信州大学医学部附属病院遺伝子診療部 信州大学医学部遺伝医学・予防医学講座

  • トップページ
  • 受診のご案内
  • 講座のご案内
  • ごあいさつ

遺伝子診療部について

TOPページ >> 受診のご案内 >> 遺伝子診療部について

遺伝や遺伝性疾患について心配なときは、遺伝子診療部にご相談下さい。

遺伝性疾患とは遺伝する病気という意味ではなく、遺伝情報をになう染色体や遺伝子の変化によって起きる病気をいいます。現在では様々な病気に遺伝情報が関係していることが明らかになっています。

  • お子さんが生まれつきの病気を持っているけれども、病名がはっきりしないとき。
  • 家族が似たような体質を持っているけれども、遺伝するものなのか詳しく知りたいとき。
  • 自分や家族の体質が、これから生まれてくるお子さんに遺伝しないかと心配なとき。

そんなときはどうぞ私どもにご相談ください。遺伝の専門医がご相談に応じます。

遺伝子診療部とは

昨今の分子遺伝学研究の進展により、病気と“遺伝子”のかかわりが急速に明らかにされてきています。単一遺伝子疾患に限らず、いわゆる“common disease”と呼ばれるがんや糖尿病など多因子疾患においても病気の発症や進展にいくつもの遺伝子が関与することが知られてきています。今や病気の理解、患者様の診断・治療は“遺伝子”抜きには語れない時代になりつつあります。

このような医療情勢を背景に、遺伝子診療部は遺伝性疾患に関する患者様、ご家族のさまざまな不安、悩み、疑問に対応することを目的に設立されました。

このページの先頭へ
 

遺伝子は人のからだの設計図です。誰もがみな遺伝子の変化を持っています。

遺伝子とは生き物の体を作る設計図のようなものです。人間の体はたくさんの細胞でできています。それぞれの細胞には染色体があり、その中に遺伝子は存在しています。人は両親から1組ずつ受け継いだ、計2組の遺伝子を持っています。遺伝子という設計図にしたがって1個の受精卵から体の様々な部分が作られます。遺伝子に何らかの変化があると病気になることがあります。誰もがみな遺伝性疾患の原因となりうる遺伝子の変化を持っているといわれ、遺伝性疾患は決してめずらしいものではありません。

このページの先頭へ
 

臨床遺伝学の専門知識をもとに、遺伝にまつわる不安や悩みに対し適切な助言をします。

遺伝カウンセリングは、遺伝性疾患の患者さんや遺伝について不安や悩みを抱えている方のための医療です。そのために私どもの遺伝子診療部では、臨床遺伝の専門医がさまざまな領域の遺伝カウンセリングに対応できるようにしています。必要に応じて遺伝子検査やその他の臨床検査を行ない、正確な診断をしたうえで、適切なアドバイスをします。