ホーム >

イベント情報 > イベント情報詳細

イベント情報詳細

2014.07.23  

平成26年度信州大学全学教育機構 公開講座 土曜市民教養教室の募集について

 

土 曜 市 民 教 養 教 室

 

信州大学全学教育機構内に信州大学の教養教育の充実・発展に寄与することを目的に「信州大学の教養教育を考える会」を創設し、事業の一環として地域の皆様を対象とした標記教室を平成20年4月から開講、毎回盛況のうちに終了することができました。平成23年度からは全学教育機構の公開講座になりました。平成26年度も下記の8コースを開講致します。多くの皆様に興味をもって頂ければ幸いです。

 

(追記)重要 H26.8.29

コース5 上條 厚先生ご担当講座の「天草版平家物語を読んで往時の日本語を知ろう」は応募者少数のため、不開講となりました。

 

(追記)重要 H26.8.1

コース7 大塚 勉先生ご担当講座の「糸魚川―静岡構造線と丹那断層を現地で見る」は定員に達しましたので、締め切りました。


 

コース1 :高校理科でたどる宇宙の歴史

                                   講師 三澤 透 (信州大学全学教育機構准教授)

 

 

第1回 9月13日(土) 13:00~14:30

イントロダクション ~ 私たちが知っている宇宙の姿 ~

 天文学は人類史上最も長い歴史を持つ学問の一つと言われています。ガリレオによって拓かれた望遠鏡による天体観測はこの400年の間に大きく発展し、私達の宇宙観を大きく変えてきました。大爆発で始まった宇宙は、現在加速的に膨張しており、その大部分は暗黒物質と暗黒エネルギーという得体の知れないもので出来ています。そんな宇宙の姿について考えます。

 

第2回 9月27日(土) 13:00~14:30

物理学でたどる宇宙の歴史 ~ ビッグバン宇宙 ~

 私たちの宇宙はどのようにして始まったのか? その答えが「ビッグバン」であることに異を唱える研究者はほとんどいません。観測的にもサポートされているこの「ビッグバン理論」とはどのようなものなのか? ビッグバンの産物である現在の宇宙の形、大きさ、年齢はどのくらいなのか? 宇宙の始まりや全体像の解釈には、物理学の助けが必要になります。

 

第3回 10月11日(土) 13:00~14:30

化学でたどる宇宙の歴史 ~ 宇宙の化学進化 ~

 自然界には約90種類の元素が存在しています。私達の体も、酸素、炭素、水素、窒素をはじめとする数多くの元素で構成されています。しかし、宇宙に最初から存在していた元素はほとんど水素とヘリウムだけでした。それでは私達の材料は、いったいどこからやってきたのでしょうか? その答えを知ると、実は私達はれっきとした「宇宙人」であることが分かってきます。

 

第4回 10月18日(土) 13:00~14:30

地学でたどる宇宙の歴史 ~ 太陽系外惑星 ~

 太陽以外の星を巡る惑星が最初に発見されたのは、つい20年ほど前のことです。その後、観測技術が向上したこともあり、現在までにおよそ1800個の惑星が発見されています。太陽系の惑星も、そして私達の地球も、広い宇宙ではごく平凡な天体のようです。太陽系外惑星の研究から見えてきたことは、私たちの太陽系は極めてお行儀のよい家族、ということでした。

 

第5回 11月8日(土) 13:00~14:30

生物学でたどる宇宙の歴史 ~ 宇宙生物学 ~

 星が生まれるとその周囲に惑星が作られることは、問題なく説明できるようになってきました。ところがその惑星の上にどのように生命が誕生したのかはほとんど明らかになっていません。生命は地球上で誕生したとする常識的な説の他にも、生命の「種」が宇宙から飛来したという説もあります。現在、生命の起源や宇宙人の存在は立派な研究分野として扱われています。

 

 

コース2 :脳からみる健康づくり

                      講師 有路 憲一 (信州大学全学教育機構准教授)

 

第1回〜第5回といろいろな点から、生きる脳−健康な脳の作りかたについて、ご一緒に学んでいきましょう。「学ぶ(好奇心)」こと、それは何よりも脳にとって良い刺激となります。多くの方々のご参加を心待ちしております。

 

