ホーム >

イベント情報 > イベント情報詳細

イベント情報詳細

2012.03.27  

4月27日(金) 第50回フレッシュキャンパスセミナー:日本人が忘れた数学─和算

(今回は第50回記念セミナー・地域との研究交流セミナーとして開催します。)

 和服-洋服、和食-洋食と同じように、和算は洋算と対になる言葉です。洋算は、幕末に開国して西洋の文物が大量に日本に入り、それまでの日本固有の文化と区別するためにできた用語です。
 私は和算を知るまで、和算-洋算の用語を知らなかっただけでなく、和算を勉強しているとか、洋算を勉強しているとかの意識さえありませんでした。現在では和服-洋服、和食-洋食の用語は使われていますが、和算-洋算は完全に死語になってしまいました。なぜでしょうか?
 一方、貴重な和算資料が、年々失われつつあるという事実があります。私達の祖先が残した世界に誇れる偉大な文化遺産を正しく後世に残し伝えたいと思います。                                                            
(参考)ホームページ「和算の館」に次のものが公開されております。http://www.wasan.jp/
[1] 長野県内現存算額70面余 筑摩神社の算額(復元)もあります。[2] 長野県関係和算図書(電子復刻)中村著9冊

 

 

 【講師】

中村 信弥(なかむら のぶや)(長野県和算研究会会長)

 

略  歴:信州大学教育学部2年修了。(通信制)玉川大学文学部教育学科卒。県下の中学校で数学教師として40年勤務。東御市立北御牧中学校校長定年退職。2011年「信毎賞」受賞。

   
専門分野:長野県関係の和算資料の蒐集とその研究


所属学会:日本数学史学会、長野県和算研究会

 

主要著書:『長野県の算額』(共著)、『幕末の偉大なる数学者』(共著)、『幕末に咲いた 和算の花』、

       『江戸時代の算術』、他多数。

 

【日時】

   平成24年4月27日(金)18:00~19:30 (お話と質疑応答)


【場所】

   信州大学 全学教育機構(SGE)大会議室 (南校舎2階最奥)

  松本キャンパス北側(美須々ケ丘高校南側と東側)に市営有料駐車場あり

   聴講自由  (定員60名。無料。申し込み不要)
 
 

【主催・企画運営】

   信州大学全学教育機構(SGE)フレッシュキャンパスセミナー運営委員会

 

【問い合わせ先】

   同   上     
   委員長・松岡(俊)、副委員長・高野 0263-37-2285、3067 (直通)
   学内内線7136、7342
  (※090-1866-4898[松岡携帯])

 

 

※ 講演終了後、講演者を囲んで懇親会を開きますので、こちらにも御参加下さい。(会費千五百円・申し込み不要。)

こちらからポスターをご覧いただけます。(PDF)

▲ページの先頭へ