外来診療

外来診療について

お問合せ:信州大学第三内科外来 TEL 0263-37-2773

当科では、脳神経内科、リウマチ・膠原病内科の診療を行っています。待ち時間を短縮するために、再診は完全予約制とし、初診の方には初診日を設定しています。

外来診療日につていはこちら

脳神経内科、リウマチ・膠原病内科

初診日:水曜、金曜日(受付は11時30分まで)
 (お急ぎの場合は、他の曜日も受け付けます)
再診日(予約制):月、火、水、木、金曜日

診療内容

脳神経内科

頭痛、めまい、しびれ、麻痺、ふるえ、物忘れ、けいれんなどの症状でお困りの患者様の診療を行います。代表的な病気には、脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、アルツハイマー病、てんかん、脊髄小脳変性症、脳炎、多発性硬化症、重症筋無力症、ギラン・バレー症候群などの末梢神経疾患、筋ジストロフィーなどの筋疾患があります。

リウマチ・膠原病内科

関節痛、筋痛、発熱、レイノー症状(手が白くなる)、皮膚の異常などでお困りの患者様の診療を行います。代表的な病気には、関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、皮膚筋炎、多発筋炎、全身性硬化症、多発血管炎などがあります。

高度な医療または特徴的な医療

当科では従来、難病といわれた疾患に対する治療に積極的に取り組んでいます。特にアミロイドーシスに関しては、全国から患者さんが集まっており、常時5名ほどのアミロイドーシス患者が入院しています。特色ある治療としては以下のようなものがあります。

  1. 遺伝性アミロイドーシス、先天性高アンモニア血症などの代謝病に対する脳死および生体部分肝移植(移植外科との連携により)
  2. 新規薬剤を用いた、免疫性アミロイドーシスに対する造血幹細胞移植を併用しない低侵襲効果的治療
  3. 各種膠原病に対する免疫抑制療法など
  4. 急性多発神経炎、慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)患者に対する免疫抑制療法など
  5. 遺伝性神経疾患に対する遺伝子診断と遺伝カウンセリング