信州大学

信州大学医学部

信州大学医学部付属病院

信州大学医学部内科第二教室

  1. ホーム
  2. 第二内科紹介
  3. 教室紹介

教室紹介

集合写真

教室の歩み

信州大学第2内科学教室の開講は昭和26年4月で、東京大学講師であった岸本克巳先生が初代教授として就任した。物資不足の時期にありながらも、岸本教授の精力的な行動により診療形態は急速に整えられ、 そして消化管の神経支配に関する研究を中心に消化器病学の研究が始まった。
昭和28年8月大島良雄先生を教授に迎え、温泉が豊富な地の利を活かした温泉医学と、 終戦当時の日本で蔓延していた覚醒剤中毒に関する研究が行なわれた。

昭和30年10月に松岡松三先生を第3代教授に迎え、肝疾患と血液凝固線溶系の関連、 動脈硬化と凝固亢進との関連などの研究が行われた。昭和36年には教室在籍者50名を数えるに至った。

昭和39年4月小田正幸教授が赴任した。 小田教授は、内科学全般にわたる基礎知識を修得するとともに高いレベルの専門分野の医学を身につけることを強調し、胃腸・肝臓・膵臓・糖尿病・血液・循環器の6つの診療・研究グループを創設された。早期消化器癌の診断、膵炎の病態解析、 ウイルス肝炎の病態と診断、糖尿病性血管障害発生の機序などが精力的に研究された。この頃より始められた肝臓に関する疫学調査と肝生検標本,患者保存血清の蓄積はその後のB型, C型ウイルス肝炎の研究に多大な貢献をすることとなった。

昭和54年5月古田精市先生が第5代教授に就任した。新たに腎臓グループが誕生し7つの診療・研究班体制となり、総合内科としての位置付けが出来上がった。研究面では学内の基礎系教室や国内外の研究施設との交流が盛んとなった。 特にウイルス肝炎の臨床疫学的な研究は国の内外で評価されるに至った。更に生体肝移植も始まり内科的なサポートを行うようになった。

平成7年4月からは肝炎ウイルスの研究では日本の第一人者のひとりである清澤研道先生が第6代教授に就任した。医師としての基本を“患者がやすらぎを感じ、生きている喜びを持てるようにすること“と説き、患者目線で患者中心の医療が行われる体制を築いた。研究面ではC型肝炎の自然史を明らかにし、C型肝炎の撲滅に尽力し多大な功績を残した。

平成20年4月からはB型慢性肝炎の臨床研究では日本を先導している田中榮司先生が第7代教授に就任し、診療・研究両面で先代の勢いをそのまま引き継ぎ現在に至っている。

外来患者数1日あたり約200人、ベッド数59床、関連病院17を数え、 研究班は肝臓・胃腸・胆膵・腎臓・血液の5つがあり、それぞれ最先端の研究・治療を行っている。

現在の診療・研究活動の目標

チャレンジ精神と和、強い好奇心を教室のモットーとし、 熱心で有能な臨床医を育てること、レベルが高く臨床に役立つ研究をすることを第一の目標としている。

多くの専門班(胃腸、肝臓、膵臓、血液、腎臓)を有しているが、診療研究に関し共通するいくつかのテ-マがある。 特に悪性腫瘍に対する遺伝子学的アプロ-チや移植医療などに対しては、専門分野を越え協力し病態の究明や治療を行なっている。


更新情報

更新情報
内科学第二教室からのお知らせや更新情報を掲載しています。

医学生・研修医の方へ

医学生・研修医の方へ
医学生や研修生に向けた研修案内や大学院研修案内などを紹介しています。

同門会会報

同門会会報
第二内科 医学生・研修医の方へ 医学生・研修医の方へ 研修案内 大学院研修案内
  • 信州大学医学部
  • 信大医学部附属病院
  • 信州大学医学部内科学第二教室
    〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1
    TEL : 0263-37-2634
    FAX : 0263-32-9412
    MAIL : ninai@shinshu-u.ac.jp