信州大学HOME 交通・キャンパス案内

眼科学講座・眼科学分野眼科学講座・眼科学分野

  1. HOME
  2. 専門外来
  3. ぶどう膜炎外来

ぶどう膜炎外来

診察日時
毎週水曜日9:00~
担当:朱 さゆり
ぶどう膜炎の写真

ぶどう膜炎の写真

ぶどう膜炎とは眼の中に炎症を起こす疾患です。ぶどう膜炎は原因不明で生じることもありますが、サルコイドーシスやベーチェット病、フォークト・小柳・原田病などを代表として自己免疫性疾患や感染症など全身の病気で起きることもあります。そのため必要に応じて内科など他科との連携しつつ診断や治療を行っています。
診断にはレーザーフレアセルメーターや光干渉断層計など非侵襲的な検査のほか、必要に応じて前房水や硝子体PCR検査などといった侵襲的な検査も適宜行っています。また血液検査(抗体検査、HLA検査)や胸部X線検査、心電図などの全身検査も行っています。
治療はステロイド薬のテノン嚢下注射をはじめ、インフリキシマブといった生物学的製剤や、原因や病態に応じて硝子体手術といった外科的治療も行っております。また炎症が強く長引いた場合やステロイドの治療などでどうしても白内障や緑内障といった他の眼疾患が引き続いて起きる(続発症)こともありますが、それに対する治療も適宜行っております。
ぶどう膜炎は全身の病気のサインとして起きることもあり適切な診断が大切で、とくに全身の病気で起きている場合の治療では他科を含めた全身的で継続的な治療や経過観察が重要になります。