信州大学HOME 交通・キャンパス案内

眼科学講座・眼科学分野眼科学講座・眼科学分野

  1. HOME
  2. 一般外来
  3. 白内障

白内障

手術後(透明な人工のレンズが入っている)

手術後(透明な人工のレンズが入っている)


白内障(白く濁った水晶体が見える)

白内障(白く濁った水晶体が見える)

眼の中でカメラのレンズに相当するものに水晶体があります。水晶体は約直径9mm、厚さ4mmの凸レンズの形をしていて、膜(嚢)に包まれています。膜の前面が「前嚢」、後面が「後嚢」と呼ばれています。一方、水晶体の中身は、透明な組織でたんぱく質と水分から構成され、「皮質」と「核」にわかれています。水晶体の中身のたんぱく質が変性して、濁ってくることがあります。これが「白内障」です。水晶体が濁ると、光がうまく通過できなくなったり、光が乱反射するために、眼がかすんだり、見えにくくなったり、まぶしくなったりします。白内障は手術以外の方法で根治させることはできません。長期間放置すると核が硬くなって、手術が難しくなって合併症のリスクがあがったり、更に進行した場合には眼内の炎症や緑内障など別の眼の病気を引き起こすこともあります。ただし基本的には白内障が急激に進むことはないため、時期をみて手術を検討していくことになります。
なお、当院における白内障の手術は、特殊な白内障や全身管理が必要な方などを対象としており、そのほかの方の手術はお近くの眼科でのご加療をお願いしております。また、治療の緊急性の高い手術がどうしても優先されますので、白内障手術は予約から手術までお待ちいただくこともあります。皆様のご理解とご協力のほど、どうぞよろしくお願い致します。