第1回 9月6日(土) 13:00~14:30

噛む 〜 齢

 口に歯と書き「噛む」。そして、年を数える「齢」には、「歯」が使われています。人は歯をもって命とする故に、歯といふ文字をよわい(齢)ともよむ也(貝原益軒)年齢の「齢」には「歯」が使われていることからもわかるように、健康に生きていくためには、歯で食べ物をよく噛むことはとても大事なことです。「噛む」は、命の入り口です。「噛む」ことは、脳にとっても、一石二鳥どころか“三鳥”、“四鳥”、“五鳥”と良いことずくめです。「噛む」ことの大事さ、脳にとって「噛む」ことがいかに良いことかを学びます。

 

第2回 9月20日(土) 13:00~14:30

食 〜 脳の栄養 (1)

 第1回に続き、食べ物と脳についてです。脳はどのような栄養素をどのようにエネルギーにしているのかなど、脳そして体を動かす栄養について学びます。

 

第3回 10月4日(土) 13:00~14:30

食 〜 脳の栄養 (2)

 第1回・第2回に続き、食べ物と脳についてです。第3回の「食べ物と栄養」では、脳の機能低下を防ぐための−惚けないための栄養についてです。どのような栄養素が、認知症予防の効能を発揮するのかを学びます。

 

第4回 10月18日(土) 13:00~14:30

運動 〜 脳の“体力”

 健康な脳作りには、体を動かすことも大事です。健やかな脳のために、運動がもたらすメリットについて学びます。

 

第5回 11月8日(土) 13:00~14:30

穏 〜 つながる脳

 最後は、第1回〜第4回とは趣を変え、脳の落ち着き・リラックスについてです。健康とは、心身ともに健やかなることです。心=脳と考えると、心の落ち着きをもたらすのも脳と言えます。脳が落ち着くとはどういうことなのでしょうか?穏やかな脳のコツを学びます。

 

 

コース3 :数字をかしこく読もう 数字に騙されない知恵とは

                                    講師 鈴木 治郎 (信州大学全学教育機構教授)

 

第1回 9月6日(土) 10:30~12:00

ニュースの数字を読む

 日常のニュースの中にはやたらと詳しい数字が現れます。私たちが周りの出来事を数字に表現するには誤差がつきものであることを理解し、その誤差と表現のあり方を演習を交えながら考えます。

 

第2回 9月20日(土) 10:30~12:00

アナログとデジタル 

 私たちの周りはデジタル機器であふれかえっています.そこで数字の見方の観点からデジタルとアナログの違いを演習を交えながら考えます。

 

第3回 10月4日(土) 10:30~12:00

不明な数字を推理する

 行政側の提供する数字などでは尤もらしい理由とともに詳しい情報が提供されます。しかし、とくに将来に関することなどがそんなに詳しくわかるのでしょうか。そこでフェルミ推定と呼ばれる推測技法を演習を交えて学びます。

 

第4回 10月18日(土) 10:30~12:00

不確実さを推理する

 たとえ検出率99%の検査であっても誤判定は結構起こります.このように不確実さを判定するにはベイズ推定という考え方が有効です.この方法を中心に不確実さとの付き合い方を演習を交えて考えます。

 

第5回 11月8日(土) 10:30~12:00

全体のまとめ

 4回に渡って触れてきた方法を踏まえて,改めてニュースの数字との付き合い方をみなさんと討議しながら考えます。

 

 

コース4 :光と色の世界にふれよう

                                 講師 勝木 明夫 (信州大学全学教育機構准教授)

 

光や色は皆さんの周りにあって、いつも目にしているものですが、実は不思議な性質を持っています。そして目に見えない原子や分子の世界と深いかかわりがあります。本コースでは光や色にかかわる簡単な実験を示しながら、原子や分子の世界を探っていきます。

 

第1回 9月6日(土) 10:30~12:00

色にふれよう

 身近な光である太陽の光の色、蛍光灯の光の色を観測して、色と光の関係を探っていきます。

 

第2回 9月20日(土) 10:30~12:00

光にふれよう

 光のエネルギーを観測して、光の波の性質について探っていきます。

 

第3回 10月4日(土) 10:30~12:00

電子にふれよう

 光のもう一つの性質を見ていきます。そして光と同様に重要な電子を使った実験を通して、電子の性質を探っていきます。

 

