信州大学HOME 交通・キャンパス案内

眼科学講座・眼科学分野眼科学講座・眼科学分野

  1. HOME
  2. 一般外来
  3. 黄斑円孔

黄斑円孔

正常の黄斑部の形状(光干渉断層検査による)

正常の黄斑部の形状(光干渉断層検査による)


黄斑円孔(光干渉断層検査)

黄斑円孔(光干渉断層検査)

黄斑円孔とは、光を感じる神経である網膜の中でも重要な黄斑と呼ばれる部分に孔(あな)があいてしまう病気です。そのため、見ようと思ったところが見えにくかったり、ものが歪んで途切れたりする症状を起こします。
孔自体は直径1ミリメートルに満たないとても小さなものですが、ものを見ることにとても重要な神経の密な部分にできるため大きな影響が現れます。この病気は硝子体(しょうしたい)と呼ばれる眼球内を占めるゲル状の組織が年齢とともに変化していく中で、黄斑と呼ばれる部分を引っ張ってしまい起きると言われます。
この病気は基本的には手術以外の方法で治療することができません。ただし、初期の段階などでは手術をせずに自然治癒することもあるため、必ずしも早期に手術が必要とは言い切れません。長い間経過してしまった場合や孔のサイズが大きい場合は、手術を行ったとしても円孔の閉鎖が得られず、視力の改善が一部にとどまってしまうことがあります。ただし、この病気だけでは失明に至ることはほとんどありません。一部では自然治癒することもあるため、手術時期は検査や経過を見ながら検討していくこととなります。