ホーム >

お知らせ > お知らせ詳細

お知らせ

2012.03.08  

全学教育機構 小山茂喜教授の授業で学生が新聞記事を教材化した学習指導案の作成とプレゼンテーションを行いました

  全学教育機構小山茂喜教授が、教職課程の平成23年度後期授業「道徳授業の理論と実践」の中で、学生が新聞記事を活用した教材開発とプレゼンテーションを行いました。(写真は1月26日の繊維学部での授業の様子です。)
 教職を目指す学生達は、東日本大震災に関する記事などを資料に、実際に教壇に立つ時に、いかに生徒たちに理解を深めさせる授業ができるのかを考えながら真剣に取り組みました。
 小山教授から学生達へは、新聞記事に込められた記者の思いと自分の体験とをすり合わせるなどして、さらに学習指導案を充実させることができるのではないか等のアドバイスが与えられました。
 この授業で学んだことを、各々の学生達が将来教員となった時に実際の授業に生かしてくれることが期待されます。

▲ページの先頭へ