第4回 10月18日(土) 10:30~12:00

原子と分子にふれよう

 目に見えない粒子、原子や分子が引き起こす現象、原子や分子が出してくれる光の実験を通して、原子と分子の世界を探っていきます。

 

第5回 11月8日(土) 10:30~12:00

磁場にふれよう

 磁場も目に見えないものですが、実は磁場は物質に様々な変化を引き起こします。磁石を用いた実験を通して、磁場の世界を探っていきます。

 

・実験では危険な試薬は用いません。また、安全には十分な注意を払って行います。

・受講料とは別に保険料を別途ご負担頂くことになります。

 

 

コース5 :天草版平家物語を読んで往時の日本語を知ろう

                                                      講師 上條 厚 (信州大学元教授)

 

室町時代末期、ポルトガル人を始めとした外国人が多数日本に来ました。かれらの目的は日本支配・キリスト教化でしたが、日本語の学習のためにローマ字書きの文献を残しました。それらは当時の日本語を知る上で貴重な資料となっています。「天草版」は天草で発行されたことに名前の由来があります。それらの文献の一つ、天草版平家物語を読んで、当時の日本語の片鱗に触れようと思います。

 

第1回 9月6日(土) 13:00~14:30

冒頭を読み室町末期 ~ 江戸初期の発音を知る(1)

 ローマ字書きのものを最初から読みますが、少し読むだけで、発音に現代日本語と相当な違いがあることに気付くでしょう。最初の1ページを読むだけで違いの大部分が出て来ます。それらを現代の方言とも関連づけながら見ていきます。語法にも当然現代語とは違いがあります。語法にも気を付けながら、内容を理解していきます。以下、これを続けます。

 

第2回 9月20日(土) 13:00~14:30

冒頭を読み室町末期 ~ 江戸初期の発音を知る(2)

第1回目に続いて読み進めていきます。

 

第3回 10月4日(土) 13:00~14:30

発音・語法に気を付け読み進める(1)

 読み進めます。

 

第4回 10月18日(土) 13:00~14:30

発音・語法に気を付け読み進める(2)

 読み進めます。

 

 

第5回 11月8日(土) 13:00~14:30

発音・語法に気を付け読み進める(3)

 読み進めます。

 

 

コース6 :日本語に関して学び日本語教育に親しもう

                                                      講師 上條 厚 (信州大学元教授)

 

「音声学」、「日本語文法」、「語彙」、「日本語教育(1)」、「日本語教育(2)・日本語の文字・表記」という表題で学習します。言語学の3つの柱である音声・文法・語彙に関して初歩を学び、外国人に対する日本語教育の初歩を学びます。日本語の文字・表記についても考えます。

 

第1回 9月6日(土) 15:00~16:30

音声学

 まず言語学の観点から、日本語にかかわることを学習します。言語学には、音声・文法・語彙の3つの柱があります。最初に、自分自身の発音を振り返りながら、音声学の初歩を学びます。

 

第2回 9月20日(土) 15:00~16:30

日本語文法

 「わたしは魚です」と言うのはどういうときでしょう。「本を読んでいる」「手紙が来ている」、それぞれの「ている」には違いがありますが、それはどういうことでしょう。こうした文法にかかわることを学びます。

 

第3回 10月4日(土) 15:00~16:30

語 彙

 語彙とは語の集まりのことです。「あつい(暑い・熱い)」の反対は何でしょう。和語と漢語はどっちを多く使っているでしょう。(数え方を変えれば両方1番になる)こうした語彙に関することを学びます。

 

第4回 10月18日(土) 15:00~16:30

日本語教育(1)

 外国人に日本語を教えるときには、どういうことに気を付け、どういうことをどういう方法で教えればいいでしょうか。初歩的なことを学びます。教授法の一つ、直説法の実演もしてみます。

 

第5回 11月8日(土) 15:00~16:30

日本語教育(2)・日本語の文字・表記

 前回の続きをします。教授法の一つ、TPR(Total Physical Response)の実演もしてみます。

仮名ばかりで書いた文と漢字交じりの文、どっちが読みやすいですか。もちろん漢字仮名交じり文の方でしょう。表記に関して見ます

 

 

