ホーム >

イベント情報 > イベント情報詳細

イベント情報詳細

2016.12.12  

1月20日(金) 第81回フレッシュキャンパスセミナー:信大1年生教育の33年間

33年前に1年生の教養教育を専門に担当する教養部という部局に化学の教員として赴任しました。しかしその教養部は全国的に解体され、信州大学も11年後に解体され、私は繊維学部に所属しました。繊維学部では卒業研究指導等に加えて所属する学科の1年生の化学授業も担当していました。さらに11年後の2006年に全学教育機構という1年生の教養教育(これを信大では共通教育と名付けました)を専門に担当する組織が全国の国立大学に先駆けて設置されましたので、私は希望して全学教育機構に移りました。

結果的に33年間途切れることなく1年生の教育に携われることができ、また11年毎に全く種類の異なる組織に所属してそれに係ることができました。その間、6年間全学教育機構長として共通教育の運営にも係ることができました。おそらくこのような経験を積むことができた教員は全国でも数少ないと思います。

その経験から感じる信州大学での教育の質の変化、学生の気質の変化等をお話したいと思います。

 

【講 師】

村上 好成 (むらかみ よしまさ) 氏  (信州大学全学教育機構 教授)

 

【略 歴】

大阪市出身

1976年京都大学工学部石油化学科卒業

1983年京都大学大学院工学研究科石油化学専攻博士課程修了(工学博士)

1984年信州大学教養部講師

1987年同助教授

1995年信州大学繊維学部助教授

2006年信州大学全学教育機構助教授

2007年信州大学同教授

2009年信州大学評議員

2009年信州大学全学教育機構長(~2015年)

2014年信州大学総合人間科学系長(~2015年)

 

【研究分野】高分子化学

 

【 所属学会】日本化学会、高分子学会

 

【そ の 他】全国高校総体(インターハイ)硬式庭球種目に大阪府代表として出場、個人戦ダブルスベスト32、団体戦ベスト8。SAJスキー1級

 

【日 時】

平成29年1月20日(金)18:00~19:30  (お話と質疑応答)

 

【場 所】

信州大学 全学教育機構 12番講義室  (南校舎1階)

松本キャンパス北側(美須々ケ丘高校南側と東側)に市営有料駐車場があります。

※聴講自由 (定員200名。無料。申し込み不要)

 

【主催・企画運営】

信州大学全学教育機構フレッシュキャンパスセミナー運営委員会

 

【問い合わせ先】

委員長・高野 嘉寿彦 0263-37-3067(直通) 学内内線7342

 

※ 講演終了後、講演者を囲んでささやかな懇親会を開きますので、こちらにも御参加下さい。

(会費2,000円)

 

 

frecam1701.jpg

 

 

 

▲ページの先頭へ