教室について

研究・業績 2003年

学会発表 国際学会 【特別講演・教育講演】

  1. Igawa Y. Potential targets in the treatment of overactive bladder: beta3-adrenoceptors and urothelial afferent transduction in the bladder. The Annual Meeting of Korean Continence Society, Seoul, 2003
  2. Ishizuka O. Treatment of overactive bladder, interstitial cystitis targeting afferent C fibers. Symposium 16;Voiding dysfunction in aging males. The 2th Asian Meeting for International Society for the study of the Aging Male (ISSAM), Taipei, 2003/3/6-9
  3. Nishizawa O. Recent developments in the voiding dysfunction. Seoul, 2003
  4. Nishizawa O. Recent developments in the voiding dysfunction. Taegu, 2003

学会発表 国際学会 【一般演題】

  1. Igawa Y, Zhang X, Umeda M, Iwata A, Nishizawa O, Taketo M, Manabe T, Matsui M, Andersson KE. In vivo and in vitro functional changes of the urinary bladder in mice lacking muscarinic M2 or M3 receptors. The 33th Annual Meeting of the International Continence Society,Florence,2003/10/5-9
  2. Islam M, Ehara T, Kato H, Hayama M, Kobayashi S, Igawa Y, Nishizawa O. Immunohistochemical expression of calponin h1 in renal tumor vessels. correlations with multiple prognostic factors in renal cell carcinoma. 2003 AUA Annual Meeting, Chicago, 2003/4/26-5/1
  3. Seki S, Kuno S, Torimoto K, Nishizawa O, de Groat WC, Chanceller MB, Yoshimura N. Dopaminergic D1 mechanisms underlying lower urinary tract dysfunctions in rats with parkinsonism induced by a unilateral 6-hydroxydopamine infection. 2003 AUA Annual Meeting, Chicago,2003/4/26-5/1
  4. Seki S, Sasaki K, Igawa Y, Nishizawa O, Chancellor M, de Groat W, Yoshimura N. Detrusor overactivity induced by increased levels of nerve growth factor in bladder afferent pathways in rats. The 33th Annual Meeting of the International Continence Society,Florence,2003/10/5-9
  5. Zhang X, Igawa Y, Ishizuka O, Nishizawa O, Andersson KE. Different roles of capsaicin-sensitive afferent nerves in detrusor overactivity induced by intravesical ATP and acetic acid in awake rats. 2003 AUA Annual Meeting, Chicago,2003/4/26-5/1

学会発表 国内学会 【教育講演,特別講演,シンポジウム等】

  1. 井川靖彦. 神経因性膀胱に対する尿路再建術. 第8回熊本排尿障害研究会,2003
  2. 井川靖彦. 過活動膀胱に対する新しい薬物療法の試み. 第8回東海排尿障害研究会,2003
  3. 井川靖彦. 尿路上皮・求心性神経伝達系. 特にATPを介する機構について. 第6回UTPシンポジウム,2003
  4. 西沢 理. EBMに基づいた尿失禁の診断と治療. 第26回日本医学会総会,福岡市, 2003/4/4-6
  5. 西沢 理. 過活動膀胱(Overactive bladder)の基礎と臨床.第91回日本泌尿器科学会総会, 徳島市,2003/4/2-5
  6. 西沢 理. 排尿障害の現況と課題. 第52回日本泌尿器科学会山梨地方会サテライトシンポジウム,2003
  7. 西沢 理. 過活動膀胱とは 歴史を含めて シンポジウム 4 過活動膀胱の病態と治療. 第56回日本自律神経学会総会,新潟市, 2003/10/30-31

