診療案内

診療科の概要

包括的がん治療学教室の附属病院での診療科部門は「信州がんセンター」となります。腫瘍内科、放射線治療科、疼痛緩和科の3つの診療科を有していますが、診療はすべて包括されています。胸部悪性腫瘍や消化器癌を中心に、血液悪性腫瘍、頭頚部癌、原発不明がん、軟部肉腫や、その他の稀な悪性腫瘍の治療も取り扱います。がん薬物療法(化学療法)に加え、放射線治療併用による集学的治療にも力を入れています。

当科にはがん薬物療法専門医、放射線治療専門医、緩和ケア専門医が在籍しており、それらの専門医取得をめざす若い医師の指導に日々努力しています。がん薬物療法に伴う副作用対策(支持療法)、遠隔転移巣への対処、インフォームド・コンセント、症状緩和療法など、原発臓器に拘わらず、臓器横断的に専門的な診療を心がけています。がん治療領域のセカンドオピニオンの受け入れも積極的に扱っています。

疼痛緩和科では、緩和ケアセンターとして多職種からなるチームの中心的立場で院内全体の緩和ケア提供に努めています。

信州がんセンターは、都道府県がん診療連携病院として、県内の先導的立場であること、またがん患者にとって最後の砦である立場でもあることを認識して行くと同意に、地域との医療連携を強化していくことも重要と考えています。信州がんセンターの診療内容の詳細はホームページをご覧ください。

診療予定表

腫瘍内科
(通院治療室)
神田慎太郎 小泉 知展
福嶋 敏郎
小林 孝至 五味 大輔 小林 孝至
腫瘍内科
(南2階)
- 関口  和 小泉 知展 神田慎太郎 -
緩和ケア外来 - 平林 高暢 平林 高暢
間宮 敬子
間宮 敬子
平林 高暢
間宮 敬子
診療案内
  • 教室案内
  • 診療案内
  • スタッフ紹介
  • 研修医・学生の皆様へ