ホーム >

スペシャルコンテンツ > フレッシュキャンパスセミナー > フレッシュキャンパスセミナー詳細

フレッシュキャンパスセミナー

2009.02.17

第17回信州大学全学教育機構フレッシュキャンパスセミナーの開催記録

さる2月13日(金)、本学全学教育機構大会議室において、第17回信州大学全学教育機構フレッシュキャンパスセミナーが開かれました。
これは、開かれた大学としての信州大学を目指して、教職員、学生及び地域住民の方々の相互の親睦を深めるとともに、現代社会のさまざまな問題をともに学び考えていくために、全学教育機構教員有志によって設けられたセミナーです。
今回は、鈴木治郎・全学教育機構教授による「暮らしに活かす暗号技術―『振り込め詐欺』対策にも役立つ―」と題する講演が行われました。本学の教職員や学生のほか、一般市民の方まで、25名ほどの方々が集まりました。遊具を使っての謎解きゲームを混えながらの、安全に通信を行なうための技術に関するお話に、一同興味深く聞き入り、特に「本当の情報を相手に知らせないことが肝心」「折角の機会だから相手と会話を楽しむのが『振り込め詐欺』、『ニセ孫』、『ニセ息子』を見破るのに有効な方法です」との指摘に、頷くこと頻りでした。お話のあと、参加者から効果的な振り込め詐欺対策について質問や意見が出され、活発な議論が交わされました。会の終了後には、講師を囲んでの懇親会が開かれました。

 

 

CIMG5261.jpg     CIMG5265.jpg

 

 

 

      

 

 

 

▲ページの先頭へ