信州大学医学部附属病院遺伝子診療部 信州大学医学部遺伝医学・予防医学講座

  • トップページ
  • 受診のご案内
  • 講座のご案内
  • ごあいさつ

信州大学大学院医学系研究科修士課程医科学専攻遺伝カウンセリングコースについて

TOPページ >> 講座のご案内 >> 講座案内

わが国初の遺伝子診療部

遺伝医学・予防医学講座教授 遺伝子診療部部長 福嶋 義光 近年の分子遺伝学の著しい進歩により、多くの疾患の病因が遺伝子レベルで解明されてきています. 21世紀は予防医学の時代になるであろうといわれるように、遺伝子情報に基づいて、病気になる前から一人一人の体質を明らかにし、それぞれに適した生活環境を整えたり、予防薬を服用するなどして、病気を発症しないようにする新しい医学・医療が始まろうとしています.

 遺伝子情報を医療の場で生かしていくためには、患者・家族に対する遺伝カウンセリングが必須であり、また遺伝情報の漏洩、遺伝的差別、検査の強要などが起こらないように、
倫理的諸問題にも対応できる体制を作る必要があります.

 信州大学では,遺伝子診療を次のような医療であると定義し、1996年5月より活動しています.

  • 十分な遺伝カウンセリングを行う
  • 適切な遺伝子検査を実施する
  • 倫理的問題に十分配慮する
  • 遺伝子情報に基づいた適切な治療に結びつける

 これらの活動が、2000年(平成12年)4月、文部省(当時)に認められ、「遺伝子診療部」が国立大学医学部附属病院の特殊診療科としてはじめて、信州大学医学部附属病院に正式に設置されました.その後,50を超える大学病院に遺伝子医療部門が設置されるようになり,全国遺伝子医療部門連絡会議が2003年から開催されています.同連絡会議の事務局は信州大学医学部附属病院遺伝子診療部におかれています.

 その他,信州大学は,臨床遺伝専門医制度委員会事務局(2005年3月まで)を務め,遺伝子解析に関係する各種倫理指針・ガイドライン作成委員,人類遺伝学会,遺伝カウンセリング学会,遺伝子診療学会の理事,評議員,各学会の委員などを数多く輩出するなど,わが国の遺伝医療の体制作りの中核的役割を担っています.

このページの先頭へ
 

特 徴

1) 医学部医学科における遺伝医学系統講義,遺伝医学実習,医学研究科の人類遺伝学研究方法特論などを組み入れるなど,遺伝医学を総合的に学ぶことのできる充実したカリキュラムが用意されています.それとともに医科学修士課程として,解剖学など医学一般について学ぶ機会もあります.

2) 全国唯一の省令部門である信州大学医学部附属病院遺伝子診療部および長野県立こども病院遺伝科において行われている遺伝カウンセリングに同席し,さまざまな領域の遺伝カウンセリングを実体験できるようにしています.

3) 実習報告書の作成,および修士論文のための研究指導は遺伝子診療部スタッフ(複数の臨床遺伝専門医,臨床心理士,遺伝医学研究者,臨床遺伝外来担当看護師等)が責任を持って行います.

4) 身近に実績のある遺伝医学研究者および経験豊かな臨床遺伝専門医・指導医が数多くいるので,疑問な点は何でも気軽に質問できます.

5) 遺伝子診療部,医学部,および県立こども病院で行われる多くの講演会に出席できます.