教室について

研究・業績 2004年

2004年の目標

EBMの実践

学会発表 国際学会

  1. Ishizuka O, Kinebuchi Y, Kawakami M, Nishizawa O. Prostate-specific antigen and gleason sum for predicting the need for radionuclide bone scan fpr prostate cancer in Japanese. The 27th Congress of the Societe Internationale d'Urologie, Hawaii, 2004
  2. Ichino M, Igawa Y, Seki S, Ishizuka O, Nishizawa O. Video-urodynamic findings in neurologically normal infants with and without vesicoureteral reflux. The 1st Korea-Japan joint meeting on lower urinary tract dysfunction, Tokyo, 2004
  3. Ichino M, Igawa Y, Seki S, Ishizuka O, Nishizawa O. Video-urodynamic patterns in neurologically normal infants with and without vesicoureteral reflux. The 34th Annual Meeting of International Continence Society, Paris, 2004
  4. Kawakami M, Kato H, Nishizawa O. Etiology of priapism in Japan. The 27th Congress of the Societe Internationale d'Urologie, Hawaii, 2004
  5. Nishiguchi J, Sasaki K, Seki S, Chancellor MB, de Groat WC, Kumon H, Yoshimura N. Targeting isolectin B4-binding C-fiber afferent neurons in dorsal root ganglia for the treatment of neurogenic detrusor overactivity in spinal cord injury. 2004 AUA Annual Meeting, San Francisco, 2004
  6. Nishizawa O. Urinary bladder receptors. What we know ? Beta adrenergic receptors. The 13th Annual Meeting of Korean Society for Smooth Muscle Research (Korea-Japan Joint Symposium Overactive bladder. From promise to practice) Seoul, 2004
  7. Nishizawa O. Newer pharmacological trends. The 13th Annual Meeting of Korean Society for Smooth Muscle Research (Korea-Japan Joint Symposium Overactive bladder. From promise to practice) Seoul, 2004
  8. Seki S, Erickson KA, Seki M, Nishizawa O, Chancellor MB, de Groat WC, Yoshimura N. Targeting spinal neurokinin 1 receptor-expressing neurons for the treatment of neurogenic detrusor overactivity in spinal cord injury. 2004 AUA Annual Meeting, San Francisco, 2004
  9. Zhang X, Igawa Y, Ishizuka O, Nishizawa O, Andersson K-E. Effects of intravesical TNP-ATP, a P2X3 purinoceptor antagonist, on micturition and ATP-induced bladder overactivity in conscious rats. The 34th Annual Meeting of International Continence Society, Paris,2004

学会発表 国内学会 【教育講演,特別講演,シンポジウム等】

  1. 井川靖彦. 尿失禁の診療の実際.第92回日本泌尿器科学会総会 生涯教育プログラム「神経泌尿器・尿失禁」, 大阪市,2004/4/10-13
  2. 井川靖彦. 夜間頻尿の病態と治療.第92回日本泌尿器科学会総会 シンポジウム「腎機能・排尿機能評価と診断」, 大阪市,2004/4/10-13
  3. 井川靖彦. 尿失禁・大便失禁合併例に対する手術療法の実際.第18回小児ストーマ排泄研究会 シンポジウム「小児排泄管理の新しい展開」,2004
  4. 井川靖彦,関 聡,市野みどり,加藤晴朗. 腎盂形成術前後の分腎機能の推移からみた検討.第13回日本小児泌尿器科学会 シンポジウム「腎盂尿管移行部狭窄症に対する手術適応」,豊中市, 2004/7/8-10
  5. 井川靖彦,市野みどり,関 聡,加藤晴朗,石塚 修,西沢 理. 消化管利用膀胱拡大術後の膀胱機能の経時的変化.第46回日本平滑筋学会 シンポジウム 「Neuro-Uro-Gastroenterology」,東京都, 2004/7/8-10
  6. 井川靖彦. 高齢男性のUrge Syndromeの診断と治療.第69回日本泌尿器科学会東部総会 教育講演, 東京都,2004/9/22-24
  7. 井川靖彦. BPHにおけるOAB治療最前線.第56回日本泌尿器科学会西日本総会 教育講演,大分市, 2004/11/11-13
  8. 井川靖彦. 広汎子宮全摘出術後の排尿障害の病態と治療.第5回日本ウロギネコロジー研究会 特別講演,大阪市, 2004/5/22-23
  9. 石塚 修. 過活動膀胱について.第6回埼玉老年泌尿器研究会,2004
  10. 石塚 修,張 暁陽,田辺智明,佐藤智哉,西沢 理. ミニシンポジウム.OABに対する漢方治療の現状と可能性.OABにおけるC線維活動と牛車腎気丸による抑制作用の検討. 第22回泌尿器漢方研究会,大阪市, 2004/4/11
  11. 石塚 修. 基本手技および腹腔鏡下副腎摘出術.第1回信州泌尿器科腹腔鏡教育プログラム,松本市, 2004

