研究テーマ一覧>テーマ10 前へ 次へ

テーマ10:成人型シトルリン血症(シトリン欠損症)の診断ならびに病態の多様性と治療法の開発

成人型シトルリン血症(CTLN2)は、尿素回路酵素であるアルギニノコハク酸合成酵素(ASS)の低下によりアンモニア代謝が障害され、非常に難治性の代謝性脳症を来す疾患である。本疾患は、ミトコンドリア内膜上に存在するシトリンの欠損に起因することが明らかにされている。シトリンはグルタミン酸ーアスパラギン酸の輸送蛋白であり、アンモニアの代謝に深く関与している。

当科では、本疾患に肝移植療法が有効であることを、当院移植外科と鹿児島大学大学院分子病態生化学教室との共同研究で、多数例の患者の臨床データを基に明らかにしてきた。また本症に対するグリセオールの危険性を提唱し、現在は低炭水化物食を中心とした食事療法や経口ピルビン酸療法などの、肝移植以外の有効な内科的治療法の開発を行っている。

また本疾患は、中枢神経症状だけでなく脂肪肝、膵炎、肝臓癌を併発し、症状の多様性に富んだ疾患である。現在、本疾患と若年性膵炎・肝臓癌・脂肪肝との関連性についても研究を行っている。

Merge

関連した主な業績・発表

  • Yazaki M, et al: Complete neurological recovery of an adult patient with type II citrullinemia after living related partial liver transplantation. Transplantation 62: 1679-1684, 1996.
  • Ikeda S, et al: type II (adult onset) citrullinemiae: clinical pictures and the therapeutic effect of liver transplantation. J Neurol Neurosurg Psychiatry 71: 663-670, 2001.
  • Hagiwara N, et al: Hepatocellular carcinoma in a case of adult-onset type II citrullinemia. Intern Med 42: 978-982, 2003.
  • Ikeda S, et al. Chronic pancreatitis associated with adult-onset type II citrullinemia: clinical and pathologic findings. Ann Intern Med 141:W109-W110, 2004.
  • Yazaki M, et al. Feasibility of auxiliary partial orthotopic liver transplantation from living donors for patients with adult-onset type II citrullinemia. Liver Transpl 10:550-554,2004.
  • Yazaki M, et al. Risk of worsened encephalopathy after intravenous glycerol therapy in patients with adult-onset type II citrullinemia (CTLN2). Intern Med 44:188-195,2005.