コース7 :糸魚川-静岡構造線と丹那断層を現地で見る

                                       講師 大塚 勉 (信州大学全学教育機構教授)

 

活断層である糸魚川-静岡構造線と丹那断層などについて、第1回の講座で内容を学んだうえで、1泊2日の現地見学に出かけます。まず、山梨県早川町および白州町の2カ所において、糸魚川-静岡構造線が地質の重要な境界となっている断層露頭、活断層であることを示す断層露頭を観察します。次いで静岡県函南町を訪れ、東海道本線丹那トンネルの掘削中(1930年)に活動した丹那断層のトレンチと地形を見学します。あわせて、富士山一帯に降った雨が海岸近くで湧き出す柿田川湧水群や白糸の滝も訪れます。

見学対象の多くは地質学上貴重なものとして天然記念物に指定されているほか、日本ジオパークのジオサイトとして位置づけられています。見学を通して足下の地質現象に関する理解を深め、減災や環境保護について考えていただければ幸いです。

 

第1回 9月6日(土) 15:00~16:30

糸魚川-静岡構造線と丹那断層を知る

 室内で、第2回の講座で訪れる糸魚川-静岡構造線と丹那断層について解説し、断層露頭が示す重要性や露頭観察の方法について学びます。

 

第2回 10月4日(土)・5日(日)

糸魚川-静岡構造線と丹那断層の現地観察

 山梨県と静岡県の露頭などをバスで巡り、糸魚川-静岡構造線・丹那断層・柿田川湧水群・白糸の滝(湧水)を現地で観察します。また、途中の車窓から見る風景に関連する地質の説明も行います。

 

【見学地点】

1 糸魚川-静岡構造線 下蔦木断層(白州町,釜無川ミニグランドキャニオン)

2 糸魚川-静岡構造線 新倉露頭(国天然記念物・早川町)

3 柿田川湧水群(国天然記念物、名水100選、三島市)

4 丹那盆地の俯瞰(函南町,西丹那駐車場)

5 丹那断層トレンチ(国天然記念物、函南町)

6 丹那断層上の火雷神社(函南町)

7 白糸の滝(世界遺産、国天然記念物、富士宮市)

 

通常の教養教室とは実施方法が異なりますのでご注意ください。

第1回は室内での講義、第2回は一泊二日で野外に出ます。

観察地点のうち2カ所(見学地点 1および2)には、不整地(河原・茂み)や比高数m程度の斜面が含まれます。

第2回の野外はマイクロバスでの移動になります。受講料とは別に諸費用(宿泊費(2食付)、バス代,保険料他)を別途ご負担頂くことになります。受講料以外の費用は、第1回(9月6日)に集めさせていただきますのでご用意ください。金額は、参加者数によって多少変動しますので、初回の授業までにお知らせします。

バスの座席数の関係で、受講希望者が25名となった時点で締め切らせていただきます。

 

 

コース8 :クマのプーさんの物語(『プーさんの森にかえる』

(Return to the Hundred Acre Wood)を楽しむ

                                    講師 近藤 富英 (信州大学全学教育機構教授)

 

イギリスの作家A.A.ミルンの『クマのプーさん』の続編である『プーさんの森にかえる』(ディヴィッド・ベネディクタス著)を英語で読みます。ミルンの精神を引き継いだ新しいプーさんの物語です。個性的なキャラクターを持った動物たちが魔法の森で繰り広げるユーモラスな会話や愉快なエピソードを楽しんでください。新しい資料を盛り込みながら、英国文化と物語の時代背景も紹介します。わかりやすく英語の解説しますので、英語とプーさんに少しでも関心があれば、初めての皆さんも歓迎します。

 

第1回 9月6日(土) 10:30~12:00

第6章:フクロウが作家になり、そのあと作家をやめること

 

第2回 9月20日(土) 10:30~12:00

第7章:ロッティが百エーカー森学園をつくりみんながなにかを学ぶこと

 

第3回 10月4日(土) 10:30~12:00

第8章:クリケットの試合をすること

 

第4回 10月18日(土) 10:30~12:00

第9章:ティガーがアフリカの夢をみること

 

第5回 11月8日(土) 10:30~12:00

第10章:森で収穫祭がひらかれ、クリストファー・ロビンがびっくりプレゼントをよういすること

 