学会発表 国内学会 【一般演題】

  1. 井川靖彦,石塚 修,関 聡,市野みどり,佐藤智哉,西沢 理. 間質性膀胱炎に対するレジニフェラトキシン膀胱内注入療法の経験.第92回日本泌尿器科学会, 大阪市,2004/4/10-13
  2. 井川靖彦,柿崎秀宏,後藤百万,百瀬 均,横山 修,関 成人,近藤厚生. 二分脊椎症に伴う下部尿路機能障害の診療ガイドライン.第39回日本脊髄障害医学会, 東京都, 2004/11/5-6
  3. 井川靖彦,関 聡,市野みどり,佐藤智哉,石塚 修,西沢 理. 内尿道切開術が有効であったnon-neurogenic voiding dysfunctionの女児例.第11回日本排尿機能学会, 東京都, 2004/10/13-15
  4. 石塚 修,張 暁陽,田辺智明,中山 剛,市野みどり,関 聡,井川靖彦,西沢 理. 酢酸膀胱内注入により誘発された膀胱過活動におけるC線維活動と牛車腎気丸による抑制作用の検討.第11回日本排尿機能学会, 東京都, 2004/10/13-15
  5. 石塚 修. 張 暁陽,田辺智明,中山 剛,市野みどり,関 聡,井川靖彦,西沢 理. ラットにおける酢酸誘発膀胱過活動における牛車腎気丸の抑制作用の検討.第39回日本脊髄障害医学会,東京都, 2004/11/5-6
  6. 石塚 修,小口智彦,田辺智明,野口 渉,杵渕芳明,川上雅子,西沢 理. 前立腺特異抗原値がGray Zone (4.0-9.9 ng/ml)の症例におけるTranzition Zone 生検の意義の検討.第42回日本癌治療学会,京都市, 2004/10/27-29
  7. 石塚 修,小口智彦,田辺智明,野口 渉,川上雅子,西沢 理. 透析腎癌患者におけるインターロイキン2投与後の血中濃度についての検討.第42回日本癌治療学会,京都市, 2004/10/27-29
  8. 石塚 修,小口智彦. 褐色細胞腫の診断にて腹腔鏡下副腎摘出術を施行した症例の検討.第17回内視鏡外科学会総会,横浜市, 2004/11/24-26
  9. 市野みどり,井川靖彦,関 聡,佐藤智哉,中沢昌樹,永井 崇,石塚 修,西沢 理. 二分脊椎症児における生後早期からのvideo-urodynamic studyの有用性についての検討.第92回日本泌尿器科学会, 大阪市,2004/4/10-13
  10. 市野みどり,井川靖彦,関 聡,石塚 修,西沢 理. 乳幼児の高圧排尿の要因についての検討;尿道カテーテルの影響.第11回日本排尿機能学会, 東京都, 2004/10/13-15
  11. 市野みどり,井川靖彦,関 聡,永井 崇,石塚 修,西沢 理. 二分脊椎症乳児の尿路管理における早期 video-urodynamic study(V-UDS)の有用性の検討.第39回日本脊髄障害医学会, 東京都, 2004/11/5-6
  12. 市野みどり,井川靖彦,関 聡,加藤晴朗. 乳幼児のurodynamic stydyにおける排尿時排尿筋圧に対する尿道カテーテルの影響.第13回日本小児泌尿器科学会,豊中市, 2004/7/8-10
  13. 川上雅子,小林晋也,石塚 修,西沢 理. 信州大学病院における前立腺癌患者の年代別治療経過.第92回日本泌尿器科学会, 大阪市,2004/4/10-13
  14. 川上雅子,加藤晴朗,西沢 理. Arterial priapismの診断―2症例を経験して困ったこととAUAガイドライン.第56回日本泌尿器科学会西日本総会,大分市, 2004/11/11-13
  15. 杵渕芳明,飯島和芳,井上博夫,加藤晴朗,井川靖彦,西沢 理,今村哲也,城倉浩平,佐々木克典. コラーゲン膜を用いたES細胞からの上皮,間質組織誘導の試み.第92回日本泌尿器科学会総会, 大阪市,2004/4/10-13
  16. 杵渕芳明,小林晋也,加藤晴朗,石塚 修,井川靖彦,西沢 理. 信州大学医学部附属病院におけるイムネースの使用経験.第1回信州腎癌研究会,2004
  17. 杵渕芳明,野口 渉,小口智彦,小泉孔二,山岸貴裕,永井 崇,井川靖彦,西沢 理. Neurofibromatosis type1 に合併した後腹膜原発MPNSTの1例.第42回日本癌治療学会,京都市, 2004/10/27-29
  18. 関 聡. Immunoneutralization of nerve growth factor (NGF) in lumbosacral spinal cord reduces bladder hyperreflexia in spinal cord injured rats.第92回日本泌尿器科学会総会, 大阪市,2004/4/10-13
  19. 関 聡,Kristin A Erickson,西沢 理,Michaell B Chancellor,関 昌子,William C de Groat,吉村直樹. 脊髄後角ニューロキシン1受容体発現神経細胞の選択的破壊による脊髄損傷ラット排尿筋過活動抑制効果.第11回日本排尿機能学会, 東京都, 2004/10/13-15
  20. 関 聡. 脊髄損傷に伴う排尿障害の治療. Breaking the circuit.第39回日本脊髄障害医学会, 東京都, 2004/11/5-6
  21. 西口 潤,横山光彦,佐々木克己,関 聡,Chancellor Michael B,吉村直樹,公文裕己. 排尿筋過反射に対する選択的ニューロトキシン ISOLECTIN B4-SAPORIN CONJUGATE を用いた抑制効果の検討.第11回日本排尿機能学会, 東京都, 2004/10/13-15
  22. 三村裕次,三澤俊一,菅谷文彦,石田武彦,北沢公男,伊那消防組合. ワークステーション方式を試行して.南信救命救急研究会,2004

