1. HOME
  2. 診療科案内
  3. 消化器外科(肝・胆・膵)
  4. 癌治療・実績について
  5. 胆道癌
診療科案内
  • 消化器外科(肝・胆・膵)主として肝・胆・膵疾患の外科治療を行っております。
  • 消化器外科(消化管)主として食道癌、胃癌、大腸癌の外科治療を行っております。
  • 移植外科肝移植医療を行っております。
  • 小児外科主として小児ヘルニア、先天性疾患の外科治療を行っております。
  • ヘルニア外来そけいヘルニアなどの外科治療を行っております。

胆道癌胆道癌

胆管癌

はじめに

胆管とは肝臓で作られた胆汁を十二指腸に排泄する管のことで、肝臓の中にある肝内胆管と肝臓の外にある肝外胆管に分けられます。肝外胆管はさらに、肝門部、上部胆管、中部胆管、下部胆管に分けられます。胆管癌はこの胆管の上皮より発生した悪性腫瘍のことを指します。

症状

初期には無症状なことが多いですが、がんの進行に伴い胆汁の流れが悪化し黄疸が出現します。これは皮膚や目の白い部分が黄色くなることで、同時に尿の色が濃くなったり、皮膚の痒みが現れたり、便の色が白色になることもあります。

診断

代表的な検査について説明します。

1.ERC(内視鏡的逆行性胆管造影)、PTC(経皮経肝胆道造影)
胆管癌の進展範囲を調べる検査です。前者は内視鏡的に、後者は経皮的に、胆管内に造影剤を注入しレントゲン写真にて診断します。胆汁中の細胞や腫瘍の一部を採取しそれを顕微鏡で調べることや、検査と同時に黄疸をとる処置(ENBD、PTBD)を行うことも可能です。

2.超音波検査
胆管が拡張している部位を確認し、がんの位置を推定することができます。前述したPTCを行う場合にも必要な検査です。

3.CT、MRI
造影剤を点滴後に撮影することで、癌の局在、性質、肝臓やリンパ節への転移の有無などを調べることが可能です。

4.血管造影検査
肝臓へ向かって走行する重要な血管が、癌による浸潤をうけているかどうか調べる検査です。

5.IDUS(胆管内超音波検査)
内視鏡を通して胆管内に細い超音波の端触子を挿入することで、癌の進展の深さと広がりをより正確に診断することが可能です。

治療

1.手術
黄疸がある場合は、前述したENBDやPTBDにより胆汁を体外に誘導し、肝臓の機能が正常化するまで待ったうえで手術を行います。
肝門部胆管癌は、肝臓内の胆管まで進展していることが多いので、癌を残らず取りきるには、胆管とともに肝臓を切除する必要があります。肝臓の切除範囲は、 癌の進展範囲によって決まります。すなわち、主に右側の胆管に癌が進展していれば肝臓の右側を、また左側に進展していれば左側を切除することになります。また、癌が血管に浸潤している場合でも、その血管(肝動脈、門脈)を併せて切除することにより、癌を残すことなく切除することが可能であれば積極的に合併切除(一緒に切除すること)・再建(血管をつなぎ直すこと)を行っています。十二指腸乳頭部癌や中下部胆管癌に対しては、膵頭十二指腸切除(胃の一部、十二指腸、膵頭部、肝外胆管、胆のうを切除します)を行います。
胆管癌に対する手術は切除範囲が広く、長時間に及ぶため、患者さんにとって大きなストレス(侵襲)がかかります。このため、術後合併症の頻度は高く、時に命の危険を伴うことすらあります。このような手術をより安全に行うために、当科では門脈塞栓術などの工夫をしています。

・門脈塞栓術
肝門部胆管癌に対する手術では、しばしば大量の肝切除が必要となりますが、その際残った肝臓が小さすぎると術後に肝不全をきたす危険性が高くなります。当科では根治性を損なうことなく、より安全に手術を施行するために、大量肝切除が必要な患者さんに対して、切除予定側の門脈を事前に塞栓する門脈塞栓術を施行してきました。この処置により2-3週間後には塞栓葉(切除する予定の肝臓)は縮小し、逆に非塞栓葉(残る予定の肝臓)は約10%大きくなります。この時点で本番の手術を行うため、拡大肝切除がより安全に施行可能となります。

当科における成績(1990年〜2013年):肝門部胆管癌150症例の5年生存率は32%
tandou.png

肝門部胆管癌に対する手術後の生存率


2.化学療法
当科では、ジェムザールをキードラッグとして、手術後の補助化学療法や切除不能な患者さんに対する化学療法を施行しています。

胆のう癌

はじめに

肝臓で作られた胆汁を一時的に貯めて濃縮する袋のような臓器を胆のうといい、胆のう管を介して胆管と交通しています。この胆のう、および胆のう管にできる癌を胆のう癌といいます。

症状

早期胆のう癌では、ほとんど症状がありませんが、進行胆のう癌では隣接する胆管、肝臓、十二指腸などに浸潤していき、その結果として黄疸、右上腹部の腫瘤、腹痛などの症状が出現してきます。

治療

外科的切除が、唯一根治的と考えられている治療法です。
当科では、早期胆のう癌に対しては(腹腔鏡下)胆のう摘出術を行い、術中迅速組織診を行って癌の遺残がないことを確認しています。進行胆のう癌に対しては胆のう+胆のう床切除、胆管切除、リンパ節郭清を原則としておりますが、癌の広がりに合わせて、肝臓を大きく切除する場合もあります。

当科での成績

当科では1990年から2013年までの間に約100例の胆のう癌症例に対して切除を行いました。
胆のう癌は進行度により予後が著しく異なりますが、各進行度(stage)別の予後は下図の如くになっています。

tannou.png

ホームに戻る

このページの先頭へ戻る