信州大学HOME 交通・キャンパス案内

眼科学講座・眼科学分野眼科学講座・眼科学分野

  1. HOME
  2. 専門外来

専門外来

緑内障外来
緑内障には、原発開放隅角緑内障、原発閉塞隅角緑内障、発達緑内障、続発緑内障など、様々な病型があります。
黄斑変性外来
黄斑変性外来では、この黄斑に障害が出てくる病気の中で、特に加齢黄斑変性を中心に、内科的に治療する疾患を担当しています。
糖尿病外来
蛍光眼底造影検査などで糖尿病網膜症の病期の診断を行い、レーザー治療、硝子体手術などの治療を中心に行っております。
ぶどう膜炎外来
治療はステロイド薬のテノン嚢下注射をはじめ、インフリキシマブといった生物学的製剤や、原因や病態に応じて硝子体手術といった外科的治療も行っております。
角膜外来
角膜内皮細胞検査(スペキュラマイクロスコープ)、眼圧と関係が深いCCT(中心角膜厚)計測、角膜形状解析検査(TMS-2TM)を随時施行しています。
神経眼科外来
視神経炎:治療は入院の上で、ステロイドパルス療法を行っています。全身疾患のある高齢者は、他科との連携をとりながら治療をしています。
黄斑浮腫外来
糖尿病、網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫に対して、網膜断層像(OCT)、蛍光眼底造影(FAG)などの精査に基づき、抗VEGF療法を中心に、レーザー治療、トリアムシノロンテノン嚢下注射などの治療を行っております。