学会発表 国内学会 【一般演題】

  1. 井川靖彦,張 暁陽,水沢弘哉,石塚 修,西沢 理,カール・エリック・アンダーソン,梅田雅臣. 排尿機能におけるムスカリンM3受容体の役割: M3ノックアウト・マウスを用いての検討.第91回日本泌尿器科学会総会, 徳島市,2003/4/2-5
  2. 井川靖彦,張 暁陽,西沢 理,梅田雅臣,岩田亜都子,武藤 誠,真鍋俊也,松井 稔,カール・エリック・アンダーソン. ムスカリンM2受容体ノックアウトマウスおよびM3受容体ノックアウトマウスの膀胱機能の変化.第10回日本排尿機能学会, 千葉市,2003/9/12-14
  3. 井川靖彦,公文裕巳,横山光彦,岩坪暎二,木元康介,千石 淳,柿崎秀宏,田中 博,塚本 定,浮村 理. 全国多施設共同研究による脊髄性排尿筋過活動に伴う尿失禁に対するレジニフェラトキシン膀胱内注入療法の有効性・安全性に関する検討.第10回日本排尿機能学会, 千葉市,2003/9/12-14
  4. 井川靖彦,加藤晴朗,関 聡,市野みどり,佐藤智哉. 二分脊椎症患者の便失禁に対するMalone Antegrade Enema Procedureの経験. 第12回日本小児泌尿器科学会総会,神戸市, 2003/7/2-4
  5. 石塚 修,酒井宏昌,西沢 理. 経直腸的超音波ガイド下にて経直腸的に系統的前立腺生検を複数回施行した症例の検討.第76回日本超音波医学会総会,札幌市, 2003/5/9-11
  6. 石塚 修,入江恭子,小泉礼二,鈴木尚徳,皆川倫範,山岸貴裕,西沢 理. 前立腺癌の病期診断におけるPSAと骨シンチグラフィの関係. AUAガイドラインの検証.第91回日本泌尿器科学会総会,徳島市,2003/4/2-5
  7. 石塚 修,佐藤智哉,西沢 理. 積極的治療継続を中止後に良好な経過をとった進行性精巣腫瘍の1例. 泌尿器がん治療フォーラム2003,2003
  8. 石塚 修,入江恭子,小泉礼二,鈴木尚徳,皆川倫範,山岸貴裕,西沢 理. PSA値および Gleason Sumからみた前立腺癌病期診断における骨シンチグラフィ-の必要性の検討. 第41回日本癌治療学会総会, 札幌市, 2003/10/22-24
  9. Islam M,Kato H,Nishizawa O,Ehara T. Angiomyolipoma of kidney involving the renal vein and inferior vena cava: a review of literatures and immunohistochemical study.第91回日本泌尿器科学会総会,徳島市, 2003/4/2-5
  10. 市野みどり,井川靖彦,関 聡,佐藤智哉,中沢昌樹,加藤晴朗,石塚 修,西沢 理. 乳幼児期におけるurodynamic parametersの成長に伴う変化.第10回日本排尿機能学会, 千葉市,2003/9/12-14
  11. 市野みどり,井川靖彦,関 聡,佐藤智哉,加藤晴朗. 正常下部尿路機能を示す乳幼児のurodynamic parametersの成長に伴う変化.第12回日本小児泌尿器科学会総会,神戸市, 2003/7/2-4
  12. 入江恭子,石塚 修,市野みどり,中沢昌樹,佐藤智哉,水沢弘哉,井川靖彦,西沢 理. 根治的前立腺全摘出術患者に対するIIEF5による性機能調査の検討.第16回老年泌尿器科学会,松本市, 2003/5/17
  13. 加藤晴朗,小林晋也,川上雅子,井上博夫,清河英雄,水沢弘哉. 外傷性後部尿道断裂における尿道形成術の経験.第91回日本泌尿器科学会総会, 徳島市,2003/4/2-5
  14. 加藤晴朗. How can we perform radical nephrectomy or adrenalectomy via a minimal incision.第1回ミニマム創内視鏡下泌尿器科手術研究会,東京都, 2003/11/29
  15. 川上雅子,小林晋也,紺谷和彦,石塚 修,西沢 理. 信州大学病院における前立腺生検陽性患者の年齢別治療経過.第41回日本癌治療学会総会,札幌市, 2003/10/22-24
  16. 杵渕芳明,小林晋也,加藤晴朗,石塚 修,井川靖彦,西沢 理. 信州大学医学部附属病院泌尿器科におけるイムネースの使用経験.第1回信州腎癌研究会,松本市, 2003
  17. 小泉孔二,石塚 修,市野みどり,中沢昌樹,佐藤智哉,水沢弘哉,井川靖彦,西沢 理. 高齢患者に対する清潔間歇的導尿法の臨床的検討.第16回老年泌尿器科学会,松本市, 2003/5/17
  18. 紺谷和彦,川上雅子,西沢 理. cDNA Microarrayを用いた膀胱癌における遺伝子発現の解析.第91回日本泌尿器科学会総会, 徳島市,2003/4/2-5
  19. 鈴木尚徳,石塚 修,佐藤智哉,井川靖彦,西沢 理,樋口 誠,洞 和彦. 信州大学における腎移植手術症例の手術合併症についての検討. 第36回日本臨床腎移植学会,下呂市, 2003/1/29-31
  20. 関 聡,佐々木克己,MatthewFraser,西沢 理,MichaelChancellor,Williamde Groat,吉村直樹. 抗神経成長因子(NGF)抗体の脊髄腔内投与は脊髄損傷ラットの排尿筋括約筋協調不全を改善する.第91回日本泌尿器科学会総会,徳島市,2003/4/2-5
  21. 関 聡,Kristin Erickson,西沢 理,Michael Chancellor,関 昌子,William de Groat,吉村直樹. 脊髄後角ニューロキニンI 受容体発現神経細胞はC fiber を介する排尿筋過活動に関与している.第10回日本排尿機能学会,千葉市,2003/9/12-14
  22. Zhang X,Igawa Y,Ishizuka O,Nishizawa O,Andersson K.-E.. Effects of TNP-ATP, a P2X3 receptor antagonist, on micturition in conscious rats.第91回日本泌尿器科学会総会, 徳島市,2003/4/2-5
  23. 山岸貴裕,吉岡愛子,中沢昌樹,市野みどり,佐藤智哉,石塚 修,井川靖彦,西沢 理. 高齢患者の膀胱内圧検査における意識調査.第16回老年泌尿器科学会,松本市, 2003/5/17

