者の看護 前立腺がんの理解. クリニカルスタディ. 2005, 26(11):863-8
  20. 関 聡. 脊髄損傷に伴う排尿障害の治療 Breaking the circuit. 日本脊髄障害医学会雑誌. 2005, 18(1):20-1
  21. 西沢 理, 横山光彦, 吉田 実. 座談会 過活動膀胱(OAB)と漢方治療 ―牛車腎気丸を中心に. 漢方医学. 2005, 29(3):102-1
  22. 西沢 理, 石塚 修, 井上博夫. 中高年女性の尿失禁とその対策 (特集 女性の排尿障害とその対策). 産婦人科治療. 2005, 91(4):385-91
  23. 西沢 理, 石塚 修. 男性の尿失禁:その診断と治療 (特集 尿失禁--ホームドクターのための診断と治療). 性差と医療. 2005, 2(4):417-21
  24. 西沢 理, 井川靖彦, 石塚 修, 加藤晴朗, 関 聡. 尿失禁における排尿障害の診療ガイドライン. . 排尿障害プラクティス. 2005, 13(2): 22-9
  25. 西沢 理, 石塚 修. 【尿失禁 ホームドクターのための診断と治療】男性の尿失禁 その診断と治療. 性差と医療. 2005, 2(4):417-21
  26. 西沢 理, 井川靖彦, 石塚 修, 加藤晴朗, 関 聡. 排尿障害に関する診療ガイドライン 尿失禁における排尿障害の診療ガイドライン. 排尿障害プラクテイス. 2005, 13(2): 110-7
  27. 西沢 理. ここが聞きたい ―泌尿器科外来における対処と処方 2. 神経因性膀胱障害と尿失禁・排尿障害 35. 尿道留置カテーテルが留置されているADL不良の尿閉状態の患者です. 対処と処方について教えて下さい. 臨床泌尿器科. 2005, 59(4):128-9
  28. 西沢 理. ここが聞きたい ―泌尿器科外来における対処と処方 2. 神経因性膀胱障害と尿失禁・排尿障害 36. 排尿障害で受診した糖尿病患者です. エコー上多くの残尿を認めます. 対処と処方について教えて下さい. 臨床泌尿器科. 2005, 59(4):130-2
  29. 西沢 理. ここが聞きたい ―泌尿器科外来における対処と処方 2. 神経因性膀胱障害と尿失禁・排尿障害 37. 排尿障害で受診した糖尿病患者です. 前立腺肥大と巨大な膀胱憩室を合併しています. 対処と処方について教えて下さい. 臨床泌尿器科. 2005, 59(4):133-5
  30. 西沢 理. ガイドラインに基づいた前立腺肥大症に伴う排尿障害に対する外来における診断と薬物治療について. Clinic magazine. 2005, 2005年11月号:25-9
  31. 西沢 理, 杵渕芳明, 田辺智明, 中山 剛. 薬剤師のための臨床講座 下部尿路障害. Pharmavision. 2005, 9(12): 2-8
  32. 山口 脩, 西沢 理, 武田正之, 横山 修, 本間之夫, 柿崎秀宏, 小原健司, 後藤百万, 井川靖彦, 関 成人, 吉田正貴. 過活動膀胱ガイドライン作製委員会. 【排尿障害に関する診療ガイドライン】過活動膀胱における排尿障害の診療ガイドライン. 排尿障害プラクティス. 2005, 13(2):118-25
  33. 山口 脩, 西沢 理, 武田正之, 横山 修, 本間之夫, 柿崎秀宏, 小原健司, 後藤百万, 井川靖彦, 関 成人, 吉田正貴. 過活動膀胱診療ガイドライン. 日本排尿機能学会誌. 2005, 16(2):225-52

論文 症例報告 【欧文】

  1. Higuchi M, Hata T, Furuya S, Hosaka S, Kamijo Y, Kiyosawa K, Ishizuka O, Nishizawa O, Hora K. Epstein-Barr virus-related primary central nervous system lymphoma after cadaveric renal transplantation improved by treatment with high-dose methotrexate followed by irradiation . Nephrology (Carlton). 2005; 10: 321-4
  2. Kato H, Hayashi K, Saida T, Kontani K, Nishizawa O. Urethral advancement procedure for reconstruction after excision of male parameatal melanoma in situ. Urol Int. 2005; 74(2): 183-4

受賞

  • 飯島和芳
    第93回日本泌尿器科学会総会賞「羊膜を使用した膀胱拡大術:ラットでの形態学的,機能的検討」
  • 市野みどり
    第12回日本排尿機能学会賞(臨床編)「乳幼児原発性VURの自然改善因子のVideo-urodynamic study(V―UDS)による解析