学会発表 国内学会 【講演】

  1. 石塚 修. 中高年からのおしっこの悩み. 信州大学出前講座12 (主催: 長野県豊科町), 2004
  2. 石塚 修. 看護セミナー:腎臓移植の術式と看護, (主催: 信州大学医学部附属病院看護部), 2004
  3. 石塚 修. 前立腺がんと及び前立腺がん検診について. (主催: 松本市在宅看護職,健康課職員研修会), 2004
  4. 関 聡. 排尿のメカニズム: 排尿障害とは? 診断,治療,管理. 第8回長野県コンチネンスセミナー, 2004
  5. 関 聡. これだけは知っておきたい排尿と薬の話. くらしのケアー講座, 2004
  6. 関 聡. 泌尿器系ストーマの造設を要する疾患と術式: 尿路変更術の種類とその適応. 第5回甲信ストマリハビリテーション講習会, 2004
  7. 関 聡. オストメイトの排尿障害と性機能障害. 第5回甲信ストマリハビリテーション講習会, 2004

論文 著書 【欧文】

  1. Seki S, Yoshimura N, Nishizawa O. Pathologies of the Basal Ganglia, such as Parkinson's and Huntington's disease in Textbook of the Neurogenic Bladder, Adults and Children. Textbook of the Neurogenic Bladder: Adults and Children, 2004
  2. Yoshimura N, Seki S, Chancellor MB. Integrated physiology of the lower urinary tract in Textbook of the Neurogenic Bladder: Adults and Children. Textbook of the Neurogenic Bladder: Adults and Children, 2004

