ホーム >

スペシャルコンテンツ > フレッシュキャンパスセミナー > フレッシュキャンパスセミナー詳細

フレッシュキャンパスセミナー

2012.05.09

第49回信州大学全学教育機構(SGE)フレッシュキャンパスセミナーの開催記録

hashiura.JPG

 

開催日時:平成24年3月13日(火) 18時~19時30分

 

講師:橋浦 史一  (信州大学全学教育機構教授)                   

 

題目:島崎藤村 - 詩から小説へ -

 

概要:島崎藤村は小諸時代に詩人から小説家へ転じた。『若菜集』が最初の詩集であり、小諸の地で歌われた『落梅集』が最後の詩集である。
 やがて藤村は詩から小説の形式を選ぶようになる。しかし詩人から小説家に転ずるに際し、どうしたら的確な文章表現ができるようになるかが問題であった。藤村はそうした課題を「写生」という方法で解決しようと試みた。
 その試みの中から、「雲」や『千曲川のスケッチ』が生まれた。「雲」は小諸での自然観察であり、『千曲川のスケッチ』は小諸の生活と風土の中から生まれたものであった。
 最初の長篇小説『破戒』の執筆に至るまでの課程を、『落梅集』、「雲」、『千曲川のスケッチ』、『緑葉集』の序文、『破戒』に関する藤村の論述、その他によって説明したい。

▲ページの先頭へ