学会発表 国内学会 【講演】

  1. 石塚 修. 前立腺の病気. 健康ばんざい. 長野放送企画, 長野県医師会
  2. 石塚 修. 前立腺がんと前立腺肥大症 ~受けよう前立腺がん検診!~. 信州大学出前講座11, 主催: 長野県坂北村
  3. 石塚 修. 最近の前立腺疾患の話題. 大北医師会学術講演会(日本医師会生涯教育講座), 主催: 長野県大北医師会,旭化成工業
  4. 石塚 修. 前立腺がんと肥大症 ~検診の現状と課題~. 主催: 長野県国保地域医療推進協議会諏訪支部
  5. 石塚 修. よくわかる前立腺の病気のお話 ―大切な,未来のために―. 市民公開講座. 主催: アストラゼネカ,後援: 松本市医師会

論文 著書 【欧文】

  1. Nishizawa O, Yoshikawa Y, Gotoh M, Nakata M. Standard Treatment Modality for Female Stress Incontinence, Clinical Guidelines in Urological Management, 2003, pp113-25

論文 著書 【邦文】

  1. 井川靖彦,西沢 理. 過活動膀胱の治療.3.外科療法.過活動膀胱のマネジメント.西沢 理編, 医薬ジャーナル社, 大阪, 2003,pp95-109
  2. 石塚 修. 臓器移植を受ける患者の看護.周術期看護, 2003, pp384-386
  3. 石塚 修. 泌尿器科医の治療.尿失禁治療のストラテジー ~ホームドクターからエキスパートまで~. 石河 修, 平尾佳彦編, 先端医学社, 東京, 2003, pp199-200
  4. 石塚 修,西沢 理. エビデンスにもとづく薬物療法.尿失禁治療のストラテジー. ホームドクターからエキスパートまで~. 石河 修, 平尾佳彦編, 先端医学社, 東京, 2003, pp141-5
  5. 石塚 修,西沢 理. 最近の新薬を治療にどう活かすか 排尿障害治療薬.医療ジャーナル 39巻増刊号,2003, pp349-53
  6. 西沢 理. Voiding dysfunction(排尿機能異常).Annual Review 腎臓 2003. 伊藤克己, 遠藤 仁, 東原英二, 浅野 泰, 御手洗哲也編, 中外医学社, 東京, 2003, pp183-6
  7. 西沢 理. 尿路・泌尿器用薬.治療薬Up-to-Date 2003. 松澤祐次,永井良三,奥村勝彦編, メディカルレビュー社, 大阪, 2003, pp417-20
  8. 西沢 理. 排尿異常の治療法.神経因性膀胱.泌尿器科疾患の最新医療. 吉田 修, 東間 紘, 村井 勝編, 先端医療技術研究所,東京, 2003, pp185-90