下記の本を使用します。教室初回までにご用意ください。購入が難しい場合は、事前に講師にご相談ください。(講師連絡先:090-1501-6557,tokondo1@yahoo.co.jp)

書 名:Return to the Hundred Acre Wood      作 者:David Benedictus

出版社:Egmont   ISBN: 978 1 4052 5160 0

価 格:1,000円ほど(ペーパーバック)です。

 

■ 受講料 (テキスト代、資料代、交通費等は含みません。)

コース          タ イ ト ル                                 (講師名)         受 講 料

1       高校理科でたどる宇宙の歴史                            (三澤 透)      6,400 円

       脳からみる健康づくり                                  (有路 憲一)   6,400 円

3       数字をかしこく読もう 数字に騙されない知恵とは  (鈴木 治郎)  6,400 円

4        光と色の世界にふれよう                              (勝木 明夫)     6,400 円

5        天草版平家物語を読んで往時の日本語を知ろう   (上條 厚)        6,400 円

        日本語に関して学び日本語教育に親しもう      (上條 厚)        6,400 円

7        糸魚川-静岡構造線と丹那断層を現地で見る   (大塚 勉)       7,400 円

        クマのプーさんの物語を楽しむ               (近藤 富英)    6,400 円

 

■ 開講日時の日程表

開講日時 Ⅰ (10:30~12:00) Ⅱ (13:00~14:30)     Ⅲ (15:00~16:30)

9月 6日(土)   勝木・鈴木・近藤(第1回)    有路・上條(第1回)              大塚・上條2(第1回)

9月13日(土)                      三澤(第1回)

9月20日(土) 勝木・鈴木・近藤(第2回)        有路・上條(第2回)                 上條2(第2回)

9月27日(土)                         三澤(第2回)

10月 4日(土) 勝木・鈴木・近藤(第3回)    有路・上條(第3回)        上條2(第3回)

10月4日・5日 大塚(第2回、1泊2日の見学旅行)

10月11日(土)                      三澤(第3回)

10月18日(土) 勝木・鈴木・近藤(第4回)   有路・三澤・上條(第4回)      上條2(第4回)

10月25日(土)

11月 1日(土)

11月 8日(土) 勝木・鈴木・近藤(第5回)    有路・三澤・上條(第5回)    上條2(第5回)

11月15日(土)

11月22日(土)

11月29日(土)

 

 

■ 問い合わせ先 (申し込み等について)

 

〒390-8621 松本市 旭 3-1-1 

                  信州大学 学務課 教務グループ 坂内・今井

                                        Tel.0263-37-2870

                                        Fax.0263-36-3044

                 受付時間 平日9時~16時(土・日、祝日を除く)

 

■ 申し込み方法

 

パンフレットをはがきかFAXにてご請求頂き、同封の振込用紙での入金をもって申込みとさせて頂きます。

 

■ 受講料入金先

ゆうちょ銀行(郵便局) 口座記号番号 : 00560-1-100735

                               口 座 名 称 : 学務課土曜市民教養教室

 

■ 申し込み締切 平成26年8月21日(木)

 

■ その他

 

・ 振替手数料は受講者がご負担ください。

・ 一旦入金された受講料は原則として返却しませんのでご注意ください。

・ 各コースとも正式な申込者が6名以上で開講になります。5名以下の場合は開講しない場合がありますのでご了解ください。この場合、受講料はご指定の口座に返金致します。

・ 会場は原則、信州大学全学教育機構内(松本キャンパス)です。開講が決まり次第ご案内致します。

 

■ さらに詳しく講義内容・教室等について知りたい場合の問い合わせ先

 

〒390-8621 松本市 旭 3-1-1

信州大学 全学教育機構内 土曜市民教養教室世話人会

◎ 電話番号・メールアドレス :(電話は副代表の携帯を優先におかけください。)

 

高野 嘉寿彦(副代表)

080-5140-2504 (高野携帯)

0263-37-3067 (高野研究室)

ktakano@shinshu-u.ac.jp

 

大塚 勉(代表)

090-7713-4778 (大塚携帯)

0263-37-2912 (大塚研究室)

otsukat@shinshu-u.ac.jp

 

※ポスターはこちらから。

 

