信州大学HOME 交通・キャンパス案内

眼科学講座・眼科学分野眼科学講座・眼科学分野

  1. HOME
  2. お知らせ
  3. ひと月遅れのARVO報告

お知らせ

ひと月遅れのARVO報告

2012.06.01

Wat zegt u?</mt:Else>ひと月遅れのARVO報告

Wat zegt u?


快晴。この先ビーチ</mt:Else>ひと月遅れのARVO報告

快晴。この先ビーチ


突然のスコール</mt:Else>ひと月遅れのARVO報告

突然のスコール


はや6月、信州も天気の良い日は汗ばむ陽気になっています。

毎年ゴールデンウィークの頃にARVO (The Association for Research in Vision and Ophthalmology)の学会がアメリカで行われ、世界中から眼科医や眼科関連の研究者が集まって最新の成果を話しあい、治療や研究の向上を目指しております。

この通称ARVOは例年フロリダ州フォートローダーデールという殺人的な日差しの土地で行われていますが、来年からは全米各地で行うようになるようで (来年はシアトル) 、ここで日焼けが出来るのも最後かもしれないとの思いで参加してきました(もちろん本当の目的は違いますヨ)。

学会の発表は口演とポスターと大きく2つあり、口演はスライドを使って壇上で成果を説明して会場の参加者からの質問に答えていきます。ポスターは事前に印刷したポスターを会場の一部に貼りだしておき、参加者がぐるぐると見て回るなかで質問があれば答え、興味がありそうな方には店舗の接客よろしく発表者から「May I ゴニョゴニョ(説明しましょうか?)」と声をかけたりします。今回はポスター発表で、英語力とそれを上回る情熱で質問に答えてきました。昨年もでしたがやはり見に来て欲しいと思う一方で、英語力を思うと質問されるとどうしよう、などと思ったりします。

聞いてきた口演には数年前に日本でも認可された抗VEGF薬についてで、新たなタイプの抗VEGF薬や新しい適応についての成果でした。いずれこの内容を上手く日本流にアレンジして日本にあった治療方針などができてくるでしょう。

今年でしばらく終わりだろうフォートローダーデール開催。気候以上に熱い学会でした。

来年はイチロー選手在籍マリナーズのシアトル、西海岸で行きやすい・・かな。

若い先生方はこんな機会もありますので興味を持たれましたら気軽に当医局の門を叩いて覗きに来て頂ければと思います。少しでよければフロリダの熱気をお分けします!

それでは、温かくなってきたと油断されて体調を崩しませんよう。