ホーム >

スペシャルコンテンツ > フレッシュキャンパスセミナー > フレッシュキャンパスセミナー詳細

フレッシュキャンパスセミナー

2014.05.09

第65回信州大学全学教育機構(SGE)フレッシュキャンパスセミナーの開催記録

 

第65回 ①.jpg

 

 

開催日時:平成25年10月25日(金) 18時~19時30分


講師:伊藤 靖夫   (信州大学全学教育機構准教授)


題目:「おばあちゃん仮説」とわたしたちがいる理由


概要: 現代のヒトの雌ほど、生殖能力を失ったあとも長期間生き続ける生物は他にいません。以前は、ヒトの「閉経」は生物で唯一の現象という見方もありました。同じヒトでも雄は生涯生殖可能です。 サケが産卵後、力尽きて死んでゆく様子を見て、不思議に思われたことはないでしょうか?

「おばあちゃん仮説」はこれを適応戦略として説明するもので、‘ヒトの雌の遺伝子’にとって、年をとってから子を産むリスクを冒すよりは、孫の世話をすることによって生存確率を高めるほうが、後代の(遺伝子の)コピー数が多くなるという考え方です。

今回はこの仮説を題材に、進化、すなわち私たちが存在する理由の基本的な仕組みについてお話します。

▲ページの先頭へ