ホーム >

お知らせ > お知らせ詳細

お知らせ

2012.03.28  

信濃毎日新聞社と信州大学全学教育機構との連携に関する覚書の更新について(2012年3月16日)

 

 

 平成21年4月から信濃毎日新聞社と全学教育機構で取り交わされていた相互連携に関する覚書が3年の期限となるため、3月16日にその更新が行われました。
 相互連携による主な取組みとして、前回と同様、来年度後期に教養科目として「新聞と私たちの社会」(寄附講義)を開講します。この講義は、全学教育機構の分藤大翼准教授がコーディネーターとなり、毎回、同社の方々をゲストスピーカーとしてお招きし、新聞の作り方や読み方、社会での役割について、お話しいただくオムニバス形式になっております。学生にとって新聞を通じて社会についてさらに深く考えるきっかけになることが期待されます。また、本学など県内8大学が加盟し、学生の基礎教育に共同で取り組む「高等教育コンソーシアム信州」の加盟大学向けに、インターネット経由で授業の映像を提供し、単位互換協定によって本学以外の受講生にも単位認定する予定です。さらに市民開放授業にすることも予定しています。

大学以外の分野から支援を受けることにより授業の充実が期待されます。

 

          

 shinanomainichi1.JPG

                        

shinanomainichi2.JPG

 

▲ページの先頭へ