論文 原著 【欧文】

  1. Chuang YC, Chancellor MB, Seki S, Yoshimura N, Tyagi P, Huang L, Lavelle JP, De Groat WC,Fraser MO. Intravesical protamine sulfate and potassium chloride as a model for bladder hyperactivity. Urology. 2003; 61(3): 664-70
  2. Igawa Y, Satoh T, Mizusawa H, Seki S, Kato H, Ishizuka O, Nishizawa O. The role of capsaicin-sensitive afferents in autonomic dysreflexia in patients with spinal cord injury. BJU Int. 2003; 91(7): 637-41
  3. Kawakami M, Ishikawa M, Furihata M, Kontani K, Kobayashi S, Iijima K, Nishizawa O. Experience with flexible video cystoscope equipped with built-in high-frequency cauterizing element for transurethral resection of the bladder. Int J Urol. 2003; 10(6): 356-8
  4. Kawakami M, Minagawa T, Inoue H, Kawakami S, Kurozumi M, Kadoya M, Nishizawa O. Successful treatment of arterial priapism with radiologic selective transcatheter embolization of the internal pudendal artery. Urology. 2003; 61(3): 645
  5. Kiyokawa H, Koyama M, Kato H. Adenocarcinoma of the prostate immunostained for carbohydrate antigen 125 and carcinoembryonic antigen. BJU Int. 2003; 91(3): 298-9
  6. Rosamilia A, Igawa Y, Higashi S. Pathology of interstitial cystitis. Int J Urol. 2003; 10 Suppl: S11-S15
  7. Takeda H, Matsuzawa A, Igawa Y, Yamazaki Y, Kaidoh K, Akahane S, Kojima M, Miyata H, Akahane M, Nishizawa O. Functional characterization of beta-adrenoceptor subtypes in the canine and rat lower urinary tract. J Urol. 2003; 170(2): 654-8
  8. Tsuruta T, Hasegawa M, Ueki T, Ogawa T, Ishikawa M, Wajiki M. Residual contrast medium in the cortex of the kidney around an infected renal cyst on CT: case report. Abdom Imaging. 2003; 28(6): 887-8
  9. Yoshimura N, Kuno S, Chancellor MB, de Groat WC, Seki S. Dopaminergic mechanisms underlying bladder hyperactivity in rats with a unilateral 6-hydroxydopamine (6-OHDA) lesion of the nigrostriatal pathway.Br J Pharmaco. 2003; 139 (8): 1425-32
  10. Yoshimura N, Seki S, Erickson KA, Erickson VL, Chancellor, MB, de Groat, WC. Histological and electrical properties of rat dorsal root ganglion neurons innervating the lower urinary tract.J Neurosci. 2003; 23 (10): 4355-61
  11. Zhang X, Igawa Y, Ishizuka O, Nishizawa O, Andersson KE. Effects of resiniferatoxin desensitization of capsaicin-sensitive afferents on detrusor over-activity induced by intravesical capsaicin, acetic acid or ATP in conscious rats Naunyn Schmiedebergs. Arch Pharmacol. 2003; 367: 473-9

論文 原著 【邦文】

  1. 石塚 修, 井川靖彦, 佐藤智哉, 水沢弘哉, 西沢 理. カプサイシン・レジニレフェラトキシン, ボツリヌス毒素による治療からみた下部尿路生理機能の再検討. 日本脊髄障害医学会雑誌. 2003, 16(1):20-1
  2. 石塚 修, 三澤一道, 井上博夫, 佐藤智哉, 井川靖彦, 西沢 理. 腎腫瘍 腎部分切除術におけるmicrowave surgeryの諸問題 開放手術と腹腔鏡下手術での比較検討. Journal of Microwave Surgery. 2003, 21:103-6

論文 総説 【欧文】

  1. Anna Rosamilia, Igawa Y, Higashi S. Pathology of interstitial cystitis. Int J Urol. 2003; 10: S11-S15
  2. Bade J, Ishizuka O, Yoshida M. Future research needs for the definition/diagnosis of interstitial cystitis. Int J Urol. 2003; 10: S31-34
  3. Ishizuka O. New approaches for overactive bladder treatment: Targeting adrenergic receptors and neurokinin receptors. Curr Med Chem. 2003; 3: 43-7

