ホーム >

科目案内 > 新入生ゼミナール科目

新入生ゼミナール科目

共通教育の目標の「6大学教育における基礎的な能力の育成」の内の「大学教育を受けるための基礎能力の育成」を目的とします。
受験勉強中心の高等学校までの勉学から、自ら学ぶ態度を培い、学問の面白さ、自身の専門への動機付けにより、大学での学びへと橋渡しをするためのゼミナールを前期、又は前期及び後期(学部・学科(課程・系)によって指定)に開講します。
基礎的な情報通信技術、情報の集め方の確認や、授業の受け方、大学の諸施設の使い方などの基本から始まり、口頭・文書によるコミュニケーションの基礎を含む大学での学びへの導入教育など、大学における学習の一般的スタイルの獲得を目指します。また、共通教育を中心に自らの学修の目標とそのための計画の立案を行います(ポートフォリオ作成)。
教員と学生の人格的な交流を活かしつつ、基本的には、大学に入ったばかりのみなさんが、大学生として主体的に勉学に取り組む姿勢をつくる場として開設されます。
レポート作成、発表を通じて日本語の作文力や話し方について訓練し、専門教育の内容や施設に直接触れることを通じて、大学生としてのみなさんの意識形成を図ります。
このゼミナールは学部・学科(課程)の方針に従い、学部・学科(課程・系)の教員によって実施されます。

▲ページの先頭へ