1. HOME
  2. 診療科案内
  3. 消化器外科(消化管)
診療科案内
  • 消化器外科(肝・胆・膵)主として肝・胆・膵疾患の外科治療を行っております。
  • 消化器外科(消化管)主として食道癌、胃癌、大腸癌の外科治療を行っております。
  • 移植外科肝移植医療を行っております。
  • 小児外科主として小児ヘルニア、先天性疾患の外科治療を行っております。
  • ヘルニア外来そけいヘルニアなどの外科治療を行っております。

消化器外科(消化管)消化器外科(消化管)

診療について

私たちのグループは、食道、胃、小腸、大腸の消化器外科的疾患を扱うグループです。
消化管グループの診療活動には、外科手術を中心とした入院診療、初診や再診の患者さんの診療を中心とした外来診療があります。また術前術後の補助化学療法や進行再発癌患者さんに対する化学療法を入院診療あるいは外来通院治療センターにおいて積極的に行っています。

消化管グループ活動内容

消化管グループ活動内容

また医学教育を行う大学病院としての責務である教育、研究においても将来医師となる学生医学教育、将来外科、特に消化器外科を担う医師となる専門医教育を担っています。専門医教育と平行して、よりその専門性を高めるべく臨床研究活動を行い、その成果を学会および論文として発表を行い、消化器外科専門医やその他の外科系専門医の取得を目指します。さらにその専門性を極めるべく学位取得を目指します。これらのより専門性を高めた教育、研究が消化器外科診療の基礎となり、安全で確実な治療成績の向上へつながり、そしてこれらが長野県内の地域医療を担う原動力となると信じています。

消化管外科担当疾患・病態

  • 食道癌、胃癌、大腸癌に対する手術治療
  • 進行再発癌に対する化学療法(含各種治験)
  • 炎症性腸疾患に対する手術治療(クローン病/潰瘍性大腸炎)
  • 消化管の腫瘍性疾患(悪性リンパ腫、平滑筋肉腫、転移性癌など)
  • 上記疾患が疑われる患者様の精密検査
  • 上記疾患に関するセカンド・オピニオン

消化器外科(消化管)メニュー

  • 消化器外科(消化管)グループについて
  • スタッフ紹介
  • 業績録
  • 診療実績
  • 最新の研究成果

ホームに戻る

このページの先頭へ戻る