 

〈〈 過去の開催歴 〉〉

平成20年度前期土曜市民教養教室(信州大学の教養教育を考える会主催)

・現代日本語の諸問題と信州のことば                 講師 馬瀬 良雄

・韓国文化                                 講師 延 鎮淑

・「米百俵」の思想世界 -日本近代化と象山門人の活躍-      講師  坂本 保富

・ピーターラビットの世界を楽しむ                       講師 近藤 富英

・信州の文化を育んだ特徴的な地質環境                講師 大塚 勉

・遺伝子を知る -不滅性と無常性-                     講師 伊藤 靖夫

 

平成20年度後期土曜市民教養教室(信州大学の教養教育を考える会主催)

・『博士の愛した数式』(小川洋子著)の中の数学を見てみよう   講師 高野 嘉寿彦

・我が父祖たちは如何に生きたか -日本人の生き方の歴史-  講師 坂本 保富

・韓国文化                                        講師 延 鎮淑

・『クマのプーさん』と魔法の森への旅                    講師 近藤 富英

・日本語教育入門-言語学(音声・文法・語彙)と外国人に日本語を教える方法の初歩を学ぶ-

                                                                             講師 上條 厚

平成21年度土曜市民教養教室(信州大学の教養教育を考える会主催)

・気分はいつもクマのプーさん                           講師 近藤 富英

・韓国文化に親しむ                                  講師 延 鎮淑

・外国人に日本語を教える基礎を学ぼう

-言語学(音声・文法・語彙)・日本語教育の初歩を学ぶ-        講師 上條 厚

・作って見て考える多面体                             講師 神谷 久夫

・中央構造線を訪ねる                                講師 大塚 勉

・はじめての中国語                                   講師 松岡 俊裕

 

平成22年度土曜市民教養教室(信州大学の教養教育を考える会主催)

・脳科学ブームとの“正しい”付き合い方                   講師 有路 憲一

・韓国「映画・ドラマ」の中の時代背景を学ぶ                講師 延 鎮淑

・Using Technology for Language Teaching「コンピュータと言語教育」

                                                                                          講師 Mark Brierley,Jonathon Adams

・気分はいつもクマのプーさん~『プー横丁にたった家』を楽しむ  講師 近藤 富英

・外国人に日本語を教える基礎を学ぼう-言語学(音声・文法・語彙)・日本語教育の初歩を学ぶ-

                                                                                          講師 上條 厚

・活断層の上で松本盆地のでき方を考える                講師 大塚 勉

・中国語入門と初級 ―中国のひとり旅―                  講師 松岡 俊裕

・『博士の愛した数式』(小川洋子著)の中の数学を見てみよう     講師 高野 嘉寿彦

 

平成23年度土曜市民教養教室(全学教育機構公開講座)

・脳の不思議をさぐる-わたしたちの五感と脳             講師 有路 憲一

・韓国の地方巡り                                   講師 延 鎮淑

・気分はいつもクマのプーさん~『プー横丁にたった家』を楽しむ    講師 近藤 富英

・国語学と日本語教育の基礎を学ぼう                   講師 上條 厚

・糸魚川ジオパークを訪ねる旅                          講師 大塚 勉

・中国語入門と初級                                  講師 松岡 俊裕

・中国語中級―日中暮らしの文化の比較―               講師 松岡 俊裕

・『博士の愛した数式』(小川洋子著)の中の数学を見てみよう    講師 高野 嘉寿彦

 

平成25年度土曜市民教養教室(全学教育機構公開講座)

・新しいクマのプーさんの物語を楽しむ                     講師 近藤 富英

・日本語に関して学び日本語教育に親しもう                講師 上條 厚

・生きる脳 ― 健康な脳の作りかた                       講師 有路 憲一

・巨大地震を起こした活断層を現地で見る                 講師 大塚 勉

・光と色の世界にふれよう                              講師 勝木 明夫

・ライトノベルでたどる数学の世界                        講師 鈴木 治郎

・みんなで数学史を見てみよう!                         講師 高野 嘉寿彦

・中国語入門と初級                                  講師 松岡 俊裕

・中国語中級                                        講師 松岡 俊裕

 

 

主催 信州大学全学教育機構SGE

▲ページの先頭へ