お知らせ

中沢教授の研究がAMED革新的がん医療実用化研究事業に採択されました!

2017.04.26


国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED)の、平成29年度「革新的がん医療実用化研究事業」に係る1次公募の研究開発課題に、中沢洋三教授 の『CD116陽性骨髄系腫瘍を標的とした非ウイルス遺伝子改変キメラ抗原受容体T細胞の非臨床試験』 および、『小児急性リンパ性白血病に対する非ウイルスベクターを用いたキメラ抗原受容体T細胞療法の実用化』が採択されました。

詳しくは、日本医療研究開発機構(AMED) の領域 3 をご覧ください。
関連記事: 日経新聞信濃毎日新聞

≪前へ   一覧へ戻る