研究テーマ一覧>テーマ9 前へ 次へ

テーマ9:無セルロプラスミン血症などの脳内鉄沈着を伴う神経変性症(neurodegeneration with brain iron accumulation、NBIA)の病態解明

当科では1995年に世界で初めて無セルロプラスミン血症の剖検報告、およびセルロプラスミン遺伝子の変異を同定し、機能喪失性のセルロプラスミン遺伝子変異がヒトにおいて脳、肝臓、膵臓、腎臓など全身の諸臓器に過剰な鉄沈着をきたすことを明らかにした。以来、本症脳の神経病理学的な解析、モデル動物における病態解明を行ってきた。無セルロプラスミン血症は「脳内鉄沈着を伴う神経変性症(neurodegeneration with brain iron accumulation、NBIA)」の疾患概念の発端となった病気であり、現在では無セルロプラスミン血症を含めて10の疾患が包括されている。脳内の鉄沈着はParkinson病やAlzheimer病の病態修飾因子としても知られている。稀少な遺伝病研究を端緒として、よりcommonな神経変性疾患における脳内鉄代謝異常の研究へと視野を拡げて行きたいと考えている。

セルロプラスミン欠損マウス
セルロプラスミン欠損マウス
セルロプラスミン欠損マウス肝臓に見られた鉄沈着
セルロプラスミン欠損マウス
肝臓に見られた鉄沈着

関連した主な業績・発表

  • Ogimoto M, Anzai K, Takenoshita H, et al. Criteria for early identification of aceruloplasminemia. Intern Med 50: 1415-1418, 2011.
  • Hineno A, Kaneko K, Yoshida K, et al. Ceruloplasmin protects against rotenone-induced oxidative stress and neurotoxicity. Neurochem Res 36, 2127-2135, 2011.
  • Kaneko K, HinenoA, Yoshida K, et al. Extensive brain pathology in an aceruloplasminemia patient with a prolonged duration of illness. Hum Pathol 43 (3): 451-456, 2012.
  • Dziewulska D, Doi H, Fasano A, Erro R, et al. Olfactory impairment and pathology in neurodegenerative disorders with brain iron accumulation. Acta Neuropathol 126: 151-153, 2013. (doi: 10.1007/s00401-013-1136-3).
  • Matsushima A, Yoshida T, Yoshida K, et al. Superficial siderosis associated with aceruloplasminemia. Case report. J Neurol Sci 339 (1-2): 231-234, 2014.
  • oshida K, Hayashi H, Wakusawa S, et al. Coexistence of copper in the iron-rich particles of aceruloplasminemia brain. Biol Trace Ele Res 2016. [Epub ahead of print]