1. HOME
  2. 診療科案内
  3. 移植外科
  4. 膵島移植とは?
診療科案内
  • 消化器外科(肝・胆・膵)主として肝・胆・膵疾患の外科治療を行っております。
  • 消化器外科(消化管)主として食道癌、胃癌、大腸癌の外科治療を行っております。
  • 移植外科肝移植医療を行っております。
  • 小児外科主として小児ヘルニア、先天性疾患の外科治療を行っております。
  • ヘルニア外来そけいヘルニアなどの外科治療を行っております。

膵島移植とは?膵島移植とは?

インスリンのみでは十分に血糖をコントロールすることができない、重症1型糖尿病の患者さんに行う治療です。臓器提供者(ドナー)からご提供いただいた膵臓から、インスリン分泌細胞を含む膵島を分離し、患者さんの肝臓の門脈と呼ばれる血管内に点滴で移植します。


(信濃毎日新聞社提供)

組織移植の一つで、膵臓を手術によって腹腔内に移植する膵臓移植に比べて短時間で終えることができ、患者さんの身体にかかる負担が少ないのが特徴です。移植後に免疫抑制剤の投与が必要なことは他の移植治療と同様です。技術的にまだ難しい部分もあり、現在、日本では臨床研究として行われている治療です。

受診を希望される方へ

膵島移植についての相談をご希望の方は、クリニカルコーディネーターまで御連絡下さい。来院日等を調整いたします。

ご連絡先

TEL.0263-37-2930 / FAX.0263-37-3351

上記のいずれでも対応させていただきますが、聞き取り違いのないようにFAXをご利用いただければ幸いです。

その際、主治医からの診療情報提供書等をお持ち頂くようお願いすることがあります。

来院日当日は、糖尿病を担当する医師と移植を担当する医師がコーディネーターと共に膵島移植に関する説明を行います。このため、可能であれば患者さんだけでなく、そのご家族の方にも来院していたくようお願いいたします。

ホームに戻る

このページの先頭へ戻る