ホーム >

イベント情報 > イベント情報詳細

イベント情報詳細

2013.04.30  

5月24日(金) 第61回フレッシュキャンパスセミナー:ねえ,先生世界史が何の役に立つのか説明してよ ~21世紀の世界史学を目指して~

 日本の高校で学ぶ世界史は、外国の膨大な人名・国名を、ひたすら暗記させるものになっています。私は、そのような世界史の学び方には、さしたる意義がないと考え、学界でことあるごとに“世界史教育の改革”を問題提起してきました。
 今回の講義では、第一に、日本の世界史教育がなぜこのような暗記強制になってしまったのかという経過を振り返りたいと思います。
 そして第二に、高校・大学を通じて暗記主義ではない「世界史学」が成り立つとすれば、それはどのような“学び”であるべきなのかを考えます。
 講義のタイトルにした問いかけは、マルク・ブロックの遺著『歴史のための弁明』の冒頭の有名な一節にちなんでいます。ブロックは、ファシズムに抗するレジスタンスの時代に、これを書きました。私は、「フクシマの時代」であり「東アジアの緊張の時代」でもある現代に、世界史を学ぶことの意味を考えたいと思います。

【講 師】
   
         小川 幸司 (長野県総合教育センター専門主事)

【略 歴】
           
   茅野市出身 1989年3月 東京大学文学部西洋史学科卒業
         1989年4月 長野県立高校の地歴公民科の教諭となり、
              豊科高校・松本深志高校・松川高校・飯田高校で教壇に立つ。
        2013年4月 現職

専門分野:世界史教育論、ドイツ近現代史   

所属学会:歴史学研究会、歴史科学協議会など

【日時】
平成25年5月24日(金)18:00~19:30 (お話と質疑応答)

【場所】
信州大学 全学教育機構(SGE)大会議室 (南校舎2階最奥)
松本キャンパス北側(美須々ケ丘高校南側と東側)に市営有料駐車場あり
聴講自由  (定員60名。無料。申し込み不要)

【主催・企画運営】
   信州大学全学教育機構(SGE)フレッシュキャンパスセミナー運営委員会

【問い合わせ先】
 松岡(俊) (研究室直通0263-37-2285学内内線7136 tomatsu@shinshu-u.ac.jp)
                                          (※090-1866-4898[松岡携帯])
※ 講演終了後、講師を囲んで懇親会を開きます。会費3千円+酒代。申し込み要。

※ポスターはこちらから 表示

▲ページの先頭へ