論文 総説 【邦文】

  1. 井川靖彦, 西沢 理. 【過活動(性)膀胱(overactive bladder)】過活動膀胱の治療 薬物療法. 泌尿器外科. 2003, 16(10):1063-9
  2. 井川靖彦. 過活動膀胱に対する薬物療法Update. Urology Today. 2003, 10(4):39-45
  3. 石塚 修, 西沢 理. 【ベストEBM産婦人科治療】感染症 蔓延するSTDの現況と治療的戦略 尿路感染症. 産婦人科の実際. 2003, 52(12):2149-53
  4. 石塚 修. 【尿失禁診療の最前線】過活動膀胱 神経伝達物質研究の最前線. Urology View. 2003, 1(5):20-6
  5. 石塚 修. 【頻尿・尿失禁の病態に応じた診断と治療の実際】関連する疾患 過活動膀胱. Progress in Medicine. 2003, 23(8):2087-90
  6. 石塚 修, 西沢 理. 【前立腺疾患のすべて】前立腺肥大症 ウロダイナミック検査 治療効果の予測. 臨床泌尿器科. 2003, 57(4):62-6
  7. 石塚 修. 【高齢者の前立腺疾患】前立腺疾患と過活動膀胱. Geriatric Medicine. 2003, 41(8):1149-53
  8. 石塚 修, 西沢 理. 【新薬展望2003】最近の新薬を治療にどう活かすか 排尿障害治療薬. 医薬ジャーナル. 2003, 39(増):635-39
  9. 杵渕芳明, 井川靖彦, 石塚 修, 加藤晴朗, 西沢 理. 【排尿障害の治療とケア】排尿障害の最新治療 外科療法. 臨牀と研究. 2003, 80(8):1473-8
  10. 杵渕芳明, 西沢 理. 【前立腺肥大症に伴う排尿障害に対するα1ブロッカーの効果】前立腺肥大と排尿障害. 脳21. 2003, 6(2):187-9
  11. 栗崎功己, 杉本晃士, 原田勝弘. 巨大な尿管ポリープ. 臨床泌尿器科. 2003, 57(1): 59-61
  12. 関 聡, 井川靖彦. 【一般診療でみる排尿障害】治療レビュー 過活動膀胱の診断と治療. 今月の治療. 2003, 11(9):71-7
  13. 関 聡, 井川靖彦. 【前立腺肥大症を診る 次に何が必要か】排尿の神経生理と前立腺肥大症. Urology View. 2003, 1(4):18-23
  14. 永井 崇, 西沢 理. 治療法紹介 薬物療法 前立腺肥大症 前立腺肥大症(BPH)に対するα1-blockerの効用と塩酸プラゾシン(ミニプレス)を用いた症例について. 排尿障害プラクティス. 2003, 11(4):343-6
  15. 西沢 理, 井川靖彦, 石塚 修, 加藤晴朗, 関 聡. 過活動膀胱の最近の話題 過活動膀胱の定義. 臨床泌尿器科. 2003, 57(12):951-4
  16. 西沢 理, 井川靖彦, 石塚 修, 加藤晴朗, 関 聡. 【過活動(性)膀胱(overactive bladder)】過活動膀胱の概念. 泌尿器外科. 2003, 16(10):1039-42
  17. 西沢 理, 井川靖彦, 石塚 修, 関 聡. 【泌尿器科ガイドラインの背景と現況】尿失禁のガイドラインについて. Urology View. 2003, 1(6):62-71
  18. 中沢昌樹, 西沢 理. 治療法紹介 薬物療法 前立腺肥大症 エビプロスタットの適応と臨床応用. 排尿障害プラクティス. 2003, 11(2):163-7
  19. 西沢 理. 【EBM診療ガイドライン解説集】泌尿器疾患 女性尿失禁の診療ガイドライン. からだの科学 増刊EBM診療ガイドライン解説集. 2003, 増刊:308-13
  20. 西沢 理. 排尿障害. Medicament News. 2003, 1766:8-11
  21. 西沢 理, P Abrams, 本間之夫. 泌尿器科領域における新しい疾患コンセプト ―過活動膀胱(Overactive Bladder)―. 泌尿器外科. 2003, 別冊:43-54
  22. 西沢 理, 井川靖彦, 石塚 修, 加藤晴朗, 杵渕芳明, 中沢昌樹. 排尿障害の診療指針. 腎臓. 2003, 26(1):82-6
  23. 西沢 理. 【皮膚や筋肉・関節, 内臓にかかる感覚の加齢による変化】尿意・便意のメカニズム 内臓感覚の観点から 過活動膀胱症が重要な課題に. Gpnet. 2003, 50(1):40-4
  24. 福田 孝, 西沢 理. 検査・診断 リハに必要な排尿障害のみかた 脳血管障害. Journal of Clinical Rehabilitation. 2003, 12(2):164-9
  25. 本間之夫, 西沢 理, 山口 脩. 下部尿路機能に関する用語基準 国際禁制学会標準化部会報告. 日本排尿機能学会誌. 2003, 14(2):278-89

論文 症例報告 【欧文】

  1. Kawakami M, Minagawa T, Inoue H, Kawakmi S, Kurozumi M, Kadoya M, Nishizawa O. Successful Treatment of Arterial Priapism with Radiologic Selective Transcatheter Embolization of the Internal Pudendal Artery. Urology 61(3): 645, 2003