ホーム >

スペシャルコンテンツ > 共通教育グッドプラクティス

共通教育グッドプラクティス

全学教育機構では、企画実施する信州大学の共通教育の教育改善に資するため、すべての共通教育開講科目の中から、優れた実践を「共通教育グッドプラクティス」として毎年選定することとしています。これは、共通教育科目における、優れた取組を表彰し、内容およびその成果をあらゆる機会を捉えて全学に広め、もって共通教育さらに本学教育全体の改善への一助とするものです。

選定の流れ

共通教育グッドプラクティスの選定は、以下のような流れで行われます。

1. テーマ決定
「効果ある授業方法」を中心として、当該年度の募集テーマを決定します。

2. 学生による投票
前期・後期ごとに、受講した共通教育科目のうち、最も上記テーマに沿った内容だと思う授業を1つ選択し、学生が投票を行います。

3. 応募授業のピアレビュー
投票得点上位5位までの授業について、全学教育機構ホームページに掲載し、全学の教員に一定期間ピアレビューを推奨します。

4. 審査
全学教育機構教務委員会において行います。

5. 選定授業担当者による取組発表
選定授業担当者により、取組の概要と要点を発表していただく選定取組発表会を実施します。

▲ページの先頭へ