研究テーマ一覧>テーマ2 前へ 次へ

テーマ2:全身性ALアミロイドーシスに対する新規治療法の確立

全身性ALアミロイドーシスは免疫グロブリン軽鎖由来のアミロイド蛋白が全身の臓器に沈着して機能障害を引き起こす予後不良な疾患である。我々の研究グループは欧米で開始された自己末梢血幹細胞移植併用大量化学療法(HDM)を全国に先駆けて導入し、完全寛解を含む良好な治療成績を報告した。またフローサイトメトリーを用いた骨髄内の異常形質細胞の検出や血清中のfree light chainが本症の診断や治療効果の判定に有用であることを報告した。近年、新しい作用機序を持つ新規薬剤が登場し全身性ALアミロイドーシスの治療はさらに変化しつつある。我々は本邦でいち早く新規薬剤(ボルテゾミブ)を用いた治療を導入し良好な成績を上げている。ボルテゾミブとデキサメサゾンを組み合わせた治療法(BD)はHDMの適応のない状態の悪い患者さんにも施行可能であり、かつHDMよりも安全で治療成績も優れた可能性があることを見出して報告した。

関連した主な業績・発表

  • Katoh N, Ueno A, Yoshida T, Tazawa K-I, Shimojima Y, Gono T, Sekijima Y, Matsuda M, and Ikeda S-I. Bortezomib-dexamethasone versus high-dose melphalan for Japanese patients with systemic light chain (AL) amyloidosis: a retrospective single-center study. Int J Hematol 105: 341-348, 2017.
  • Gono T, Matsuda M, et al. Nephrotic syndrome due to primary AL amyloidosis, successfully treated with VAD and subsequent high-dose melphalan followed by autologous peripheral blood stem cell transplantation. Intern Med 42: 72-77, 2003.
  • Matsuda M, Gono T, et al. Phenotypic analysis of plasma cells in bone marrow using flow cytometry in AL amyloidosis. Amyloid 10: 110-116, 2003.
  • Matsuda M, Gono T, et al. Evaluation of intensive chemotherapy in primary systemic AL amyloidosis. Usefulness of flow cytometric analysis of plasma cells in the bone marrow. Amyloid 10: 250-256, 2003.
  • Gono T, Matsuda M, et al. VAD with or without subsequent high-dose melphalan followed by autologous stem cell support in primary AL amyloidosis: Japanese criteria for patient selection. Amyloid 11: 245-256, 2004.
  • Matsuda M, Yamada T, et al. Serum levels of free light chain before and after chemotherapy in primary systemic AL amyloidosis. Intern Med 44: 428-433, 2005.
  • Shimojima Y, Matsuda M, et al. Correlation between serum levels of free light chain and phenotype of plasma cells in bone marrow in primary AL amyloidosis. Amyloid 12: 33-40, 2005.
  • 松田正之:ALアミロイドーシスと自己末梢血幹細胞移植.血液・腫瘍科 47: 26-32, 2003.
  • 松田正之:原発性ALアミロイドーシス―臨床像と診断法― アミロイドーシスの基礎と臨床、pp. 105-111、金原出版、東京、2005.
  • 松田正之:原発性ALアミロイドーシス ―形質細胞異常症の検出法と治療法― アミロイドーシスの基礎と臨床、pp. 112-119、金原出版、東京、2005.