ホーム >

イベント情報 > イベント情報詳細

イベント情報詳細

2017.10.27  

11月17日(金)第86回 フレッシュキャンパスセミナー: ローカル・イノベーションと地方創生

【題 目】 ローカル・イノベーションと地方創生


  地方創生に向けては「若者が新しいこと・とんでもないことにチャレンジできる社会を創る。

そんな若者を応援する大人をもっと増やすべき」というのが、私の考える地方創生の仮説です。

そこでまずは、私があらゆることに挑戦してみて「地方自治体、行政マンもこんな活動ができるんだ」

という先進事例になりたいと思って様々な活動に取り組んできました。

空き家から始まる商店街の賑わい創出プロジェクト、

官民連携や官学連携で取り組む地方創生プロジェクトの話題を通じて、

地域のみなさん、大学の教員や事務の方、大学生のみなさんと、新しい取組を一緒に考えたいと思います。

 

【講 師】:山田 崇(やまだたかし)

                    (塩尻市役所企画政策部 地方創生推進課シティプロモーション係長)

〈略歴〉

塩尻市生まれ。千葉大学工学部応用化学科卒業。

塩尻市役所企画政策部 地方創生推進課シティプロモーション係長。

空き家プロジェクトnanoda代表。

2014年「地域に飛び出す公務員アウォード2013」大賞を受賞。

2016年5月から内閣府地域活性化伝道師に任命。

 

〈活動概要〉

TEDxSakuでのトーク「元ナンパ師の市職員が挑戦する、

すごく真面目でナンパな『地域活性化』の取組み」が話題に。

2016年1月からは「MICHIKARA~地方創生協働リーダーシッププログラム」

を首都圏のプロ人材との協働による官民連携プロジェクトをスタート。

地方の課題解決を民間企業のプロフェッショナル人材との協働実施するプログラムの全国展開を目指す。

2016年9月にソフトバンク地方創生インターンシップTURE TECH

2017年10月にはリクルートホールディングスと塩尻市の包括連携協定など

地方創生プロジェクトを担当。

 

【日 時】:平成29年11月17日(金)18:00~19:30(お話と質疑応答)

 

【場 所】: 信州大学 全学教育機構 大会議室

             松本キャンパス北側(美須々ケ丘高校南側と東側)に市営有料駐車場あり

              視聴自由(定員60名。無料。申し込み不要)

【主 催】  信州大学全学教育機構(SGE)

【企画運営】 フレッシュキャンパスセミナー運営委員会

 

【問合せ先】 同 上  委員長・高野 嘉寿彦

                TEL 0263-37-3067(直通) 学内内線7342

 

 

frecam1711 (2).jpg

 

 

 

▲ページの先頭へ