論文 著書 【邦文】

  1. 井川靖彦. 検査.女性の泌尿器障害と骨盤底再建.福井準之助,永田一郎編,2004, pp70-80
  2. 井川靖彦. 尿失禁の手術. 尿道下吊り上げ術.イラストレイテッド泌尿器科手術 臨床泌尿器科 58(No.4増刊号) .村井 勝編,2004, pp130-7
  3. 井川靖彦,石塚 修. レジデントのための下部尿路機能ポケットマニュアル.西沢 理監修,2004
  4. 石塚 修. EBMに基づく尿失禁診療ガイドライン. 2004, pp57-78
  5. 石塚 修,西沢 理. 尿失禁をおこすメカニズムと分類法について.プライマリケアのための高齢者尿失禁のマネジメント.福井準之助企画,2004, pp18-21
  6. 石塚 修,西沢 理. 高齢者の尿失禁の診断法の基本.プライマリケアのための高齢者尿失禁のマネジメント. 福井準之助企画,2004, pp31-6
  7. 石塚 修. Ⅲ各論 A.失禁 1.尿失禁 D.治療 2.手術的療法 a.術前準備.女性の泌尿器障害と骨盤底再建.福井準之助,永田一郎編,2004, pp170-4
  8. 石塚 修,井川靖彦,西沢 理. Ⅲ各論 A.失禁 1.尿失禁 D.治療 2.手術的療法 f.膀胱拡大術.女性の泌尿器障害と骨盤底再建.福井準之助,永田一郎編,2004, 236-9
  9. 西沢 理. 各種尿道カテーテルとその管理.今日の治療指針,2004
  10. 西沢 理. 尿路,泌尿器用薬.治療薬Up-to-Date 2004.松澤祐次,永井良三,奥村勝彦編,2004, pp426-8

論文 原著 【欧文】

  1. Igawa Y, Zhang X, Nishizawa O, Umeda M, Iwata A, Taketo MM, Manabe T, Matsui M, Andersson KE. Cystometric findings in mice lacking muscarinic M2 or M3 receptors. J Urol. 2004; 172(6): 2460-4
  2. Irie K, Ishizuka O, Yokoyama H, Kinebuchi Y, Satoh T, Nishizawa O. Resection of local recurrence of renal cell carcinoma in a hemodialysis patient 6 years after radical nephrectomy. Int J Urol. 2004; 11(7): 550-2
  3. Ishizuka O, Misawa K, Nakazawa M, Nishizawa O. A retroperitoneal bronchogenic cyst: laparoscopic treatment. Urol Int. 2004; 72: 269-70
  4. Islam AH, Ehara T, Kato H, Hayama M, Nishizawa O. Loss of calponin h1 in renal angiomyolipoma correlates with aggressive clinical behavior. Urology. 2004; 64(3): 468-73
  5. Islam AH, Ehara T, Kato H, Hayama M, Kashiwabara T, Nishizawa O. Angiomyolipoma of kidney involving the inferior vena cava. Int J Urol. 2004; 11(10): 897-902
  6. Islam AH, Ehara T, Kato H, Hayama M, Kobayashi S, Igawa Y, Nishizawa O. Calponin h1 expression in renal tumor vessels: correlations with multiple pathological factors of renal cell carcinoma. J Urol. 2004; 171(3): 1319-23
  7. Kato H, Kiyokawa H, Inoue H, Kobayashi S, Nishizawa O. Anatomical reconsideration to renal area: lessons learned from radical nephrectomy or adrenalectomy through a minimal incision over the 12th rib. Int J Urol. 2004; 11(9): 709-13
  8. Kato H, Hayama M, Kobayashi M, Ota H, Nishizawa O. Large intestinal type-urachal adenocarcinoma with focal expression of prostatic specific antigen. Int J Urol. 2004; 11(11): 1033-5
  9. Kato H, Igawa Y, Nishizawa O. The same-pedicle concept for continent urinary diversion using a Yang-Monti reconfigured tube. Urol Int. 2004; 72(4): 312-7
