ホーム >

イベント情報 > イベント情報詳細

イベント情報詳細

2012.06.25  

7月30日(月) 第53回フレッシュキャンパスセミナー:「田園環境健康都市須坂」を「共創」で

◎須坂市の歴史と今日まで
  須坂では明治初頭から製糸業が盛んでしたが、昭和30代前半には韓国・中国産の安い生糸の輸入におされ衰退してきました。その後、国際的なシルクブームなどを背景に、復興したものの、昭和40年代には東南アジアの格安生糸や絹織物が輸入されるようになり、消えていきました。 須坂の工業は、太平洋戦争勃発の頃まで原料と労働力を指向した生糸を生産する製糸業一色の繊維工業でしたが、戦中の工場統制と疎開企業の進出により昭和30年頃から電気機械工業が主流となり、生糸の町から電子工業の町へと変わりました。 また江戸時代後期から第二次世界大戦後にかけて養蚕が盛んでしたが、昭和初期に糸価の暴落が起こって以来、桑畑を果樹園に切り替える農家が多くなりました。/ 戦時中は果樹の作付統制がされていましたが、昭和24年に解除されると、化学繊維が普及してきたこともあり、桑畑の縮小と果樹園の拡大が急速に進みました。
◎これからの須坂のまちづくり
  須坂には、自然・景観、農産物、工業製品、サービス業、歴史・文化、ボランティア精神など、誇れるすばらしい「ほんもの」があります。 これら「ほんもの」を「絆」と「磨き」により田園環境健康都市須坂を共創により創造していきます。

 

 

 【講師】

   三木 正夫(みき まさお)(長野県須坂市長)

 

 

 略  歴:1973年中央大学法学部を卒業後、長野県庁に入庁。1996年総務部秘書課長、

             1998年企業局地域開発課長、2001年社会部厚生課長、2002年行政改革推進室長、

             2003年下伊那地方事務所長を歴任(県職員として、土木、地方行政、選挙、総合計画、

              人事、議会、財政、秘書、行幸啓、公営企業福祉全般、行政改革、地域振興など地方

              行政全般に携わる)。

             2012年1月24日に市長に就任(3期目)。
 
        

 

【日時】

   平成24年7月30日(月)18:00~19:30 (お話と質疑応答)

 

【場所】

   信州大学 全学教育機構(SGE)大会議室 (南校舎2階最奥)

  松本キャンパス北側(美須々ケ丘高校南側と東側)に市営有料駐車場あり

   聴講自由  (定員60名。無料。申し込み不要)
 
 

【主催・企画運営】

   信州大学全学教育機構(SGE)フレッシュキャンパスセミナー運営委員会

 

【問い合わせ先】

   同   上     
   委員長・松岡(俊)、副委員長・高野 0263-37-2285、3067 (直通)
   学内内線7136、7342
  (※090-1866-4898[松岡携帯])

 

 

※ 講演終了後、講演者を囲んで懇親会を開きますので、こちらにも御参加下さい。(会費3千円+酒代)

 

 こちらからポスターをご覧いただけます。 ポスター(PDF) 

▲ページの先頭へ