ホーム >

科目案内 > 外国語科目

外国語科目

外国語科目の目的

共通教育の目標の内の「6.大学教育における基礎的な能力の育成」の「大学教育における基礎的な能力として,外国語コミュニケーション能力」の育成をめざします。グローバルな情報や知識を受信し,地域や自文化の情報を発信し,さまざまな文化背景を持つ人々との対話や討論をするための基本的な運用力の育成を目指します。さらにそれらを通じて異質なものとの共存の方法を考え,客観的な視座と寛容の心を養うことを目的とします。

本学の外国語科目の特色

本学の外国語科目の特色は,英語をはじめ,基本的には多様な言語をその意欲や関心に応じて学習できることです。また,統一的なカリキュラムのもとで多様な学習プログラムが用意されており,多くの外国語クラスにおいてはネィティブ・スピーカーによる少人数の授業が受けることができます。

どんな外国語の授業があるか

開設される外国語科目は,英語,中国語,ドイツ語,フランス語,ロシア語,ハングル,スペイン語です。外国語8単位以上を履修しますが,学部や学科(課程)によって,履修要件や認定される単位についての規定が異なりますので、各学部の履修指導に従ってください。
希望の外国語が履修できない場合は,教養科目の社会科学群で関連科目が開講されていれば,それらを履修してください。

▲ページの先頭へ