ホーム >

教員紹介 > 人文・社会科学教育部門

人文・社会科学教育部門

あらゆる局面で多様化・高度化する現代社会において、人間はいかに生き、いかにあるべきかを、哲学、文学、言語学、社会学、教育学、政治学、経済学、法学、歴史学、宗教学、文化学など、信州大学が擁する人文社会科学の多彩な専門領域から多角的に講じます。特に現代を生きる学生が同時代の複雑かつ困難な状況を根源的・批判的・創造的に考えるきっかけと方法を提供します。

教員一覧

橋本 純一 教授  社会学(スポーツ社会学、スポーツ文化研究)

スポーツを文化として捉え、文化論的・社会学的パースペクティヴから研究しています。 特にみる(観る、視る、見る)スポーツについて、その意味と機能を探り、社会における望ましいあり方を検討しています。

分藤 大翼 准教授  文化人類学(映像人類学、アフリカ地域研究)

中部アフリカ、カメルーン共和国の熱帯雨林に暮らす狩猟採集民の文化を研究しています。現地調査にもとづいて、自然とともに生きる人々の暮らしについて学びながら、その生活を映像によって記録し、映像作品を制作することによって紹介する仕事もしています。


人文・社会科学教育部門

▲ページの先頭へ