ホーム >

お知らせ > お知らせ詳細

お知らせ

2017.10.30  

第10回国際交流セミナー・第85回フレッシュキャンパスセミナー開催記録

平成27年10月27日(金)ボルネオ中央高地の国境を越えた保全イニシアティブ~内側から見て~

という題目のもと、ジャイル・ラングブ氏(マレーシア・サラワク大学ボルネオ研究所研究員)

・小泉 都 氏(京都大学総合博物館特別研究員)を講師に迎え、

第10回国際交流セミナー・第85回フレッシュキャンパスセミナーが共同開催されました。

 

ボルネオ中央高地における先住民族の連携組織であるフォルマダは、

インドネシア北カリマンタン州のクラヤン高原の先住民族とマレーシアのサラワク州、

サバ州のクラビット、マリガン高原の先住民族からなる国境を越えた草の根の活動を行っています。

ボルネオ高地のコミュニティの意識と理解を深め、文化的伝統を保持し、地域のキャパシティを構築し、

社会や自然の環境の健全性を損なうことなくボルネオ高地における持続的な開発を支援しています。

講演者のジャイル氏自身も高地の先住民族であることから、現地の視点からお話をいただき、

また、小泉氏は現地調査の報告を交えてお話いただきました。

 

IMG_1969.jpg

 

▲ページの先頭へ