  10. Kato H, Kobayashi S, Kawakami M, Inoue H, Iijima K, Nishizawa O. Reconstruction of posterior urethral disruption: tips for success from our experience and from a literature review. Acta Urol Jpn. 2004; 50(10): 729-35
  11. Kawakami M, Igawa Y, Inoue H, Koizumi K, Nishizawa O. Rupture of urachal diverticulum in radiation cystitis and neurogenic bladder dysfunction after radical hysterectomy. Int J Urol. 2004; 11: 919-21
  12. Kousai A, Mizuno R, Ikomi F, Ohhashi T. ATP inhibits pump activity of lymph vessels via adenosine A1 receptor-mediated involvement of NO- and ATP-sensitive K+ channels. Am J Physiol Heart Circ Physiol. 2004; 287(6): H2585-97
  13. Minagawa T, Furuhata M, Hirabayashi N, Sato T, Kato H. Renal pelvic urothelial carcinoma in horseshoe kidney. Acta Urol Jpn. 2004; 50(6): 439-42
  14. Minagawa T, Sato T, Furuhata M, Hirabayashi N, Kato H. Extra-adrenal pheochromocytoma (paraganglioma) of the urinary bladder: a case report. Acta Urol Jpn. 2004; 50(11): 787-90
  15. Mizusawa H, Komiyama I, Ueno Y, Maejima T, Kato H. Squamous cell carcinoma in the renal pelvis of a horseshoe kidney. Int J Urol . 2004; 9: 782-4
  16. Nishiguchi J, Sasaki S, Seki S, Chancellor MB, Erickson KA, de Groat WC, Kumon H, Yoshimura N. Effects of isolectin B4-conjugated saporin, a targeting cytotoxin, on bladder overactivity induced by bladder irritation. European Journal of Neuroscience.. 2004; 20(2): 474-82
  17. Ogawa T, Kamo I, Pflug BR, Nelson JB, Seki S, Igawa Y, Nishizawa O, de Groat WC, Chancellor MB, Yoshimura N. Differential roles of peripheral and spinal endothelin receptors in the micturition reflex in rats. J Urol. 2004; 172(4): 1533-7
  18. Seki S, Sasaki K, Igawa Y, Nishizawa O, Chancellor MB, De Groat WC, Yoshimura N. Suppression of detrusor-sphincter dyssynergia by immunoneutralization of nerve growth factor in lumbosacral spinal cord in spinal cord injured rats. J Urol. 2004; 171: 478-82
  19. Takahashi A, Tsukamoto T, Tobisu K, Shinohara N, Sato K, Tomita Y, Komatsubara S, Nishizawa O, Igarashi T, Fujimoto H, Nakazawa H, Komatsu H, Sugimura Y, Ono Y, Kuroda M, Ogawa O, Hirao Y, Hayashi T, Arai Y, Ueda S, Nakagawa M. Radical cystectomy for invasive bladder cancer: results of multi-institutional pooled analysis. Jpn J Clin Oncol. 2004; 34: 14-9

