信州大学HOME 交通・キャンパス案内

眼科学講座・眼科学分野眼科学講座・眼科学分野

  1. HOME
  2. 専門外来
  3. 糖尿病外来

糖尿病外来

診察日時
毎週金曜日9:00-
担当:時光元温 平野隆雄 鳥山佑一 今井玲子 若林真澄

外来診療

糖尿病黄斑浮腫

糖尿病黄斑浮腫(ケナコルト治療前)


糖尿病黄斑浮腫

糖尿病黄斑浮腫(ケナコルト治療後)


増殖糖尿病網膜症の眼底

増殖糖尿病網膜症の眼底

  • 糖尿病黄斑浮腫:網膜断層像(OCT)、蛍光眼底造影(FAG)等の精査に基づき、症例に応じてレーザー治療(病巣光凝固)、トリアムシノロンテノン嚢下注射、抗VEGF抗体硝子体注射を行っています。
  • 増殖糖尿病網膜症(含新生血管緑内障)、増殖前糖尿病網膜症:FAGにより網膜虚血、新生血管の状態を評価し、病勢を鎮静するに必要かつ十分量のレーザー治療(汎網膜光凝固)を積極的に行っています。また、汎網膜光凝固に伴う黄斑浮腫増悪に配慮し、トリアムシノロンテノン嚢下注射や病巣光凝固を併用しています。レーザーは、パターンスキャンレーザー装置を新たに導入し、より低侵襲で痛みの少ない治療が可能になってきています。

入院診療

  • 硝子体手術:増殖糖尿病網膜症(硝子体出血、牽引性網膜剥離)、難治黄斑浮腫等に対し硝子体手術を多数行っています。極めて重症な場合は、術前に抗VEGF抗体硝子体注射を併用し、手術成績は向上しています。
  • 緑内障手術:眼圧コントロール不良の新生血管緑内障例に対しては、線維柱帯切除術、毛様体光凝固を行っています。