1. HOME
  2. お知らせ
  3. 【腹腔鏡補助下膵体尾部切除又は核出術】が先進医療として認められました。
診療科案内
  • 消化器外科(肝・胆・膵)主として肝・胆・膵疾患の外科治療を行っております。
  • 消化器外科(消化管)主として食道癌、胃癌、大腸癌の外科治療を行っております。
  • 移植外科肝移植医療を行っております。
  • 小児外科主として小児ヘルニア、先天性疾患の外科治療を行っております。
  • ヘルニア外来そけいヘルニアなどの外科治療を行っております。

お知らせお知らせ RSS

【腹腔鏡補助下膵体尾部切除又は核出術】が先進医療として認められました。

2011.05.15医療関係者の方へ】【外来・一般の方へ

平成23年4月に当科における「腹腔鏡補助下膵体尾部切除又は核出術」が先進医療として、厚生労働省に認められました。

「先進医療」とは、厚生労働省が医療行為として、未だ保険診療の対象に至らない先進的な医療技術について、安全性、有効性等を確保するために、医療技術毎にスタッフ、実績、医療安全等の定められた基準を満たす医療機関に対して、保険診療との併用を認める制度です。

当科でのこれまでの,腹腔鏡補助下膵体尾部切除の実績により,この度厚生労働省より先進医療として認められました.

腹腔鏡補助下膵体尾部切除の手術適応などの御相談は消化器外科(肝胆膵)外来までお願いいたします.

厚生労働省ホームページ 「先進医療の概要について」

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/sensiniryo/

腹腔鏡手術の手術風景:様々な先端技術医療機器を用いて行われています.

腹腔鏡手術の手術風景:様々な先端技術医療機器を用いて行われています.

腹腔鏡下膵体尾部切除後の手術創:従来の開腹手術に比べて大変小さな手術創です.

腹腔鏡下膵体尾部切除後の手術創:従来の開腹手術に比べて大変小さな手術創です.

ホームに戻る

このページの先頭へ戻る