1. HOME
  2. 診療科案内
  3. 移植外科
  4. 膵島移植の説明
診療科案内
  • 消化器外科(肝・胆・膵)主として肝・胆・膵疾患の外科治療を行っております。
  • 消化器外科(消化管)主として食道癌、胃癌、大腸癌の外科治療を行っております。
  • 移植外科肝移植医療を行っております。
  • 小児外科主として小児ヘルニア、先天性疾患の外科治療を行っております。
  • ヘルニア外来そけいヘルニアなどの外科治療を行っております。

膵島(ランゲルハンス島)とは?

膵臓は十二指腸に密着し、胃の背側に位置する実質臓器です。アミラーゼなどの消化酵素を分泌して食物の消化吸収を助ける外分泌細胞と、インスリンなどのホルモンを分泌して血糖調節を行う内分泌細胞とがあります。外分泌細胞は膵臓の99%を占めており、これら細胞で作られる消化酵素は、膵管を通って十二指腸に放出されます。内分泌細胞は直径が約 0.1〜0.3 mm の球状の塊となって、膵外分泌組織の中に点々と散らばっています(上図)。塊として散らばっている様子から"膵臓のなかの島"という意味で「膵島」の名前がついています。生物の教科書に登場する「ランゲルハンス島」と同じものです。膵臓の中には成人一人あたり約100万個の膵島があります。膵島は様々な種類の細胞で構成されていますが、その中にβ細胞という、血糖が上昇した場合に血糖を低下させるホルモン、インスリンを分泌する細胞があります。
β細胞が枯渇して起こる重度の糖尿病患者さんに対し、膵島を移植することで糖尿病の改善を目指す治療が「膵島移植」です

膵島移植の方法

臓器提供者(ドナー)から頂いた膵臓より、膵島だけを特殊な方法で取り出します。十分な数の膵島が採取できたら、100~200 mlの溶液と共に輸液バックに入れて膵島浮遊液を準備します。肝臓内の血管である門脈にカテーテルを挿入し、膵島浮遊液を注入します(下図)。注入終了後すぐに、カテーテルは抜去します。


(日本膵・膵島移植研究会提供)

膵島移植の対象疾患

1型糖尿病の患者さんが膵島移植の対象となります。詳細は「膵島移植を受けるための条件」を参照下さい。

膵島移植の歴史

膵島移植は1970年代から実験的治療として行われてきました。肝臓移植や膵臓移植が、1980年代の免疫抑制剤の改良によって成績が向上し、標準的な治療として確立していったのに比べ、膵臓から膵島を取り出す必要のある膵島移植はなかなか成績が改善せず、実験的治療の域を抜け出せませんでした。2000年代に入り、カナダのアルバータ大学から発表されたエドモントンプロトコールと呼ばれる方法により膵島移植の成功率が高まりました。その後も免疫抑制療法の改良等により、長期成績の向上が見られています。海外では、カナダのように膵島移植が標準治療として認められ保険適応となっている国もありますが、日本では臨床研究が続けられている段階です。

膵臓移植との違い

1型糖尿病に対する移植治療法として、膵島移植以外にも膵臓移植という方法があります。膵臓移植は膵臓全体を密着している十二指腸の一部とともに移植する臓器移植で、腹部手術を行う必要があります。膵臓移植の方が膵島移植に比較して、手術時の危険性は大きく手術時の合併症も起こりやすいのですが、手術による直接の死亡率は通常の消化器外科領域の開腹手術に比較して高いものではありません。
移植後に、移植された臓器や細胞が生き続けて活動していることを"生着している"と言いますが、膵臓移植の生着率は高く、移植1年後にレシピエントの80%以上は、インスリン注射が不要になっています。膵臓移植は現在保険適応となっていて、全国の膵臓移植認定施設においてレシピエント登録をすることにより手術を受けることができます。
膵島移植は膵島のみを取り出して、肝臓内の血管である門脈に注入する組織移植です。移植手技自体は、膵臓移植に比較すると簡単で、肝臓の病気の検査や治療に通常行われている方法と同様です。膵島を取り出すことは難しく、一人の膵臓から取り出した膵島を移植しても完全にインスリン注射が不要な状態にはなれないことがあります。インスリン注射が不要になるには2回以上の移植が必要になることが多いのが現状です。しかし、移植が成功すると、膵島細胞は肝臓内で生着し、血糖値に反応してインスリンを分泌するため、血糖コントロールが容易になります。
移植後に終生免疫抑制剤を服用する必要があることは膵臓移植と膵島移植で同様です。

ホームに戻る

このページの先頭へ戻る