1. HOME
  2. 診療科案内
  3. 移植外科
  4. 業績録
診療科案内
  • 消化器外科(肝・胆・膵)主として肝・胆・膵疾患の外科治療を行っております。
  • 消化器外科(消化管)主として食道癌、胃癌、大腸癌の外科治療を行っております。
  • 移植外科肝移植医療を行っております。
  • 小児外科主として小児ヘルニア、先天性疾患の外科治療を行っております。
  • ヘルニア外来そけいヘルニアなどの外科治療を行っております。

業績録業績録

2011年度

論文

  1. Masuda Y, Nakazawa Y, Matsuda K, Sano K, Mita A, Ohno Y, Urata K, Ikegami T, Miwa S, Miyagawa S.  Clinicopathological features of hepatitis C virus disease after living donor liver transplantation: relationship with in situ hybridisation data. Pathology 43:156-160, 2011
  2. H. Takahashi, P. Ruiz, C. Ricordi, V. Delacruz, A. Miki, A. Mita, R. Misawa, S. Barker, G. W. Burke, A. G. Tzakis, H. Ichii. Quantitative In Situ Analysis of FoxP3 T Regulatory Cells on Transplant Tissue Using Laser Scanning Cytometry Cell Transplant. 2011 Sep 16.(E-pub)
  3. Ohno Y, Kobayashi A, Ikegami T, Masuda Y, Mita A, Urata K, Nakazawa Y, Terada M, Ikeda S, Miyagawa S. A new procedure for temporary auxiliary partial liver transplantation from living donor for familial amyloid polyneuropathy patient. Liver Transpl. 2012 Jan 23. doi: 10.1002/lt.23392. [Epub ahead of print] 

 

 

 

学会発表

  1. Ohno Y, Mita A, Masuda Y, Urata K, Nakazawa Y, Ikegami T, Miyagawa S. Temporary auxiliary partial orthotopic liver transplantation (APOLT) using a small volume liver graft for familial amyroid polyneuropathy (FAP).  American Transplant Congress 2011  May 2011 Philadelphia, PA, USA
  2. Mita A, Ikegami T, Masuda Y, Ohno Y, Urata K, Nakazawa Y, Terada M, Miyagawa S. Portal Vein Complications after Living Donor Liver Transplantation. 2011 American Transplant Congress (Poster) May 2011, Philadelphia, PA, U.S.A.
  3. Aysuyoshi Mita, Toshihiko Ikegami, Yohei Okubo, Yasunari Ohno, Koichi Urata, Yuichi Nakazawa, Akira Kobayashi, Masaru Terada, Shin-ichi Miyagawa. De novo malignancies following living donor liver transplantation for adults. 21st International Congress of IASGO (Symposium) November 2011, Tokyo, Japan
  4. Aysuyoshi Mita, Toshihiko Ikegami, Yohei Okubo, Yasunari Ohno, Koichi Urata, Yuichi Nakazawa, Akira Kobayashi, Masaru Terada, Shin-ichi Miyagawa Portal vein complications in living donor liver transplantation. 21st International Congress of IASGO (Symposium)   November 2011, Tokyo, Japan
  5. Yuichi Masuda, Hirohito Ichii, Theresa Nilson, Mahyar Khazaeli, Tania Hassanzadeh, Mateen Saffarian, Sastry Gollapudi, NOSRA. TOLA D. VAZIRI. Iron sucrose impairs phagocytosis of gram positive and negative bacteria by polymorphonuclear leukocytes. 9th annual UC Irvine Immunology Fair (2011.11)
  6. 大野康成、増田雄一、三田篤義、浦田浩一、中澤勇一、池上俊彦、宮川眞一. 肝移植後の経腸栄養の経験. 6回信州リバーシンポジウム 2011. 1. 松本
  7. 大野康成、増田雄一、三田篤義、浦田浩一、中澤勇一、池上俊彦、宮川眞一. 家族性アミロイドポリニューロパチー(FAP)に対する同所性補助肝移植(APOLT)の治療経験. 66回日本消化器外科学会総会 2011.7 名古屋
  8. 山本高照、増田雄一 、大野康成 、三田篤義 、浦田浩一、中澤勇一 、池上俊彦 、宮川眞一. 術中肝動脈内膜剥離を来たした生体肝移植患者2例の予後. 66回日本消化器外科学会総会 2011.7 名古屋  
  9. 池上俊彦、増田雄一、大野康成、三田篤義、浦田浩一、中澤勇一、宮川眞一.肝移植後の長期成績とグラフト喪失の原因の検討 (要望演題 口演) . 66回日本消化器外科学会総会 2011.7 名古屋 
  10. 大野康成、増田雄一、三田篤義、浦田浩一、中澤勇一、池上俊彦、宮川眞一. 肝移植術後タクロリムス持続静注から徐放製剤への切替の検討. 29回肝移植研究会 2011.7 仙台  
  11. 三田篤義、池上俊彦、増田雄一、大野康成、浦田浩一、小林聡、中澤勇一、寺田克、宮川眞一. 生体肝移植後の胆管吻合部狭窄に対する非手術的治療の長期成績. (シンポジウム) 29回肝移植研究会 2011.7 仙台  
  12. 池上俊彦、増田雄一、大野康成、三田篤義、浦田浩一、中澤勇一、宮川眞一.脳死肝移植の体制強化に向けて-脳死肝移植の問題点ー(シンポジウム) . 29回肝移植研究会 2011.7 仙台 
  13. 山本高照、大野康成、横山隆秀、増田雄一、三田篤義、浦田浩一、中澤勇一、池上俊彦、宮川眞一. 移植後の鼠径ヘルニアの2. 第9回日本ヘルニア学会 2011.8 福岡
  14. 大久保洋平、竹田哲、大野康成、三田篤義、浦田浩一、中澤勇一、池上俊彦、宮川眞一.  肝肺症候群を伴うNASHによる非代償性肝硬変に対する生体肝移植の一例. 信州難治性肝疾患治療研究会 2011.9 松本
  15. 大野康成、池上俊彦、増田雄一、三田篤義、浦田浩一、中澤勇一、寺田 克、宮川眞一. 小児期肝疾患に対し肝移植を施行した症例の長期成績. (ワークショップ) 19JDDW 2011 (日本消化器関連学会週間) 2011.10 福岡市
  16. 三田篤義、池上俊彦、大久保洋平、大野康成、浦田浩一、中澤勇一、寺田克、小林聡、宮川眞一. 生体肝移植の晩期合併症に対する治療の検討.(口演)第47回日本移植学会        2011.10 仙台
  17. 池上俊彦、大野康成、三田篤義、浦田浩一、中澤勇一、宮川眞一.  脳死肝移植における内科医と外科医との連携.(ワークショップ)第47回日本移植学会   2011.10 仙台
  18. 大野康成、横山隆秀、寺田 克、宮川眞一. 小児遺伝性球状赤血球症に対する腹腔鏡下脾摘出術. (口演)第24回日本内視鏡外科学会総会  2011.12 大阪 

 

 

診療科案内
年別に見る
  • 信州大学医学部附属病院
  • 交通・アクセス
  • 外来担当表
  • 地域医療再生に向けての取り組み
  • 医局からの一言
  • 信州大学医学部
  • 信州大学院医学系研究科
  • 信州大学
  • SURF
  • 東北関東大震災 愛の手プロジェクト

ホームに戻る

このページの先頭へ戻る