論文 原著 【邦文】

  1. 石塚 修, 柏原 剛, 西沢 理, 井川靖彦, 佐藤智哉, 市野みどり, 小林晋也, 加藤晴朗, 川上雅子, 井上博夫, 紺谷和彦. 塩酸テラゾシンの排尿障害および血圧に及ぼす影響. 泌尿器外科. 2004, 17(3): 223-9
  2. 石塚 修, 佐藤智哉, 水野秀紀, 水沢弘哉, 関 聡, 西沢 理. 肺転移巣切除術を併用した化学療法にて完全寛解となった難治性進行性精巣絨毛癌の1例. 癌と化学療法. 2004, 31(2):263-5
  3. 川上雅子, 井上博夫, 小泉孔二. 自然破裂した傍腎盂嚢胞. 臨床泌尿器科. 2004, 58:258-9

論文 総説 【邦文】

  1. 井川靖彦. 尿失禁の手術:尿道下吊り上げ術. 臨床泌尿器科. 2004, 58(No. 4増刊号):130-7
  2. 井川靖彦, 西沢 理. 【難治性・慢性排尿障害の実際】膀胱内注入療法. Urology View. 2004, 2(5): 70-6
  3. 井川靖彦, 西沢 理. 【過活動膀胱up to date】過活動膀胱の外科的療法. 排尿障害プラクティス. 2004, 12(3):207-11
  4. 井川靖彦, 関 聡, 市野みどり, 西沢 理. 小児泌尿器科手術:先天性水腎症の手術. Urology View. 2004, 2(3): 80-9
  5. 井川靖彦. 国際尿失禁会議からの報告:外科的治療. 排尿障害プラクティス. 2004, 12(1): 84-9
  6. 井川靖彦. 【前立腺肥大症の薬物治療戦略を検証する】過活動膀胱症状を有する前立腺肥大症患者の治療戦略 病態と診断の現状. 新薬と治療. 2004, 54(6):9-12
  7. 井川靖彦. 【イラストレイテッド泌尿器科手術】尿失禁の手術 尿道下吊り上げ. 臨床泌尿器科. 2004, 58(4):130-7
  8. 井川靖彦, 関 聡, 市野みどり, 西沢 理. 【小児泌尿器科診療のエッセンス】小児泌尿器科手術 先天性水腎症の手術. Urology View. 2004, 2(3):85-9
  9. 石塚 修, 井川靖彦, 関 聡, 市野みどり, 田辺智明, 中山 剛, 西沢 理. 過活動膀胱の発生における mechano-afferent transduction 理論(2) タキキニン受容体とプロスタグランディン. 排尿障害プラクティス. 2004, 12(4):276-83
  10. 石塚 修. ブックシェルフ「平静の心」. 信州医誌. 2004, 52(4): 270
  11. 石塚 修, 西沢 理. 【前立腺生検の最前線】前立腺生検の方法 6, 10ヶ所生検. 臨床泌尿器科. 2004, 58(7): 495-9
  12. 石塚 修. 最新のエビデンスに基づく前立腺肥大症の薬物療法;前立腺肥大症を有する下部尿路症状患者におけるQOLの速やかな改善. 山之内製薬株式会社. 2004, 52(5): 408
  13. 石塚 修. ブックシェルフ「排泄学ことはじめ」. 信州医誌. 2004
  14. 石塚 修, 井川靖彦, 関 聡, 市野みどり, 田辺智明, 中山 剛, 西沢 理. 【排尿のメカニズムについての最近の知見 特に排尿の知覚系の諸問題について】過活動膀胱の発生におけるmechano-afferent transduction理論 タキキニン受容体とプロスタグランディン. 排尿障害プラクテイス. 2004, 12(4): 276-283
  15. 石塚 修, 西沢 理. 実地医家外来における前立腺肥大症と前立腺癌の鑑別診断. 日本醫事新報. 2004, 4204:97-8
  16. 小泉孔二, 川上雅子, 井上博夫, 西沢 理. 前立腺全摘除術後にMRSA感染によるDICをきたした1例. 泌尿器外科. 2004, 17(2):143-6
  17. 関 聡, 井川靖彦. 【排尿のメカニズムについての最近の知見 特に排尿の知覚系の諸問題について】過活動膀胱の発生におけるmechano-afferent transduction理論 バニロイド受容体とATP. 排尿障害プラクティス. 2004, 12(4):270-5
  18. 関 聡, 井川靖彦, 西沢 理. 【Urogynecology】Urogynecologyの基礎知識 排尿機能. 臨床婦人科産科. 2004, 58(6):763-7
  19. 関 聡. 【神経栄養因子 その新しい展開】 機能再建と神経栄養因子 脊髄損傷ラットの下部尿路障害における神経成長因子の役割. Clinical Neuroscience(月刊 臨床神経科学). 2004, 22(3):332-4
  20. 西沢 理. 過活動膀胱とは. 歴史を含めて. 自律神経. 2004, 41(3):329
  21. 西沢 理. 【男性更年期障害 その関連領域も含めたアプローチ】男性更年期障害に特に気をつけたい泌尿器疾患 過活動膀胱. Modern Physician . 2004, 24 (3):333-6
  22. 西沢 理. Anal incontinence (肛門失禁)について. 排尿障害プラクティス. 2004, 12 (2):163-7
  23. 西沢 理. 新しい疾患概念 過活動膀胱 PTM最新の疾患別治療マニュアル. Physicians` Therapy Manual. 2004, 7(8)
  24. 西沢 理. 高齢患者に対する薬物療法 排尿障害. MEDICAMENT NEWS. 2004, 1811:15-6
  25. 西沢 理, 井川靖彦, 石塚 修, 加藤晴朗, 関 聡. 【産婦人科医に必要な女性尿失禁の知識】蓄尿と排尿のメカニズム. 産婦人科の実際. 2004, 53(5): 641-7
  26. 西沢 理, 本間之夫, 井川靖彦, 後藤章暢, 高濱和夫. ペースメーカー診療のupdate 過活動膀胱治療の現状と今後の展望 解明されてきた漢方薬 牛車腎気丸の作用. Mebio. 2004, 21(1):128-33
  27. 山口 脩, 西沢 理, 武田正之. 前立腺肥大症患者に対するα1受容体遮断薬と抗コリン薬併用療法に関する実態調査. Progress in Medicine. 2004, 24(8):2025-32