信州大学HOME 交通・キャンパス案内

眼科学講座・眼科学分野眼科学講座・眼科学分野

  1. HOME
  2. 一般外来
  3. 斜視・弱視

斜視・弱視

検査風景

検査風景

実は生まれたばかりの赤ちゃんは大人のように目が見えている訳ではありません。赤ちゃんの頃から目に入ってくる視覚刺激によって徐々に脳の見る力も発達してきて見えるようになるのです。この視力が発達する時期に適切な視覚刺激が受けられない場合(例えば強い遠視、白内障など)には、メガネなどで矯正しても視力が出ないことが起こります。これを弱視と言います。つまり、子どもの時期に弱視の原因を早く発見して、治療によって適切な視覚刺激を与えることが重要と言えます。

また、ものを見ようとする時に片方の目が他の方向を向くことがあります。これを斜視といいます。原因には遠視や視力不良など弱視と関係の深い場合や目を動かす神経や筋肉の異常などがあります。治療は必要に応じて手術を行うこともあります。(当院では原則大人の斜視手術は行っておりません)