ホーム >

イベント情報 > イベント情報詳細

イベント情報詳細

2013.09.02  

9月20日 第64回フレッシュキャンパスセミナー:プラス・エネルギー住宅へ

 数年前、英語の教科書を作成しましたが、その時に使用した「マイクロ発電」についての記事の中に “これからの建物はエネルギーを消費するのではなく、エネルギーを作るようになるだろう” という内容がありました。

 後に、自宅を建設することになり、“プラス・エネルギー住宅”を目指しました。この家は、「ドイツ・パッシブハウス基準」を満たし、さらに太陽光発電を使用しています。そのため、家の消費電力の2倍を超える電力を発電しています。

 この家の設計・建設及び英国と日本の建築に対する考え方の違いについてお話します。

 

【講 師】

マーク・ブライアリー(信州大学全学教育機構 外国語准教授)

 

【略 歴】

英国ヨークシャー出身 1989年ケンブリッジ大学工学部卒業 1989年~セイコーエプソン・プリンター回路技術部 1992年~ジョン・L・ブライアリー有限会社品質保証責任者 1999年~信州大学附属松本中学校非常勤講師 2000年~ケンブリッジ英検University of Cambridge ESOL試験官 2001年~信州大学非常勤講師 2002年~松本大学非常勤講師 2004年松本歯科大学非常勤講師 2005年~信州大学高等教育システムセンター外国語助教授 2006年~信州大学全学教育機構外国語助教授 2007年~信州大学全学教育機構外国語准教授 

研究分野:多読、CALL 

所属学会:JALT全国語学学会


【日時】

平成25年9月20日(金)18:00~19:30 (含質疑応答)

 

【場所】

信州大学 全学教育機構(SGE)大会議室 (南校舎2階最奥)
松本キャンパス北側(美須々ケ丘高校南側と東側)に市営有料駐車場あり
聴講自由  (定員60名。無料。申し込み不要)

 

【主催・企画運営】

信州大学全学教育機構(SGE)フレッシュキャンパスセミナー運営委員会

 

【問い合わせ先】

松岡(俊) (研究室直通0263-37-2285学内内線7136 tomatsu@shinshu-u.ac.jp)
                              (※090-1866-4898[松岡携帯])
※ 講演終了後、講師を囲んで懇親会を開きます。会費千円。申し込み不要

 ※ポスターはこちらから

▲ページの先頭へ