信州大学医学部附属病院遺伝子診療部 信州大学医学部遺伝医学・予防医学講座

  • トップページ
  • 受診のご案内
  • 講座のご案内
  • ごあいさつ

大学院について

TOPページ >>講座のご案内 >> 大学院について >> 入試情報

大学院入試情報

認定養成機関部署(問い合わせ先)
信州大学大学院医学系研究科修士課程医科学専攻 遺伝カウンセリングコース
  〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1 TEL.0263-37-2618

特記事項

特記すべき出願資格

医科学修士課程の選抜試験とは別に、遺伝カウンセリングコースとしての事前審査があります。 この結果により、出願に必要な受験承諾書を出すことができない場合があります。 看護師などすでに医療職としての資格のある場合は優先して受け入れることにしています。

必須事項

事前審査として、平成29年7月28日(金)までに事前面接を行う必要があります。あらかじめご連絡ください。

オープンキャンパス

平成29年度のオープンキャンパスは7月7日(金)に行われます。大学院係のページでご確認ください

事前審査 問い合わせ先

詳細は、入試情報をご確認ください → こちらです

信州大学大学院医学系研究科遺伝医学・予防医学教室
河村
TEL:0263-37-2618 FAX:0263-37-2619
E-mail:iden@shinshu-u.ac.jp

平成29年度入試情報(第1次募集)

出願手続期間

平成29年7月24日(月)~平成29年8月2日(水)

出願資格審査

平成29年7月10日(月)~平成29年7月14日(金)
(※出願資格認定の必要な者のみ)

試験日

平成29年9月1日(金)

合格発表

平成29年9月14日(木)

入学手続

平成29年9月28日(木)~平成29年10月6日(金)

募集人数

遺伝カウンセリングコースでは、若干人を受け入れます。

選抜方法・選抜試験

小論文、外国語試験(英語)、面接試験の結果および出願書類等を総合して行います。
外国語試験については辞書(医学用語辞典も含む)の持込可。辞書機能を持つ電子機器類は不可。

入学検定料

30,000円

もっと知りたいこと・・・(Q&A)

Q1:どのようなコースですか、詳しく教えてください。

A: 信州大学医学部に設置された大学院医学系研究科の修士課程医科学専攻の一分野として、遺伝カウンセリングを専門的に学ぶコースです。

Q2:卒業すると、どのようなメリットがありますか?

A: 修士課程ですので、修了までの間に修士論文を仕上げ、最終的には医科学修士のタイトルが得られます。 また、2005年度から開始された日本人類遺伝学会と日本遺伝カウンセリング学会が合同で運営する「認定遺伝カウンセラー制度」委員会により、 本コースは、認定遺伝カウンセラー制度専門課程としての認定を受けましたので、 本コース修了後、「認定遺伝カウンセラー」認定試験の受験資格を得ることができます。

Q3:資格は、看護職などと書いてありますが?

A: 課程修了後に、医療の場で活躍を希望する場合は、すでに、看護、臨床検査技師、薬剤師などの医療職として資格のある方のほうが、 就職が容易である可能性があるということを考慮してのことです。これは、非医師の遺伝カウンセラーの資格設備が整うまでの暫定的なことです。 けっして、医療職の資格がない方の応募資格がないわけではありません。ただし、修士課程ですので入学資格として原則、学士の資格は必要です。
学士のない方など、本学の出願資格に該当する方は、まず遺伝医学・予防医学教室、電話番号 0263-37-2618 にお電話をください。

Q4:応募したいのですが?

A: 願書とは別に、高校入学からの学歴、職歴、研究歴を含んだ履歴書と、志望の理由を沿えて下記宛にお送りください。応募のあった方について遺伝子診療部で事前の審査をします。

郵送宛先
〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1
信州大学医学部遺伝医学・予防医学教室

Q5:入学金・授業料は?

A: 国立大学法人信州大学の定める修士課程と同額の費用がかかります。

年間学費 入学金:282,000円、
授業料(年額):535,800円(平成27年現在)